その他

成功間違いなし!水族館デートの前に知っておきたいポイント12選

水族館デート

カップルの距離がグッと近づくデートスポットと言えば、どの都道府県にも必ず一つはある水族館です。ただ、こちらはハードルが高いイメージがあるのか、カップルでのデートでは敬遠されがちな場所でもあります。なので今回は、そんな水族館デートを成功に導くため、水族館デートの前に知っておきたいポイントをまとめて紹介します。デートのメリットや注意点を詳しく解説しているので、水族館へ行く前に必ずチェックしてみて下さい。

知っておこう!水族館デートのメリット

天候に左右されない

天候に左右されない

冬の寒い時期や夏の暑い時期のデートで特に気になってくるのが天気予報。実際のデートで傘を持っていったけど雨が降らなかったり、暑くなるだろうと薄着したりすることもよくあります。ただ、水族館で過ごす時間は適正温度に設定された室内での時間になるので、突然の雨や想像以上の寒さなどで一生懸命考えたプランが大幅に変更なんてことは一切ありません。

また、雨が降っていたり、風が強く吹いていたりして着ることを諦めていた、お気に入りの服がある場合、その好きなファッションを躊躇せずに着ることができるので、いつものデートがよりオシャレを気に出来ることも、水族館デートのおすすめなポイントの一つです。

会話に困らない

会話に困らない

おしゃれなカフェや人気の遊園地へ行くこともよいですが、そこでは必然的に長時間の会話が必要不可欠となります。長く付き合っている恋人達であれば、二人のペースでゆったりと会話をしたり多少の沈黙があっても問題ありませんが、まだ照れ隠ししている交際したての恋人達には、この長時間会話をしなければいけないシチュエーションは少し過酷な時間です。

その点、水族館デートは水槽の中を覗き込みながら感想を言い合ったり、リアクションをとったりすれば良いので、無言で過ごすということがほぼ無いですし、仮に会話に困った場合でも、水槽を眺めていればその場をやりきることもできます。交際暦の浅いカップルはデート中の会話に悩むことが多いので、それを考えると水族館は距離を縮めるデートにうってつけな場所と言えるでしょう。

室内が暗いので密着できる

室内が暗いので密着できる

カップルが二人で過ごす時間は、触れ合うことで気持ちが高まりドキドキしたり、さらに親密度を増したりすることができる貴重な時間なので、映画館の暗闇で手をつなぎながら鑑賞したり、夜道で体を寄せ合いながらくっついて歩いたりするカップルも多いです。

この水族館デートに関しても、室内が割と暗めなので自然と密着する機会が多くなる場所でもあります。特に、小さな魚やクラゲなどの狭い水槽、目を凝らさないと見えにくい場所などは、お互いに近づいて鑑賞しなければいけない状況となるので、自然なボディタッチに繋げる事ことができます。また、相手を見つめるのが苦手な場合でも、その暗さが手助けをして簡単に相手と目を合わせるのができるので、そういった意味でも水族館の暗さの効果は絶大です。

かなりロマンチック

かなりロマンチック

水族館と聞くと子供が喜びような場所のイメージが強いですが、最近ではフワフワと浮遊するクラゲを神秘的な水槽に入れた展示物やプロジェクションマッピングを使用した演出など、暗い館内を利用した展示物や演出が増え始め、大人なムードが漂うロマンチックな場所へと進化しています。

やはり、カップルのデートの中には、そういったロマンチックさが味わえる部分は必要不可欠となってくるので、二人の気分が自然と高揚してしまうような部分については、水族館デートのかなり大きなメリットと言えるでしょう。

とにかく癒される

とにかく癒される

小魚を観ているとその可愛さにときめきを覚えたり、ゆったりと泳ぐエイやカメを観て心が安らいだり、イルカやペンギンといった動物達の愛くるしい見た目やしぐさに癒されたりと、水族館にいる生物をただ眺めているだけで気分が晴れやかになることが多いです。

そういった癒しの気分を一緒に味わうことが出来れば、二人の表情も優しくなり心が暖まる素敵な時間にすることができるので、より良いデートにすることにも繋がっていきます。こういったデートスポットはあまりないので、ゆったり癒されるデートをしたい場合は水族館がおすすめです。

水族館デートで気をつけることまとめ

曜日と時間帯に注意

曜日と時間帯に注意

水族館へ足を運ぶ際、気にかけたいのが混雑するタイミングです。特に、週末や学生達の長期休暇など、ファミリー連れが多く訪れそうな時は注意が必要です。これは仕方ないことですが、せっかくムードある水族館デートを狙ってきたのに、子供達がワイワイガヤガワ騒いでしまっては、その雰囲気がぶち壊されてしまうので、結果とても残念なデートになってしまいます。

そのため、水族館デートでロマンチックな雰囲気を堪能したい場合は、上記のようなタイミングはできるだけ避けるようにして、デートを計画するようにしましょう。

事前リサーチでおすすめを抑えておく

動物ショーや餌やりなどのパフォーマンス、そこでしか見られない特別な展示物など、水族館にはその施設が売りにしているイベントやおすすめポイントが必ずと言っていいほど存在します。こちらをしっかりと押さえておくことで、より思い出の残る水族館デートにすることができるので、デートをする前にインターネットなどでしっかりと情報を調べておくことが必要です。

特に、男性がそのように事前に仕入れた情報を元に、パートナーをリードしてあげれば素敵な振る舞いにもなるので、そういった意味でも事前のリサーチはとても重要と言えるでしょう。

食事をする場所を考えておく

食事をする場所を考えておく

デートの重要ポイントの一つである食事をする場所も、デートの前にちゃんと検討しておく必要があります。と言うのも、小型な水族館だとカフェ程度しか付属されていないこともあるので、必ず館内で食事を済ませられるわけではありません。また、大型の水族館であっても、混雑していたり美味しそうなものがないこともあるで、周辺の飲食店をチェックしておくのが無難と言えます。

基本的にどんな場所でも良いですが、水族館で多くの魚たちを目の当たりにした後なので、あくまでも魚料理以外からチョイスするように。さっきまで観ていた魚達がお皿に乗って出てきたことになると、複雑な気持ちになってしまうことがあるのでそこは注意しましょう。

ファッションに気をつける

ファッションに気をつける

水族館デートのほとんどの時間は館内を歩き回ることで消費されます。そこで必須となるのがアクティブに活動できるファッション。上記でおすすめポイントとして、おしゃれを楽しむことができると紹介しましたが、少なくとも歩きやすい服装でデートに望むことは重要となります。

また、薄手の服の下に白い下着などを着けていると、ブラックライトが反応して浮き出てしまうことがあるので、女性の方は衣服の下のファッションも注意するようにしましょう。

リアクションをしっかりと取る

リアクションをしっかりと取る

長い時間館内を鑑賞しながら歩いていると、相手の問いかけや展示に対する感動の言葉に対して、ついリアクションをとることを忘れてしまいがちになります。ただ、デートというのはやはり二人で楽しむものなので、相手へのリアクションは忘れてはいけません。ちょっとした相槌もコミュニケーションとなるので、「すごいね」など簡単な言葉でも良いので反応を心がけましょう。

なお、ショーや特殊な照明を使用する特別な展示では、言葉だけでなく体でもリアクションがとれるとさらにエンジョイできます。また、素敵な水槽の前などで、「写真を撮ろう」などと自分からアクションを起こしてあげると、楽しんでいる気分を表現できるのでおすすめです。

気遣いを忘れない

気遣いを忘れない

珍しい魚や楽しいショーなどに目を奪われて、二人の楽しい時間を過ごすことはもちろん重要となりますが、さらに大切なことは相手への気配り。「トイレは大丈夫?」「あっちに美味しそうな飲み物があったから買ってくる」「少し疲れてない?休もうか」など、お互いが展示に夢中になってしまうからこそ、少し気遣いのタイミングを意識する必要があります。

これ以外にもたくさんポイントがありますが、気遣いをしっかり行うと素敵な振る舞いとしてより好意を抱いてもらえるので、特に男性は自然体で気遣いを行うようにしましょう。

注意したいポイント
  • トイレをしたいかの確認
  • 疲れていないかの確認
  • 喉が渇いていないかの確認
  • 寒かったり暑くないかの確認
  • 館内が寒い時用に上着を一枚持ってくる

その後のプランを考えておく

その後のプランを考えておく

水族館は一日楽しめる場所もありますが、小さめの水族館だったり回るペースによっては、数時間で回りきってしまうこともあります。そのため、どのくらいで回れるのか事前に調べ、もし早く終わってしまうようであれば、周辺にある施設などをリサーチしてその後のプランを用意できる状況にしておきましょう。そうすることで、緊急時にデートがしらけるようなことには決してなりません。特に都心の水族館は小規模な場所が多いので要注意です。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage