ブログ

マジでちびるかと思った!ハリウッドスタジオ最強アトラクション【WDW旅行記2015】

ロックンローラー・コースター

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、ハリウッドスタジオ到着から主要キャラのグリーティングまでを書かせていただいたので、今回はその続きであるハリウッドスタジオの最強アトラクションについてをお届けしようと思います。

スターリング・ロール・カフェで朝食

スターリング・ロール・カフェ

グリーティングを終えた後は、朝から何も食べていなかったので朝食を取ることに。早速マップを取り出し良さ気なお店へレッツゴー!!!そしてやってきたのは、「スターリング・ロール・カフェ」という軽食を扱うお店です。

店内に入ると美味しそうなパンがたっくさん!!どれもヨダレが出るほど美味しそうでしたが、悩みに悩んでチェリーターンオーバーとシナモンロールをチョイス。

スターリング・ロール・カフェ

そして、テラス席に移動して早速いただきまーす!!気になる感想ですが、食べ応えがあって甘さもちょうど良くてとっても美味しかったです。日本で売っていても普通に食べたいレベル、そういっても過言ではありません。

ということで、二人は大満足のままこのお店を後にしました。なお、こちらはランチタイムになるとお寿司類も販売するらしいです(笑)。僕達は時間が合わなかったので行かなかったけど、興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。

出費額
  • ホットココア($2.29)
  • チェリーターンオーバー($3.19)
  • シナモンロール($3.39)
  • ネスクイック($2.59)
  • 計:12.21ドル(税込)

マジでヤバイ!ロックンローラー・コースター

ロックンローラー・コースター

空腹を満たした後はアトラクションタイム!!やってきたのは、「サンセット・ブルバード」というロサンゼルスの古きよき時代を再現したエリア。こちらは人気のアトラクションやショーが固まっている人気のエリアです。

さぁそして、まず体験するのは、FastPass+を取得していた「ロックンローラー・コースター」。その名の通りジェットコースタータイプのアトラクションです。

ロックンローラー・コースター

ここでまず目にするのは、アトラクションへ向かう途中にあるこの大きなゲート。逆さまになっているライドがあるってことは、アトラクションの体験中にこの状態になるってことなのでしょうか。そう考えるだけでワクワクが止まりません。

このゲートをくぐると、大きなエレキ・ギターが目印になったアトラクションの建物が見えてきます。しかし、残念なことに写真を撮り忘れてしまった。ぐぬぬ。なので、上記写真でかすかに見えるエレキ・ギターで堪忍してください(笑)。

では、気を取り直してアトラクションの内部へと入っていきましょう。

ロックンローラー・コースター ロックンローラー・コースター ロックンローラー・コースター

中に入ると音楽スタジオのような場所に案内され、そこを進むと人気ロックバンドのエアロスミスのメンバー(もちろん映像)がいるレコーディングルームに通されます。「何でエアロスミス?」と思いましたが、どうやらこのアトラクションはエアロスミスとコラボしており、彼らを交えたストーリーで構成されているようです。

ざっとストーリーを説明すると、「レコーディング中にライブが遅れそうだとマネージャーに言われ、これはマズいとなったエアロスミスのメンバーがリムジンに乗ってロスの街を駆け抜けていく」という感じです。

ロックンローラー・コースター

ということで、このレコーディングルームを抜けると、駐車場のような乗り場にやってきて、リムジンに見立てたライドに乗り込みスタートします。ただ、このアトラクションのスタートは普通じゃなかった。もう一度言う、普通じゃなかった!!!!

なんと、なんと、ナント!!!

ロックンローラー・コースター

3、2、1、スタート

うぎゃああああああ!!

そう、まさかのロケットスタート。後から確認すると確かにガイドマップにも、「スタートからわずか3秒で時速97kmに達する」と書いてあるという。気づかなかった(笑)。にしても、3秒で時速97kmっておい。ガチの絶叫や無いか(笑)!!

当然それを知らずに乗った二人はこの有り様。

ロックンローラー・コースター

顔、完全崩壊

ていうか、このタイミングで写真撮影とか反則すぎるでしょ。絶対に顔がおかしくなるもん。実際ここに写っていてマシな表情の人とか一人もいなかったし(笑)。

さて、そんな大迫力でスタートすると、程無くしてエアロスミスの曲がBGMとして流れ始めます。これで乗客のテンションは一気にアップ!!!ロックを聞きながらジェットコースターを体験、これぞまさにロックンローラー・コースターですね。

もちろん、ライドの迫力も負けていません。特に猛スピードで暗い室内を滑走すること。周りが良く見えない中を猛スピードで疾走するスリル、これは本当にヤバイです。

迫力があり過ぎてトイレを我慢していた僕は、リアルにチビりそうになりました。いや、むしろ少しチビっていたかもしれません(笑)。あ、途中で予想した通り回転もしていました。しかも三回転。普通にやり過ぎです。

ということで、ロックな曲を聴きながらロスの街を約1分間暴走し、ライブ会場に到着したところでアトラクションが終了します。

いやー、それにしてもコレは本当に本当に凄まじかった。前日に乗ったエクスペディション・エベレストも中々でしたが、Gはコチラの方が遥かに強いので、WDWの中では一番迫力のあるコースターだと個人的には感じました。もう、とりあえず最高過ぎです。

よし、WDW滞在中に絶対また乗ってやる。ニヤリ。

日本でもお馴染み!タワー・オブ・テラー

タワー・オブ・テラー

次にやってきたのは、ロックンローラー・コースターの隣にある「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」。タワー・オブ・テラーはディズニーシーにもありますが、「トワイライトゾーン」が付かないので正式名称が若干異なります。

それは何故でしょう。ニヤニヤ。まぁ、この部分は後ほど詳しく説明するので、早速アトラクション内へと入っていきたいと思います。

タワー・オブ・テラー タワー・オブ・テラー タワー・オブ・テラー

建物内に入ると、写真を見てわかるように不気味な雰囲気がムンムンに漂っています。この廃墟感と言いますか、それは日本のタワー・オブ・テラーには無い部分ですね。特にクモの巣なんかは凄いリアル。もう気持ち悪くてゾッとします(汗)。

あ、言い忘れてましたが今回もFastPass+の利用。そのため、スイスイ進んで行き、あっという間にプレショーが行われる部屋へと案内されました。

タワー・オブ・テラー

日本のタワー・オブ・テラーだと、ここでハイタワー三世とシリキ・ウトゥンドゥについてのプレショーが行われますが、ここではそれが行われません。その代わりに、それらの登場人物が一切出てこない、聞いたこと無いストーリーの動画を見せられます。

その理由は、WDWのタワー・オブ・テラーは、「トワイライトゾーン」というテレビドラマをモチーフにしているから。つまり、日本のタワー・オブ・テラーとは、アトラクションのストーリー自体が全く異なっているのです。

では、簡単にですがストーリーの紹介をしたいと思います。

ストーリー

1939年10月31日。ロサンゼルスの高級ホテル「ハリウッド・タワー・ホテル」に五人のお客が訪れた。しかし、宿泊する部屋へエレベーターで向かおうとしたその時、突如雷鳴とエレベーターは急降下をして乗っているはずの五人が謎の失踪を遂げた。

ざっと説明するとこんな感じです。エレベーターが急降下して、人が消えてしまう部分は変わらないので、アトラクションを楽しむだけならどうでももいい話ですね(笑)。

この動画を見終えて進んでいくと、遂に乗り場に通ずるエリアへとやってきます。ただ、ストーリーが違うからなのか、その場所はボイラー室のような作りでした。

タワー・オブ・テラー

そして、順番が回ってきたらエレベーターに乗り込みスタートです!!

ライドが動き出し急上昇すると、ここでありえない動きを見せます。まぁそれは、実際に乗った時のお楽しみとしてシークレットとしてきましょう(笑)。

さぁそして、ライドはまたも一気に急上昇。すると、目の前にハリウッドスタジオの絶景が。「おお、素晴らしい」そう思った次の瞬間、ライドは一気に急降下!!!!!

タワー・オブ・テラー

あぁああああっっ!!

そしてまた急上昇、と思いきやまたも急降下ーーー!!!

タワー・オブ・テラー

ぬわぁあああっ!!!

終始これを繰り返し、タワー・オブ・テラーは終了しました。

にしても、マジで怖かった。日本のは急落下が二回くらいしかありませんが、こちらは何度もあるので怖さが数倍。しかも動きが全く読めない。そのせいか、落下スピードとかも遥かに速いと感じたので、個人的にはディズニーシーのLEVEL13より激しかったように思います。はい。

まぁ、以上が乗った感想ですが、まとめるとめっちゃ面白かったということです(笑)。いやー、これもロックンローラー・コースター同様、このWDW旅行で何度もお世話になりそうです。

あ、あとこのアトラクションは、メモリーメーカーを購入していれば、ライド中の写真をダウンロードできるのですが、後から確認するとライド中のムービーも一緒に入っていました。これはマジで爆笑!!せっかくなので最後に載せておきます(笑)。

次回記事の予告

というわけで、今回はスターリング・ロール・カフェからタワー・オブ・テラーまでをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「死ぬほど可愛い!大興奮のベイマックスとのグリーティング」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage