ブログ

とにかく不思議!未来の世界がテーマのフューチャー・ワールド【WDW旅行記2015】

フューチャー・ワールド

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、ワールド・ショーケースについてを書かせていただいたので、今回はその続きとなるフューチャー・ワールドについてをお届けしようと思います。

フューチャー・ワールドとは

フューチャー・ワールド

ワールド・ショーケースを周り終えた後にやってきたのは、近未来をテーマにした「フューチャー・ワールド」という残るもう一つのエリア。

こちらには、「リビング・ウィズ・ザ・ランド」「スペースシップ・アース」など、ここにしかないアトラクションが数多くあり、その多くは未来の世界や最先端テクノロジーをテーマにしています。フューチャー・ワールドは、それらのアトラクションや展示物を通して、人間の想像力の素晴らしさを体感できる、そんなエリアになっています。

一応前々回の記事で、テスト・トラックなど少しこのエリアで過しましたが、エリア説明はまだだったので簡単に紹介させていただきました。では、早速フューチャー・ワールドで過ごした話に移りたいと思います。

最後に驚きが待っている「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

二人がまずやってきたのは、映画「ファインディング・ニモ」の世界を再現をしたアトラクション「シー・ウィズ・ニモ&フレンズ」。こちらはエプコットにしかないアトラクションなので、人気があると思い事前にFastPass+を取得していました。

しかし、アトラクションに到着してみると、お昼の混雑しそうな時間にも関わらずまさかの5分待ち(笑)。完全に読みが外れてしまったみたいです。調べてみると、常時10分前後の待ち時間らしいので、FastPass+はいらないかもしれません。ご参考に。

いやー、それにしても良い写真。何か楽しそうな事が待っている予感。ドキドキ。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

あ、この入り口の看板上には、映画にも登場するカモメの姿も。もちろん、「マイン、マイン」って相変わらず連呼していました(笑)。

まぁ、そんな話は置いておいて、早速アトラクションの内部へ入っていきましょう。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

乗車するライドはこんな感じ。貝殻型でクラムモービルと言うらしい。でも何だろう、二日目に乗ったリトル・マーメイドのアトラクションにそっくりな気がする(笑)。いや、レバーがあるか無いかの違いだけで、ほぼ一緒と言っても過言ではないな。

では、ライドに乗ってニモの世界へと出発!!!

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

さて、このアトラクションですが、ストーリーとしては、「いなくなったニモを探すため父親であるマーリンが旅に出る」という映画と同じ内容で展開されます。

ただ、少し変わっているのが各キャラクターの登場方法。なんと珊瑚や岩のセットにスクリーンが紛れて込んでおり、本当に海の中で泳いでいるかのようにキャラクター達がそこに映し出されるんです。なので、ゲストである僕達の感覚としては海の中(笑)。そりゃあもう、とっても面白いアトラクションなのです。

でも、驚くのはまだ早い。最後にとんでもない仕掛けが隠されています。

シー・ウィズ・ニモ&フレンズ

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、キャラクター達が本物の水槽をバッグに映像として映し出されるんです。映画に出てくる魚が本物の魚と泳いでるって凄くないですか?この展開はさすがに読んでいなかったので、普通にビックリさせられました。

ん、でもちょっと待て。ここである疑問が一つ。それは、「これのためだけに魚を飼育しているのか」ということ。まぁ、ディズニーのアトラクションなので、妥協せずに作ったのかなとか一度は思ったんですが、どうもどこか納得いかない。

そんなモヤモヤを抱きながらアトラクションを終えたんですが、この疑問点はアトラクションを出た後すぐに解決することになりました。

ファッ!?パークの中に水族館が!!

水族館

なんと、出口のその先は本物の水族館になっていたんです(驚)。

しかも、イルカとかマナティとかがいるかなり本格的なやつ。もちろん、先ほどのアトラクションに登場したキャラクター達もいました。あ、ニモとマーリンのモデルとなったカクレクマノミ、ドリーのモデルとなったナンヨウハギのことね(笑)。

てか、上の写真で何かに気づきませんでしたか?実は、、、、。

隠れミッキー

石?で作られた隠れミッキーが水槽内にあったんです。まぁ、ガッツリなんで隠れミッキーと言うのはあれかもしれませんが(笑)。まぁでも、これはディズニーでしか見れない演出なので、見つけた瞬間は凄くテンション上がりました。

さて、この他にも日本でも馴染みの深い、「タートル・トーク」なども同じ場所にあったんですが、ココで紹介させていただくのはこちらのエリア。

ファインディング・ニモ

映画「ファインディング・ニモ」でも登場する、サメ三人組をテーマにしたエリアです。と言っても、対したものがあるわけではないのですが(笑)。

まぁ、あると言えばこんなモノくらい。

ファインディング・ニモ

ホオジロザメのブルースのオブジェ

コイツ血の匂いを嗅がなければ優しいんだけど、歯がインパクトあるし身体もかなり大きいからちょっぴり不気味。今にでも食べられてしまいそう。気をつけなければ(汗)。

ファインディング・ニモ

そんなことを言っている矢先、ブルースに食われる大馬鹿者を発見(笑)。にしても、その間抜け面さすがです。なお、彼女はこのままブルースに食べられてしまったので、僕は残りのWDW旅行を一人で伸び伸びと楽しみましたとさ。めでたしめでたし。

では、サメに食われた彼女を後にして次の目的地へと向かいます(笑)。

疲れたので休憩!そんな時に最適な場所

クラブ・クール

次にやってきたのはベンチ。つまり休憩です(笑)。3時間ほどワールド・ショーケースを歩き回ってたら、そりゃあ疲れますわな。しかも、オーランドは冬の時期でも気温が上がり、日差しも強いから体力が余計に奪われるという。

クラブ・クール

なので、頻繁に喉が渇き、持ってきていた水をグイグイっと飲むわけですけど、これが温くなっててそれはそれは不味いこと(泣)。かと言ってパークで飲み物を買うにも、法外なディズニー価格でバンバン飲み物を買うことができない。

もう、どうしたら良いんだ!!

そんな叫びたくなる状況を解決してくれる、とっておきのスポットがここエプコットにはあるんです。それは、「クラブ・クール」という施設。なんとココでは、コカ・コーラ提供する世界各国のドリンクを無料で試飲することができます。

クラブ・クール

これがその夢のような機械。ドリンクバーのような感じで自由に飲むことが出来ます。味は全部で8種類あり、中には日本生まれのベジータベジータとかいう、東京人の自分は聞いたことの無い謎のドリンクもありました(笑)。

肝心の味の方ですが、二個ぐらいリアルに不味い種類もありましたが、その他は普通に飲むことができる美味しいドリンクでした。これが無料で、しかも飲み放題と言うんですから凄い話ですよね。施設内もガラガラだし良い休憩場所になるので、エプコットへ行く方は是非立ち寄ってみて下さい。

空を自由に飛ぶ「ソアリン」

ソアリン

続いてやってきたのは、ランド館にあるエプコットで一二を争う人気アトラクション「ソアリン」。当然人気ということで待ち時間も長く、この時は1時間程ありました。ただ、僕達はこれを予想して事前にFastPass+を取得済み。スイスイなのである。ニヤリ。

まぁ、仮に人気が無くても、アナハイムのディズニーランドで体験した時にめっちゃ感動したから、問答無用で取ってたんだけどね(笑)。ニヤリ。

いやー、にしてもあの時の感動が再び味わえるだなんて。もうこの時点で泣ける(笑)。ではでは、そんな思い出深いソアリンへと早速向かいたいと思います。

が、しかし!!!!
ここに来てまさかのトラブル発生

ハプニング

なんと、彼女がスマホを落として画面を割りやがった(爆笑)。どうやら、ソアリンの看板前で自分撮りをしようとしたらしく、そしたら屈強な外国人がぶつかって来て、その弾みでスマホを落としてしまったらしい。

まぁ、仕方ないことだけど、海外に来てまでこういったハプニングを起こすとか、お前どんだけエンターテイナーなんだ。もう、とりあえず爆笑である(笑)。

そんな一悶着がありつつ、二人はアトラクションの乗り場へとやってきました。そして、アトラクションの説明を受けたら、いよいよライドに搭乗します。

ソアリン

ソアリンのライドはこんな感じ。そして、アトラクションがスタートすると、ライドが上昇してカリフォルニアの名所を廻るハングライダー飛行を体験することができます。

これが本当に最高なんです。それに、ライドの動きはもちろんのこと、同時に風とか匂いも襲ってきて、本当に自分が空を飛んでいるかのような感じになります。

また、アトラクションのテーマソングがあるんだけど、いかにも「空を飛んでます」って感じの曲で、これがまた良いんですよ。僕はアナハイムの時に気に入り過ぎて、その時から何度もYoutubeで聞いていました。なので、この曲が流れ出した瞬間絶叫(笑)。

もはや、アトラクションよりそっちに感動していたという。

ソアリン

というわけで、終始興奮しながらソアリンは終了しました。やっぱり思い出深いアトラクションだったので本当に最高。ただ、残念だったのが列が一番後ろだったこと。ソアリンは三列あるんですが、一番前じゃないとスクリーンに前の列の人の足が掛かっちゃうです。そのため、スリルというかリアル感が半減するんです。しかも、上がる高さも低くなるというオマケ付き。

「一番目の列がいい」って言えるのであれば言いたかったですが、こういうところでがっつけない自分の性格にとにかくイラツク(笑)。よし、とりあえずまた別日にも来る予定があるので、その日に一列目になるよう祈ることにしよう。

あ、ちなみに、飛行するのはカリフォルニアの名所と言いましたが、2016年になると世界旅行バージョンになるそう。こっちも非常に楽しみ。

未来の農業を見学する「リビング・ウィズ・ザ・ランド」

リビング・ウィズ・ザ・ランド

続いてやってきたのは、同じランド館内にあるアトラクション「リビング・ウィズ・ザ・ランド」。何でもこのアトラクションは、最先端の農業を見学できるんだとか。ディズニーの農業が気になったので、興味本位でちょっくら乗ってみることに。

ちなみに、FastPass+を導入しているんですが、僕達が行った時はスタンバイを含めて誰一人として並んでいませんでした。この時点で雰囲気的にかなり危険そう(笑)。あ、なので、間違ってもこちらのFastPass+は取らないように。

ではでは、長いボートに数人の同乗者を乗せて農業見学に出発!!!

リビング・ウィズ・ザ・ランド

洞窟のような場所で農業の歴史にまつわる映像を見たら、実際に食物を栽培している施設へとやってきます。ちなみに、ボート内は英語の説明が流れているのですが、日本語ナレーションが聞ける「ディズニー・ショー・トランスレーター」に対応しているので、僕達はその音声を聞きながら見学しました。

リビング・ウィズ・ザ・ランド

植物類の他にも、の施設では魚の養殖も行っていました。ちなみに、ここで育てられている魚や植物の一部は、パーク内のレストランで実際に使われたりするそうです。

リビング・ウィズ・ザ・ランド

こちらは、「エアロポニック」という土を使わない方法で野菜を育てているエリア。上記画像はレタス。見切れているので分かりにくいかもしれませんが、よく見てみると色を使い分けてミッキーの形を模っています。

この他にも野菜をミッキーの型に入れて育てたりもしていました。そのまま育つと、「ミッキー型のかぼちゃ」みたいなのができるのかな?だとしたら流石ディズニー!!

リビング・ウィズ・ザ・ランド

最後に紹介するこちらは、システムはよくわからないけど魚が泳いでいる水槽と連動して野菜を育てているらしい。独創的過ぎる育成方法に脱帽です。

とまぁこんな感じで、今まで見たことの無い色々な農業スタイルを見学することが出来ました。正直面白くは無かったけど(笑)、実験未来都市エプコットに相応しいアトラクションだったと思います。時間がある人は是非体験してみて下さい。

サークル・オブ・ライフ

この他にもランド館には、環境保護を映画を見ながら学べるアトラクション「サークル・オブ・ライフ」もありましたが、これは流石にキツイと思ってスルー(笑)。二人はそそくさと逃げるようにランド館を後にしました。

フューチャー・ワールドで写真タイム

フューチャー・ワールド

ランド館を出た後は、次のFastPass+まで時間があったし、素晴らしいロケーションが目の前に広がっていたので、プラプラ歩きながら写真を撮ることに。というこで、ここからはその時撮った写真を、コメントは特に付けずにアップしていこうと思います(笑)。

あ、別に文章を書くのが面倒なわけじゃないよ(すっとぼけ)。

フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド フューチャー・ワールド

空も雲の形もとっても綺麗で、素敵な写真をたくさん撮ることができました。

では、記事が少し長くなってきたので、フューチャー・ワールドについては次の記事で引き続き紹介していきたいと思います。

次回記事の予告

というわけで、今回はフューチャー・ワールドについてをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「待ち時間ほぼゼロ!エプコットのダッフィーグリーティング」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage