ブログ

待ち時間ほぼゼロ!エプコットのダッフィーグリーティング【WDW旅行記2015】

ダッフィー

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、フューチャー・ワールドについてを書かせていただいたので、今回はその続きである主要キャラクターとのグリーティングについてをお届けしようと思います。

ミッキー達に会える「エプコット・キャラクタースポット」

エプコット・キャラクタースポット

続いてやってきたのは、グリーティング施設の「エプコット・キャラクタースポット」。こちらは一回列に並ぶだけで、ミッキー・ミニー・グーフィーの三人とグリーティングができちゃうという、日本では考えられない超太っ腹な施設になります。

しかも、FastPass+に対応しているので、そちらを利用すればほぼ待ち時間無しでミッキー達に会えてしまうという(汗)。凄いですね。ということで、僕達もFastPass+を利用してこちらの施設内へと足を踏み入れました。

そして、数分待って遂にグリーティングがスタート。最初のキャラクターは、、、

ミッキーマウス

ミッキーマウス!!!

初っ端から大好きなミッキーさんが登場したので、彼女のテンションはぶち上げ(笑)。嬉しさと興奮が彼女の表情から込み上げているのが分かります。対するミッキーさんも、どこか嬉しそうな表情をしている、、、気がする。

そして、このグリーティングで印象的だったのが僕達の服装を見た時のこと。ペアルックをしていたので、服装を見るなり「グッド」というポーズをしてくれたのですが、肩にあるミッキーのプリントを見せると、「コレ僕だ!」的な反応をして踊りながら喜んでくれたんです。そんなミッキーさんに激萌えした二人(笑)。あれは可愛かったなぁ。

ミッキーマウス

そんなミッキーグリーティングは、僕を入れたスリーショットを撮って終了。あっという間だったけど濃い時間を過ごせました。あ、上記写真もお気に入りのポーズを聞いて撮りました。キャラクターによって個性が出るので、この質問は結構おすすめです。

そして、続いてはこのキャラクター!!

グーフィー

グーフィー!!!

と言いたいところですが、ちょっと顔が見切れてしまっていますね(笑)。でも、そうなるのも仕方ありません。なんせこのグーフィーさん、、、、。

グーフィー

めちゃくちゃ巨大だったのです(笑)。

僕の身長がだいたい175cm位なので、それを考えるとゆうに2mくらいはありそう。とりあえず、若干の威圧感を感じるほどグーフィーが大きかったです。あ、この写真もお気に入りのポーズを聞いて撮りました。まさかのミッキーと被りと言うね(笑)。

グフィーとは特に面白い絡みは無くこれにて終了。そして、最後のキャラクターとのグリーティングに移ります。そのキャラクターはもちろん、、、。

ミニーマウス

ミニーマウス!!!

僕達の順番が回ってくると、とっても可愛らしいリアクションで迎えてくれたミニーちゃん。その反応に嬉しくなった彼女は、そのままミニーちゃんに近づきハグッ!!そして、長いハグが終ると、ミニーちゃんは彼女が手にしているあるものに気がついた。

ミニーマウス

それは、先ほどまで彼女が被っていたミニーちゃん柄の帽子。すると、ミニーちゃんはそれを見た瞬間にテンションが急に上がり始め、彼女の方に再び近づいていき、、、。

ミニーマウス

まさかのキッス!!!

ミニーマウス

予想外の展開に彼女は満面の笑顔。画像でも見て分かる通り、非常に喜んでいました。にしても、ミニーちゃん大胆過ぎ。自分も見習わないとなぁ(笑)。

ミニーマウス

そして最後は、ミニーちゃんご指定の野球ポーズで写真を撮り、エプコット・キャラクタースポットでの全てのグリーティングは終りました。

いやー、時間にしては短かったけど、一回並ぶだけで人気の三人とグリーティングが出来てしまうなんてお得感たっぷり。キャラクターのノリも良かったし本当に最高でした。スタンバイでも30分前後で利用できると思うので、エプコットに来た時は是非このエプコット・キャラクタースポットへ立ち寄ってみて下さい。

とっても可愛い「ダッフィーグリーティング」

ダッフィー

続いてやってきたのは、ワールド・ショーケースのショーケースプラザ内にあるグリーティング会場。ここではなんと、日本で大人気のダッフィーと触れ合うことができます。

愛くるしい顔なので、さぞ人気なんだろうと思われるかもしれませんが、驚くことにここWDWでは全くダッフィー人気が無いため、グリーティングの待ち時間がほとんどありません。現に僕達が行った時も待っていたのはたったの一人(笑)。日本では一時間待ちが当たり前なところをほぼゼロで会うことが出来ました。

ということで、すぐさまダッフィーグリーティングがスタート!!

ダッフィー

ダッフィー大好きな彼女がハイテンションでやってくると、暇そうにしていたダッフィーも大喜び(笑)。身体をゆらゆらさせながら嬉しそうに彼女を迎え入れてくれました。

そして、後ろに人が並んでいなかったこともあり、ここから長い長い写真撮影会がスタート。約2分間アホみたいに写真を撮らせてもらいました。日本だとグループで一枚しか撮れないのが当たり前なので、この対応は太っ腹過ぎ(笑)。

ダッフィー

そして、お次はダッフィーからサインを貰います。アナハイムの時は、ダッフィーがサインを書けないということでシールを貼られたんですが、ここWDWのダッフィーはしっかりペンを握ってサインをしてくれます。ただ、ペンを持つのが苦手なのか、手をよく見てみるとペンで結構汚れていました(笑)。そんなところも可愛いですね。

ダッフィー

その後はスリーショットで写真を撮って

ダッフィー

ダッフィーのピンショットを撮って

ダッフィー

再び彼女とのツーショットを撮って(笑)、ダッフィーグリーティングを終えました。

数えてないけどここで何枚の写真を撮ったのだろう。それくらいここは人こないので、ゆっくりグリーティングが楽しめます。なので、ダッフィー好きにとってはたまらない場所と言えるのではないでしょうか。

ダッフィー

ちなみに、僕達が数分グリーティングをしていたのにも関わらず、後ろに誰も並んでいなかったので、彼はその後寂しそうにバッグヤードへと戻って行きました(笑)。

次回記事の予告

というわけで、今回はエプコット・キャラクタースポットからダッフィーグリーティングまでをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「プリンセスが登場するアケシュース・ロイヤルバンケット・ホール」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage