ブログ

アメリカならでは!迫力満点のインディ・ジョーンズのショー【WDW旅行記2015】

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、ハリウッド・スタジオのキャラクターグリーティングまでを書かせていただいたので、今回はその続きであるハリウッド・スタジオの大迫力のショーについてをお届けしようと思います。

ミニ・ミュージカル「リトルマーメイドの旅」

リトルマーメイドの旅

グリーティングを終えて二人が次にやってきたのは、アニメーション・コートヤード内にある「リトルマーメイドの旅」。こちらは映画「リトルマーメイド」の名場面をミュージカル形式で楽しめるエンターテインメントショーとなっています。

リトルマーメイドの旅

映画「リトルマーメイド」のミュージカルショーと聞くと、ディズニーシーで以前行われていた「アンダー・ザ・シー」を思い出すのですが、これはどんな感じのショーなのでしょうか。あ、更新が遅くなったので、今は新しい「キング・トリトンのコンサート」が始まっていますね(笑)。ちなみに、僕達は以前の奴の方がダントツに好きです。

では、そんな話は置いておいて、早速建物の中へと入っていきましょう。

リトルマーメイドの旅

建物に入るとこんな感じ。見た感じは船の中とか港の小屋っぽいですかね。とりあえず全てのゲストは、一旦このエントランスに集められ、会場に入るまでここで待機します。

あ、全てのゲストということで、コレにはFastPass+を取得している人も含まれます。なので、このアトラクションはFastPass+対応していますが、取得しても結局ここで合流させられるので、全く必要ありません。ちなみに、僕達はそれを全く知らなかったので、普通にFastPass+を取得して失敗しました(泣)。

なので、もし良い席が取りたい場合は、ただ単に早めにスタンバイで並べばオーケー。一日に何公演もやっているので、タイミングが合った時の回を狙ってみて下さい。

リトルマーメイドの旅

ではでは、ショーの公演時間になったところで、こちらのドアからショーが行われる会場へと入っていきます。ドキドキ。ワクワク。

ショー会場は、ディズニーシーのショーとは違い一方向から観賞する普通のタイプ。で、広さ的にはそこそこありました。そんな中僕達は、前から5列目辺りの席を確保。ミュージカルなので臨場感が味わえる前列でも良かったんですが、見難い可能性もあったので無難に全体が見舞わせるこの席をチョイスしました。

さぁそして、ゲストが席についたところで、いよいよショーがスタートします。

リトルマーメイドの旅

内容は冒頭で紹介した通りですが、もう少し詳しく説明していきますね。

ショーは外から海の世界へと切り替わるところから始まり、そこからセバスチャンが歌う「アンダー・ザ・シー」に合わせて、マペットで登場する海の仲間達がダンスをしたり、本物のアリエルが登場して「パート・オブ・ユア・ワールド」を熱唱したり、本格的なアースラのマペットが登場して一悶着あったり、最後はアースラを倒してアリエルとエリックが結ばれたり、映画の色々なシーンが登場します。

また、ショーを素敵に演出するために、音響効果やスクリーン映像、レーザー光線などの特殊効果も加わるのですが、冒頭の外から海の世界に変わるタイミングでは、上から雨のように本物の水が落ちてきたりします(驚)。この水はきっと海の中を表現しているんだと思うけど、日本では無い演出なのでとてもビックリしました。

リトルマーメイドの旅

なお、感想を言うと、「うーん」という感じ(笑)。と言うのも、肝心のアリエルがその場にずっと留まっているだけなので、何だか物足りない。まぁ、ディズニーシーでアリエルが上空を泳ぎ回るのを見ているからなんだけど、そんな感想を持ちました。

でも、生歌やマペットのダンスなどは素晴らしく、見る価値は十分にあるので、ハリウッドスタジオに足を運んだら一回は絶対に体験してみて下さい。

映画「インディ・ジョーンズ」の撮影現場を体験

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

続いて二人がやってきたのは、エコー・レイクというエリアで行われているショー「インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!」です。こちらはその名の通り、映画「インディ・ジョーンズ」がテーマとなっております。

テーマがテーマなので絶対に面白いだろコレ。ニヤリ。では、そんなワクワクした気持ちを胸に、早速施設の中へと入ってみましょう。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー! インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

!!!!!!!!

会場に入って目の前に飛び込んできたのは、映画のワンシーンで見たとこあるような、こちらの超巨大なセット。まじやべー。岩肌など細部にまでこだわっているのも凄い。とりあえず、この場所で凄いことが繰り広げられそうな予感がプンプン(汗)。

あぁ、早くショー始まらないかなぁ。ドキドキ。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

あ、ちなみに、僕達はショーの20分前くらいに到着したので、若干左寄りですが臨場感が味わえる比較的前の方の席を確保できました。ただ、少し時間が経つだけで、どんどん席が埋まっていっていたので、良い席を取りたい場合はFastPass+を取得しておいたり、早めに来て待っておくのがおすすめです。

そして、時間になったところでショーがスタート!!と行きたいところですが、その前に司会のような人が現れて何かを喋り始めます。どうやら、ゲストの中からショーに出演するエキストラを募集するらしく、何人かが選ばれて演技力のテストなどをしていました。あー、英語が喋れるなら是非とも参加したかったぜ(泣)。

そして、このエキストラの件が終わったところで、いよいよショーがスタートします。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

大きな崩落音が鳴った次の瞬間、インディ博士が上からロープでヒュルヒュルと落りてきてステージ上に登場。この衝撃的な登場で会場のボルテージが一気に上昇。そこから様々な障害物を潜り抜けながら、遺跡の上にある黄金の財宝へと近づいていきます。

そして、インディ博士が恐る恐る財宝に手を掛けると、、、。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー! インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

!!!!!!!!!!!!

なんと、神の怒りに触れてしまったのか、それともトラップなのかわかりませんが、突然とてつもなくデカイ岩が転がってきて、インディ博士がその岩の下敷きに。一瞬彼の身の心配をしたんですが、次の瞬間「カット!!」的な声が聞こえてきました。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

すると、インディ博士がヒョコっと起き上がって、その声を上げた人と中央を移動して会話をし始めました。え?え?どういうことですか?

とっさに持参したガイドブックを見ると、どうやらこちらは映画撮影の現場を観覧するショーらしく、ずっとアクションシーンを楽しめるわけではないらしい。しかも、次のシーンの撮影に移るまでは、彼らのトークなどを永遠と聞かされるという。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

僕は英語が理解できないので、次のシーンに変わっていく模様をずっと眺めていました。なお、上記画像はステージ上でインディ博士がトークを繰り広げていく中、その後ろでさっき転がってきた岩をコロコロと手で戻していくスタッフ(笑)。なんか斬新。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー! インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

そして、トークをしている間に、さっきまで目の前にあったデッカイ神殿のセットが取り払われて、今度は都心のバザールっぽいシーンに切り替わりました。

こちらは悪い奴らと戦いながらピンチを切り抜けていくシーンで、ヒロイン役のマリオンも加わります。内容的には、戦闘したり高いところかジャンプをするなどのアクションが入るので、一時も目が離せない見所たっぷりの撮影シーンでした。

なお、先ほど募集していたエキストラの人たちがここで登場します。と言っても、役割としてはただ逃げ回るだけでしたが(笑)。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

そして、こちらの撮影が終わると再びセットが取り払われて、最後のシーンとなる、軍の基地っぽいセットに切り替わりました。

こちらは、奥に見える飛行機を奪って逃走を図ろうとするシーンなのですが、インディ博士達はすぐ敵に見つかってしまい(笑)、そのまま乱闘になります。運良く敵は倒せたんですが、今度は飛行機に火が引火して爆発寸前。で、何故か飛行機の内にマリオンが取り残されてて、それを救出したのち爆発から逃げる、というシーンになっています。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

あ、これが最後の飛行機が爆発するシーン。画像以上に炎の勢いが大迫力で、まるで本当の映画のワンシーンを見ているようでした。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!

とまぁこんな感じで、三部構成のショーは大熱狂のまま終了しました。

感想としては、公演時間のまるまる30分間がショーに使われると思っていたので、インタビューのシーンなどは軽く眠くなったりして、若干期待はずれな部分もありました。まぁ、英語が出来ないせいなんだけど(笑)。でも、撮影シーンについては、目を奪われるほど本当に迫力満点だったので、総合的にはショーを見て本当に良かったです。

次回記事の予告

というわけで、今回はリトルマーメイドの旅からインディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー!までをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「見なきゃ損!感動必須の美女と野獣ライブ・オンステージ」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage