ブログ

新アトラクション!七人のこびとのマイントレインを体験【WDW旅行記2015】

七人のこびとのマイントレイン

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、マジックキングダム到着からガストンズ・ターバンまでを書かせていただいたので、今回はその続きである最新アトラクションの七人のこびとのマイントレインについてをお届けしようと思います。

マジで濡れる「スプラッシュ・マウンテン」

スプラッシュ・マウンテン

昼食を食べて次にやってきたのは、フロンティアランドにある人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」。実は前回マジックキングダムに来た日、ちょうどリハブ中だったので、大好きなアトラクションにも関わらず乗れずにいたんです。

二人はその時から乗りたい気持ちをずっと抑えていたので、ここにやってきた瞬間テンションは最高潮。画像ではわかりませんが、かなり興奮しているのであります(笑)。

さて、そんな興奮した気持ちを胸に施設内へとやってた二人。この時間は非常に混雑していて1時間近い待ち時間が発生していましたが、今回はFastPass+を事前に取得していたので、あっという間に乗り場へとやってきました。キラーン。

スプラッシュ・マウンテン

そして、いよいよライドに乗車!!と言いたい所ですが、僕達はその直前にあるとてつもない光景を目にします。それは乗り終わった人達が、見たことも無いくらいにビチョ濡れだったこと。えええ、まさかこれってずぶ濡れになっちゃう系?

確かに周りを見るとポンチョを着ている人もいるし、ライドに乗ろうとしたら中がビチョ濡れだし、もうこれは完全にそのパターンっぽい(泣)。

正直一切濡れたくは無かったですが、二人は意を決してライドに乗車しアトラクションがスタートしました。すると、スタートして数十秒。他のライドが滝つぼに落ちたタイミングで、早くも大量の水しぶきが飛んできました。

おいおいマジか!!!

「この後どんだけ濡れるんだ?」そんなことを思いましたが、この後はそこまで濡れることは無く、ライドはどんどんと進んで行き、遂にこのアトラクションの最大の見せ場である、滝つぼへ落ちる場所へとやってきました。

スプラッシュ・マウンテン

ギャァァァ!!!



スプラッシュ・マウンテン

結果から申しますと、顔は濡れずに済みました。と言うのも、日本のスプラッシュで濡れたくない時に実践している、「落下した直後に顔を伏せる」という必殺技を使ったから。ただ、変わりに背中の方はビッチャビチャ(笑)。それはそれは恐ろしいくらいに濡れていました。まぁでも、これが顔にかからかったので良かったとしておこう。

ちなみに、落下時は日本と同じように写真を撮ってもらえます。ただ、カメラは日本とは逆の左側に設置してあるので、こちらは注意して下さい。にしても酷い顔だ(笑)。

さて、体験してみての感想ですが、やっぱりスプラッシュは最高!!!内容は基本的に日本のものと同じですが、最初が日本とは逆周りだったり細かな違いがあるので、普通に楽しむことが出来ました。濡れるのが好きな人ならもっと楽しいことでしょう。

ちなみに、待ち時間は結構ある方なので、事前にFastPass+を取っておいたり、朝の早い時間に行くのが個人的にはおすすめです。

最新技術が詰まった「ホーンテッドマンション」

ホーンテッドマンション

続いてやってきたのは、リバティースクエアにあるアトラクション「ホーンテッドマンション」。こちらは前回来た時、結構な待ち時間があって乗るのを諦めていたので、今回はその時の経験を生かしてFastPass+を事前取得しておきました。

すると、案の定その予想は見事に的中。到着してみると待ち時間は45分もありました。なので、ほとんど並ばずに済んで万々歳!!と言いたいところですが、実は僕達のこの判断は大失敗だったのです。と言うのも、このアトラクションのキューラインは、前回記事で紹介したインタラクティブキューが取り入れられていたのです。

詳しい内容については体験してないのでわかりませんが、面白い仕掛けがいろいろとあるらしい。なので、ホーンテッドマンションに来たらせっかくなので、スタンバイの列に並びインタラクティブキューを体験してみるのが良いかと思います。

ホーンテッドマンション

では、説明はこれくらいにして、早速建物内へと入っていきましょう。中にはどんな幽霊が待ってるんだろう。こんな感じの怖くない幽霊なら嬉しいんだけどな(笑)。

ホーンテッドマンション

建物内に入ったら、まずは日本と同じでプレショーを観賞します。「日本とは何か違うのかな?」と注目していましたが、台詞とか展開が若干違うだけでほとんど日本と一緒。内容は見慣れている、老けていく肖像画と伸びていく部屋の二つでした。

そして、それが終わったら、ドゥームバギーに乗ってメイン部分に移ります。

ホーンテッドマンション

メイン部分の全体の流れは、日本とそこまで変わりないのですが、日本では見たことの無い演出がいくつかありました。それが特に顕著に現れていたのが、最後のヒッチハイカーがドゥームバギーに乗ってくる場面。

日本だとヒッチハイカーが乗ってきて首を左右に振るだけですが、WDWだとヒッチハイカーがドゥームバギーの上に乗っかっていたり、イタズラとして乗車している二人の顔を入れ替えたり、顔を引き取って風船みたいに膨らませたり、顔を引っ張ってバネみたいに伸ばしたり、とにかくいろいろなことをやり始めます(笑)。

正直、このシーンに来るまでは、日本との違いがあまり無かったので、「うーん」という感じで体験していたんですが、最後の最後で新しい物を見ることができたので、個人的にはそれだけで大満足でした。まぁ、感想としてはそんな感じですかね。

お腹が空いたので激ウマデザートを食す

スリーピー・ホロウ

ホーンテッド・マンションを体験し終わると、少しだけお腹が空き始めました。まぁそれもそのはず。朝は食べて無いのも同然なのに、昼御飯として買ったターキーポークシャンクをほとんど残しているんだから(笑)。

なので、ここでガッツリ何か食べよう!!と行きたいところなんですが、実はこの日のディナーは特別なレストランを予約しているんです。ニヤリ。なので、そこで食べれなくなるのは勿体無いと思い、ここはデザート的なもので我慢することにしました。

ということで、早速ガイドマップから適当なお店を探します。そして、二人がやってきたのは、同じリバティースクエアにある「スリーピー・ホロウ」というお店です。

スリーピー・ホロウ

このお店には、ファンネルケーキとワッフルサンドイッチの二大看板メニューがあるんですが、僕たちはそれらを外し「アイスクリームクッキーサンドイッチ」を注文。なお、看板メニューを選ばなかった理由は特にありません(笑)。

さて、肝心のお味ですが、見た目通りめちゃくちゃ美味しかったです。それにサイズも大きいし、冷たいので暑い日にピッタリなので、個人的には大満足なデザートでした。

出費額
  • アイスクリームクッキーサンドイッチ($4.19)
  • 計:4.47ドル(税込)
ドリーム・アロング・ウィズ・ミッキー

ちなみに、このデザートを食べながら歩いていると、近くで何やらショーがやっており、その方向へ歩いていくとシンデレラ城前で「ドリーム・アロング・ウィズ・ミッキー」というステージショーがやっていました。

こちらは途中から見たのでレポートは後日にしますが、このショーでは普通では考えられないある事が起きるんです(笑)。まぁ、それについてはこちらをちゃんと観賞した最終日の時に、詳しくレポートしたいと思います。

【ドリーム・アロング・ウィズ・ミッキーのレポートはこちら】

二回目となる昼パレードを観賞

パレード

シンデレラ城前でのショーを見た後は、お昼のパレードである「Disney Festival of Fantasy Parade」の時間が迫っていたので、そちらの場所取りをすることに。そして、なんとかギリギリで最前列を確保することが出来ました。キラーン。

ちなみに、場所を取ったのはシンデレラ城の真ん前。移動が面倒くさかったし、前回とは違う場所で見たかったので、こちらの場所を選ばせていただきました。

さぁそして、時間になったところでパレードがスタートします!!

パレード

内容については、以前詳しく紹介したので省かせていただきますが、やっぱりこのパレードは最高(泣)。前回と同じくらい楽しむことができました。前回聞いていた曲が若干頭に残ってて、それを口ずさみながら楽しめたのが良かったのかもしれません。

ただ、この場所での観賞は、あまりおすすめできるものではありませんでした。と言うのも、前回見た場所のように長いストレートがあるわけじゃないし、メチャクチャ日が当たるしで、ほとんどメリットがありません(笑)。

更についでで言うと、僕達はシンデレラ城を背にして座っていたので、背景も全く面白みが無かったんです。なので、仮にこの場所に座ることになったら、シンデレラ城が正面に見えるように座るのがおすすめ。そうすれば、シンデレラ城をバッグにしてパレードを見ることになるので、見栄えはかなり良くなると思います。

【前回のパレードレポートはこちら】

最新アトラクション「七人のこびとのマイントレイン」

七人のこびとのマイントレイン

さぁそして、パレードを見終わってやってきたのは、ファンタジーランドにできた最新のアトラクション「七人のこびとのマイントレイン」。このアトラクションは、最新だからと言う理由もありますが、僕達にとって本日のメインイベントの一つとなっています。その理由はと言うと、、、。

七人のこびとのマイントレイン

じゃん!!!

アトラクションの題材になっている、映画「白雪姫」のキャラクター、グランピーのトレーナーをこのアトラクションに乗るためだけに着て来ていたから(笑)。言い方を変えるとこんなことをしてしまうくらい、体験するのを楽しみにしていました。

では、早速アトラクションの中へ入っていきましょう。なお、今回は混雑すると聞いていたのでFastPass+を使用します。スタンバイが 80分待ちだったので取っといて良かった。

七人のこびとのマイントレイン

というわけで、FastPass+専用のキューラインにやってきた二人。すると進んですぐに、見覚えのある建物を発見!!この建物なんだかりますか?

実はこれ、七人のこびとたちが暮らしている家なんです。これを一瞬で分かった人は中々の知識人。ニヤリ。ちなみに、ライドを乗り終わった後にもここを通るので、スタンバイで並んでいる人達はその時に写真などを撮ることができます。

ここを更に進むと、あっという間に乗り場へと到着。そして、ドキドキとワクワクの中、七人のこびとのマイントレインがスタートしました。

七人のこびとのマイントレイン

こちらはジェットコースタータイプのアトラクションなのですが、「七人のこびと」と名前にあるように、ところどころでその七人のこびと達が登場します。

特に注目するのは、こびと達が洞窟でダイヤモンドを採掘しているシーン。こちらは最新技術を取り入れており、顔の表情が映像でリアルに表現されています。これは本当にアニメーションを見ているようで本当に凄いです。

そして、このシーンの後に続けて、こびと達がハイホーを歌うシーンがあるんですが、中々面白いことが待っています。なんと高確率で現地の人達が高らかにハイホーを歌い始めます(笑)。日本じゃ絶対にありえないので、見ていてめっちゃ面白かったです。

アトラクションの見所だとこれくらいかな?あ、見所ではありませんが、最後に魔女が登場するので、そこは見逃さないようにしましょう。

七人のこびとのマイントレイン 七人のこびとのマイントレイン

紹介することはこれくらいだと思いましたが、大事なことを忘れていました。他のアトラクションにもあるように、体験中の写真を撮ってもらえるのですが、ここでは二ヶ所も撮ってもらえます。そして、ムービーもセットで付いてきます!!!

タワー・オブ・テラーの時もムービーが付いてきましたが、内容的にはそれと同じ感じ。このムービーも中々面白いので、個人的には絶対に取っておいた方が良いと思います。なので、是非ともメモリーメーカーを購入して、こちらのムービーおよび写真をゲットできる状態にしておいて下さい。

では、参考までにムービーを最後に貼っておきます。

次回記事の予告

というわけで、今回はスプラッシュ・マウンテンから七人のこびとのマイントレインまでをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「大満喫!マジックキングダムのキャラクターグリーティング」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage