ブログ

小ネタ!最後に爆笑が待っていたカントリーベア・ジャンボリー【WDW旅行記2015】

カントリーベア・ジャンボリー

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、マジックキングダムのグリーティングについてを書かせていただいたので、今回はその続きであるカントリー・ベア・シアターで起きた爆笑事件についてをお届けしようと思います。

日本でもお馴染みの「カントリーベア・ジャンボリー

カントリーベア・ジャンボリー

プーさんとティガーのグリーティングを終えると、気づくと時刻はもう夕方の17時20分になっていました。WDWにいると時間の経過がとても早く感じてしまいます(汗)。

さて、この後の予定ですが、ディナーにとあるレストランを予約しており、その予約時間まで一時間を切っていました。レストランがあるのは今いるファンタジーランドなので、周辺で時間を潰そうとも思ったのですが、フロンティアランド辺りはまだ散策していなかったので、一先ずそっち方面に行ってみることにしました。

カントリーベア・ジャンボリー

そして、フロンティアランドを散策しつつ、それに飽きたので二人がやってきたのは、同エリアにあるアトラクション「カントリーベア・ジャンボリー」です。名前と外観から察しが付くと思いますが、日本で言うところのカントリーベア・シアターになります。

正直、日本にもあるアトラクションなのでスルーしても良かったんですが、純粋にこのアトラクションが好きというのもあるし、何よりクマさん達のショーを観ながら休憩することができるので(笑)、ちょっくらこちらを体験することにしました。

カントリーベア・ジャンボリー

では、アトラクションの前で写真を撮った後、早速施設内に入っていきます。ちなみに、上記画像の彼女のポーズは、クマをイメージしているらしい(笑)。「撮るよ!」としか言っていないのに、こんな素敵なポーズをするとは、、、流石です。

最後の最後にとんでもない結末が待っていた

カントリーベア・ジャンボリー

施設内の待合室で10分ほど待って会場入り。そして、大歓声の中いよいよクマさんたちによるミュージカルショーが始まりました。

内容は若干の違いはありましたが、基本的には日本のカントリーベア・シアターと同じ。ただ、観客達の盛り上がりが凄まじく、高らかな手拍子と力強い足拍子が入り交わって、てまるでコンサート会場に来たかのような感覚になりました。

そして、ショーもいよいよフィナーレ。全てのクマさん達が登場して、最後の曲を大合唱をするシーンに入ったのですが、ここでなんと前代未聞の驚くべき事件が発生します。

何となくショーの進行役であるヘンリーをチラッと見ると、、、。

カントリーベア・ジャンボリー

んん!?

カントリーベア・ジャンボリー

眉毛が曲がってる!!!

一瞬自分の目を疑いましたが、やはり何度見ても曲がっている。ということで、まさかな話なんですが、ヘンリーの眉毛がものすごい角度でひん曲がっていました(笑)。しっかり者のヘンリーがこんな眉毛になっているなんて、そしてとんでもなくアホな顔をしているなんて。こんな馬鹿げた話は他にありません。。

なので、これを見つけた瞬間二人はもちろん大爆笑。周りの外国人の人は気づいていないようだったので、意味不明なところで爆笑していた僕達は、かなり怪しい二人になっていたと思います(笑)。まぁでも、こんな物を見せられたら普通笑っちゃうよね。プッ。

ということで、ふらっと立ち寄ったカントリーベア・ジャンボリーで、とても貴重なものを見させてもらいました。身体を張って笑わせてくれてありがとう、ヘンリー(笑)。

カントリーベア・ジャンボリー

帰り際、ヘンリーに近寄って写真をパシャリ。うん、やっぱり眉毛曲がってる(爆笑)。それと、ヘンリーの頭の上に乗っかっているサミー、こっち見んな(笑)。

時間を潰しながら予約をしていたレストランへ

リバティースクエア

カントリーベア・ジャンボリーが終わると、レストランの予約時間まで後15分くらいになっていました。ただ、このままストレートに向かったら若干早いので、写真を撮ったりて時間を潰しながら、レストランへ向かうことにしました。

そして、二人が立ち止まったのはこの場所。アメリカ植民地時代の直後をテーマにしたリバティースクエアです。そして、アメリカ側を眺めていると、タイミングよくマークトウェイン号が来たので、彼女が日本の感覚で手を振ってみた。

リバティースクエア

すると、まさかの全員無視

アメリカの人って逆にめっちゃ手を振ってくれそうだけど、チラッと見ただけで普通にスルーされちゃいました。たまたまだったのかな?それとも手を振る文化じゃないのかな?まぁ、とりあえず、後ろから見ていた僕は、彼女がとても可哀想に思えました(笑)。

そして、リバティースクエアにはこんなものもありました。

リバティースクエア

さらし台!!!!!

何故こんな物があるのだろうか。若干罰当たりな気がしないでもありませんが、とりあえず面白そうだったので、雰囲気に合った顔をしながら写真を撮ってみることに(笑)。ではまず、変顔に多少の評判がある僕から。

リバティースクエア

うーん、評判があると言っておきながら、全然ダメな顔をしているという。この様子だと晒されてまだ五時間って感じですかね。まだまだ体力がありそうな気配があります。

では、続いて大本命の彼女の番。

リバティースクエア




流石です(爆笑)

次回記事の予告

というわけで、今回はカントリーベア・ジャンボリーでの爆笑事件についてをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「待ちに待った!ビー・アワー・ゲスト・レストランでのディナー」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage