ブログ

アニマルキングダムならでは!本物の鳥が登場するショーを観賞【WDW旅行記2015】

フライツ・オブ・ワンダー

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、九日目の終わりまでを書かせていただいたので、今回は十日目に行ったアニマルキングダムについてをお届けしようと思います。

朝一はエクスペディション・エベレストへ

アニマルキングダム

はーい、十日目の朝がやってまいりました。WDW旅行もあと二日ということで、朝を迎えるのがだいぶ憂鬱になっている二人です(笑)。最初は飽きるかもと心配していましたが、そうなる気配は全くありませんでした。もはや、このままここに暮らしたい気分になっちゃっています。

まぁそんな話は置いておいて、十日目である本日は三日目以来となるアニマルキングダムへとやってまいりました。よくよく考えると、だいぶ日にちが空いてしまいましたね(笑)。まぁでも、アトラクションの感覚とかは忘れかけているので、逆に新鮮な感じでまた楽しめそうな気がします。

では、早速マジックキングダムのパーク内へと入っていきましょう。あ、ちなみに、この日も頑張って早起きをしたので、パークの開園する前に到着することができました。キラーン。

エクスペディション・エベレスト

さて、まず二人が向かうのはアジアエリア。こちらはパークの端の方にあるので、結構長い距離を歩くんですが、それがまた良い。何故なら、アニマルキングダムの朝はゆったりしていて、かつ鳥の囀りが聞こえてくる森林の中を歩いて行くので、とっても素敵な気分になれるんです。

もはや、そのまま散歩をして楽しみたい感じ。まぁ、でも朝の時間はとっても貴重なので、そんな勿体無いことはしないんだけど(笑)。ということで、二人は最初の目的地である絶叫アトラクション「エクスペディション・エベレスト」へとやってきました。

エクスペディション・エベレスト

迷うことなく朝一で来ることができたので、待ち時間は5分待ちという名の0分待ち(笑)。やっぱり朝一は最高。有効に使わない手はありませんね。あ、ちなみにこのアトラクションに朝一で来た理由は、前回体験した中で一番楽しかったから。めっちゃシンプルな理由ですね(笑)。

では、ライドに乗り込んでヒマラヤ探検に出発!!!!

エクスペディション・エベレスト

わーーーーーっ!!!

や、や、や、やべーーー!!!相変わらず面白過ぎる。しかも、前回体験した時は夕方前だったのであれでしたが、今回は朝日が良い感じに差し込んでいたので、景色がより素敵に感じられました。うん、これは完全に朝に体験した方が良いアトラクションだな。メモメモ。

ということで、これにてエクスペディション・エベレストは終了。次の目的地へと向かいます。と思ったんですが、次の目的地へ向かうために、エクスペディション・エベレストの前を通ってみると、スタンバイの待ち時間がまさかの5分待ち!!!

これを見た瞬間二人で、「え、え、え、もう一回乗れるじゃん」という感じになって、結局連続してエクスペディション・エベレストに乗ることにしました。

エクスペディション・エベレスト

で、実際に並んでみると、結局5分以下で乗れたというね(笑)。これはもう神過ぎます。

さぁそして、アトラクションを体験し終えて、今度こそ次の目的地へとなったんですが、再びエクスペディション・エベレストの前を通ってみると、まだスタンバイの待ち時間が五分待ちになっていました。こうなったら、もう並ぶしかありませんね(笑)。

ということで、三回連続のエクスペディション・エベレストへ。あ、今度は列が少し伸びてて、ぴったり五分待ちぐらいでした。まぁ、これでも短過ぎだけど(笑)。

エクスペディション・エベレスト

ギャーーーーッ!!!

はい、最後は見事に彼女がやってくれました(笑)。とんでもない顔での写真撮影に成功。って言うか、ここの場面はまだ落ち始める途中だと思うんだけど、何でこんな顔になるのかという不思議。いや、きっとこの顔はウケ狙いでやっているんだろうな。

でも、ウケを狙ってしっかり笑わせてくれる仕上がりにするのは凄い。彼女のエンターテインメント性に富んでいる部分は評価したいと思います(笑)。そして、良いネタをありがとう。

【アトラクションの詳しいレポートはこちら】

前回の方が楽しかったキリマンジャロ・サファリ

キリマンジャロ・サファリ

続いてやってきたのは、アフリカエリアにある「キリマンジャロ・サファリ」。こちらは早い時間帯に来ないと、暖かくなり動物達が出てきにくくなるので、前回同様に朝の時間にやってきました。

ちなみに、今回はFastPass+を取得しておきました。何故なら、前回ほとんどのゲストが朝一番にこのアトラクションに来ていて、朝からかなり行列が出来ていたから。今回はエクスペディション・エベレストに寄って来ることにしていたので、絶対に行列にハマると思ってそうしました。

で、結果から言うとこの作戦は大成功。前回は少し並んで09時10分にサファリトラックがスタートしたんですが、今回はエクスペディション・エベレストに三回も乗ったにも関わらず、09時35分にスタートすることが出来ました。まぁ、パークが早めにオープンしたのも関係あるけどね(笑)。

というわけで、二回目となるキリマンジャロ・サファリがスタートしました。

キリマンジャロ・サファリ

今回体験した感想ですが、見れた動物に関しては全体的にかなり少なかった気がします(汗)。前回はかなり多くの動物を見ることができたので、その時はかなり運がよかったんでしょうね。やっぱり動物を相手にしているアトラクションなので、この辺については仕方ない部分なのでしょう。

まぁ、と言いつつも、今回はペリカンの餌やりを見れたなど、一回目と違ったシーンを見ることができたので、その辺については大満足!!!そのため、「毎回同じことはないので複数回乗っても楽しむことができるアトラクション」という感想を個人的に持ちました。

キリマンジャロ・サファリ

ということで、キリマンジャロ・サファリについては以上です。内容については、前回体験した時にかなり詳しく紹介したので、興味のある方はそちらをご確認ください。

【キリマンジャロ・サファリの詳しいレポートはこちら】

ピザサファリで朝食メニューを頂く

ピザサファリ

キリマンジャロ・サファリが終わった後は、お腹も空いてきたので朝食を食べに行くことに。早速ガイドマップを広げて朝食を扱うお店を探してみると、気になるお店をすぐさま発見。

それが今回僕達が行くことになった「ピザサファリ」というお店。一応近くにも朝食メニューがあるお店もありましたが、ここは朝食プレートという気になるメニューがあるので、少し離れたディスカバリー・アイランドのお店でしたがこちらに決めました。

ちなみに、このお店はピザサファリという名前の通り、ランチ以降はピザを取り扱っています。メニューを見る限りだと、ハリウッド・スタジオで行ったピザプラネットにかなり似ている感じでした。

ピザサファリ

さぁそして、数ある朝食メニューの中から選んだのは、こちらのバウンティプラターというプレートメニュー。思っていた朝食プレートとは若干の相違点はありましたが(笑)、アメリカっぽい雰囲気が出ててるメニューですね。では、早速食べてみたいと思います。ワクワク。

そして、実際に食べてみた感想ですが、ポテト・ベーコン・スクランブルエッグなど、全ての料理が見た目通りの味だったので、美味しくもなく不味くもなくごく普通という感じでした(笑)。まぁでも、口に合わないものは一切無かったので、個人的には満足だったのかなと思います。

ピザサファリ

あ、そういえば、レジで注文する時に、キャストの人に進められてこちらのバッジを購入しました。その時はよく理解できなかったんですが、どうやらこちらは、ディズニーが行っている野生動物保護基金のバッジで、募金をすると貰えるらしい。なので、正確にはバッジを購入したわけではなく、寄付をしてバッジを貰ったことになるのかな。まぁ、どっちでもいいか(笑)。

にしても、動物をテーマにしたパークがあるからかわりませんが、ディズニーはそういう活動もしっかり行っていて素晴らしいですね。この話を知った時は普通にスゲーって思っちゃいました。僕達も本当にちっぽけですが、このプロジェクトに協力が出来て良かったです(1個1ドル)。

出費額
  • バウンティプラターx2($17.98)
  • ホットチョコレート($2.29)
  • バッジ($1.00)
  • 計:22.59ドル(税込)

本物の鳥が出演する「フライツ・オブ・ワンダー」を観賞

フライツ・オブ・ワンダー

朝食を食べ終えた二人は、特に意味も無く再びアジアエリアへ。すると、アジアエリアの道の途中に人だかりが出来ていました。「何だ?」と思いそっと近づいてみると、そこには一羽の鳥がいて、何やらパフォーマンスを行っているではありませんか。

その姿がとにかく愛らしく、立ち止まってそのパフォーマンスを見ていると、どうやらこちらはプレショーだったらしく、この後すぐにメインのショーが近くの会場で行われるらしい。こうなったら、もう見ないわけには行きません。なので二人は、「フライツ・オブ・ワンダー」というバードショーを急遽観賞してみることにしました。

フライツ・オブ・ワンダー

メインのショーは先程と同様、芸達者な鳥達が登場して数々のパフォーマンスを披露してくれます。

例えば、上に投げた餌を飛んでキャッチしたり、お客さんの頭上ギリギリを飛んでみせたり、ステージ端から歩いて登場してそのまま歩いて立ち去ったり、チップを持っているお客さんの元まで飛んでチップを咥えて戻ってきたり(後からちゃんと飛んで返しに行きます)、もう色々です。

フライツ・オブ・ワンダー

また、ショーの進行役としてトレーナーのキャストさんが登場するんですが、そのうちの一人が少しマヌケでコメディー要素もあるので、笑えるショーにもなっています。一応英語力があると良いかもしれませんが、表情やショーの流れから大体内容を理解することが出来るので、英語がわかならい僕達でもゲラゲラ笑って楽しむことができましたよ。

フライツ・オブ・ワンダー

そして、ショーの最後には、アメリカ合衆国の国鳥でもあるハクトウワシまで登場。「で、デカ過ぎる。このイカツイ鳥までパフォーマンスをするのか?」と思い、若干身の危険を感じたけど、この子に関しては登場して紹介されただけでした。ふー、良かった(汗)。

フライツ・オブ・ワンダー

まぁ、そんな感じで、ディズニーキャラクター達は一切登場しませんでしたが、約25分にわたるアニマルキングダムらしいとっても素晴らしいバードショーでした。こういったショーはあまり見る機会が無いし、ショー終わりには鳥さんの写真も近くで取れるので、個人的にはかなりおすすめです。

あ、ちなみに、ショーは飛んだりする演出もありますが、基本的にはステージ上で行われるものがほとんどなので、観賞する場合は絶対に最前列がおすすめです。僕達はニ列目だったので若干後悔。なので、ショー会場へ入る前に良いポジションを取って、全力で最前列を確保するようにしましょう。

次回記事の予告

というわけで、今回はアニマルキングダム到着からフライツ・オブ・ワンダーまでをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「大満足!アニマルキングダムのキャラクターグリーティング」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage