ブログ

次々制覇!マジックキングダムのキャラクターグリーティング【WDW旅行記2015】

グリーティング

先日、アメリカのフロリダ州オーランドにある、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)」に行ってきました。このブログ記事は、その時の記録を収めた旅行記になります。さて、前回の記事では、ストーリー・ブック・サーカスからお昼のパレードまでを書かせていたきましたが、今回は朝まで時間を遡って、最終日に行ったマジックキングダムのキャラクターグリーティングについてを紹介していきたいと思います。

「プリンセス・フェアリーテール・ホール」でプリンセスに会う

プリンセス・フェアリーテール・ホール

では、最初のキャラクターグリーティングを紹介するために、時計の針をピーターパン空の旅を体験した後、時間で言うと朝の08時30分頃まで戻します。

現在僕達がいるのはファンタジーランドの外れ。上記画像のマップだと、ちょうど左上の見切れている辺り。そんな場所から次に向かうのは、同じファンタジーランド内にあるプリンセス達とグリーディングができる施設「プリンセス・フェアリーテール・ホール」です。

この施設は二日目で紹介した、アナ&エルサとグリーティングを行った場所ですが、今回の目当てはアナ&エルサとはまた別で行っている、プリンセス二人のグリーティングです。さて、そのプリンセスとは一体誰なのでしょうか。早速その二人が待つ施設内に入って行きたいと思います。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

アナ&エルサに会いにいった時は、朝一で2時間待ちになっていましたが、今回並んだ方はオープンから30分経過していたにも関わらず、まさかの5分待ち。そのため、前回来るのに1時間以上かかったプリンセスの肖像画が飾られている部屋に、まさかの0分で到着しました(笑)。

もちろん、こんな結果になったのは、今回並んだ方のプリンセスの人気が無いわけではなく、アナとエルサの人気が異常だったから。そのため、時間が経つにつれ列は伸びて行き、最終的にこっちの待ち時間も40分ぐらいになっていたので勘違いをしないように。

ただ、この時間は本当に人が並んでいなかったので(笑)、結果ほとんど待つことなくプリンセスがいる部屋にやってきました。そして、いよいよ最初のプリンセスとご対面の時です。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

最初のキャラクターは、映画「シンデレラ」で登場するシンデレラ。WDWで彼女に会うのは、エプコットのアケシュース・ロイヤルバンケットホールぶりですね。

そのため、彼女からは既にサインを貰っていたので、今回はひたすら絡むことに。思い出に残っていることと言えば、シンデレラが彼女の服装をやけに気に入っていたことかな(笑)。確かにこんな服装の人は、WDWで見なかったので、シンデレラも気になってしまったのだろう。彼女はグルりと回ってあげて全体のコーデを見せたり、付けていたミニーの手を貸してあげたりしていました。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

そして、最後に僕を入れたスリーショット撮影。ただ、この時もこんな感じで、僕達の付けている手を羨ましそうにしているシンデレラでした(笑)。このシンデレラ、個性豊かで面白かったなぁ。またいつか何処か出会えるのを楽しみにしています。

シンデレラが終わったら、連続して残るもう一人のプリンセスとのグリーティングです。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

そのプリンセスは、映画「塔の上のラプンツェル」で登場するラプンツェル。WDWに十日間もいましたが、意外にも彼女に会うのはここが初めて。もうこの事実だけでテンションが上がりますが、実はラプンツェルは彼女が一番好きなキャラクターなので、余計にテンションが上がってしまい、彼女の異常なる興奮状態の中グリーティングがスタートしました。

まずは、ラプンツェルからサインを頂きます。サインを貰っている時の彼女の目は、憧れの芸能人に会った時のようにキラキラと輝いていました(笑)。それだけ好きなんですね。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

ただ、彼女がらしくなく緊張したのか、ラプンツェルとの会話が全く進まないという大事件が勃発。そのため、グリーティングは淡々と進んでいき、あっという間に終わりの時を迎えてしまいました。「私の一番好きなディズニーキャラクターはあなたです」と言えば、ラプンツェルも喜ぶしもっと会話も盛り上がったのに。この時はそこまで頭が回らなかったようです(泣)。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

あ、最後の最後にシングルショットをいただいたんですが、その時のラプンツェルがとっても可愛かったのでご紹介。最初はシンプルなポーズをしていたんですが、、、、。

プリンセス・フェアリーテール・ホール

ぐるぐる!!

プリンセス・フェアリーテール・ホール

ぐるぐる!!

プリンセス・フェアリーテール・ホール

じゃん!!

プリンセス・フェアリーテール・ホール

テヘ!!

とまぁこんな感じで、グルグルとニ回転してくれました(笑)。写真を撮っているのに突然回っちゃうところとか、決めポーズの無邪気な顔とか、「回っちゃった!」と近くのキャストに訴えかけている姿とか、もう行動の全てが可愛かったです。

もちろん、この姿を見て彼女はメロメロ(笑)。そのせいで、「連続でもう一回会いに行きたい!」と言っていましたが、それは流石に気まずいと思ったので諦めてもらい、二人は次のアトラクションへと向かうことにしました。

主要キャラ四人に会える「ピートのシリー・サイドショー」

ピートのシリー・サイドショー

時間を飛ばして空飛ぶダンボの後にやってきたのは、ストーリー・ブック・サーカス内にあるグリーティング施設「ピートのシリー・サイドショー」。こちらはピートが運営しているサーカス小屋で、ミニー・ドナルド・デイジー・グーフィーの主要キャラクター四人がサーカス団の一員となってゲストを迎えてくれる、キャラクターグリーティング施設となっています。

この四人に会えるだけでも十分価値がありますが、なんと各キャラクターがこの場所限定の衣装を着てるんです。これはもうグリーティング巡りをしていた僕たちが行かないわけありません(笑)。

あ、ちなみに、この施設は先ほどのプリンセス・フェアリーテール・ホールと同様、一回並ぶと二人のキャラクターとグリーティングが出来るシステムになっており、組み合わせは上記画像の下部にあるように、「ミニー&デイジー」「グーフィー&ドナルド」となっています。

あー、考えるだけで興奮してくる(笑)。では、早速四人が待つ施設内へと入っていきましょう。

ピートのシリー・サイドショー

建物内はこんな感じ。各キャラクターはサーカス団員としてと役を演じている設定なので、それぞれの役にあったミニセットが用意されています。上記画像で見えるのはデイジーとミニーのミニセットですね。今回はこちらの二人からグリーティングをしていきます。

ちなみに、朝の早い時間だったこともあり、待ち時間は両方とも10分待ちとなっていました。ただ、画像で分かる通り、並んでいたのは四組くらいだったので、そんなにはかからなかったです。それにしても待ち時間短過ぎ。日本だとこんなことは絶対にあり得ないですよね(笑)。

ということで、あっという間に最初のキャラクターとご対面の時間です。

ピートのシリー・サイドショー

最初のキャラクターはデイジーダック。衣装を見ただけではわからないと思いますが、デイジーは過去も未来も何でも見通す、「占い師」という設定になっています。そう言えば、デイジーとは三日目のアニマルキングダムぶりかな。主要キャラクターなのにかなり日にちが空いちゃった(笑)。

では、いよいよ占い師デイジーとのグリーティングがスタートします。

ピートのシリー・サイドショー

まずは熱いハグからスタートしてサインを頂きます。ここにいるキャラクターは既にサインを貰っていますが、彼女はマジックキングダム用のサイン帳、プリンセス用のサイン帳など色々と使い分けていたので、二回目ですが全員からサインを貰っていました(笑)。

その後は、軽くお話をしながら絡んで、最後にツーショット写真タイム。抱き合った写真だったり、ホッペにキスをしてもらっている写真だったり、サービス精神旺盛なデイジーから色々なショットを撮ってもらいました。優しいデイジーさんどうもありがとう。

そういや、今更になって気になったんだけど、占い師って言うんだから何か占ってくれたのかな?手相くらいならいけそうな気がするけど、どうなんだろう。今度行ったら試してみたいなぁ。

ピートのシリー・サイドショー

続いてはミニーマスス。こちらも衣装を見ただけではわかりませんが、後ろに写っているプードルに芸を教え込む、「調教師」という設定になっています。ミニーとは前日のアニマルキングダムぶり。彼女とは結構会っているイメージがありますね。

さて、そんなミニーちゃんとのグリーティングは、意外過ぎる展開でスタートします。なんと、前の人のグリーティングが既に終わっていたので、僕達のデイジーグリーティングが終わるのを近くで待っててくれ、自分のセットの場所まで彼女の手を取りエスコートしてくれたんです。

ピートのシリー・サイドショー

ちなみに、その瞬間を捉えた写真がこちら。ミニーちゃんの優しさが伝わってくる一枚ですね。彼女もとっても嬉しそう。そして、その頃僕は彼女の荷物持ちをやらされています。日の目に当たらない役割を買って出る俺ってかっこいい。なんちゃって(笑)。

そして、所定のポジションに到着したら絡みがスタート。まずは定例通りサインを貰います。サインを書き終えると跡が付くわけではありませんが、ミニーちゃんは鼻でチュっとサイン帳にキスをしてくれました。細かな演出まで入れてくる辺りは流石です。

ピートのシリー・サイドショー

その後は、お喋りしながら服装を褒めたりしてもらったりして、最後のツーショットタイムを迎えます。こちらはデイジーの時と同様、サービス精神良く色々なショットを撮ってもらったんですが、それを撮り終えると、「あなたも一緒にどう?」と誘ってくれたので、当初は入る予定はありませんでしたが、僕を入れたスリーショットも一緒に撮らせていただきました。

最初から最後までどうもありがとう、ミニーちゃん。でも、一つだけ言わせて下さい。後ろのプードルは、何故だか分からないけど少し怖かったです(笑)。

ピートのシリー・サイドショー

そして、ミニーちゃんとのグリーティングが終わったら、一度この施設の中から退出します。同じフロアでグーフィーとドナルドもグリーティングをやっているんですが、スタンバイの列が違うので一度出なければいけないんです。これは地味に面倒くさい(汗)。

ということで、再びピートのシリー・サイドショーの前に来て、今度はグーフィーとドナルドに会える列へと進んでいきます。ちなみに、この時もまだ待ち時間は10分表示。そして、並んでいる人も数組だったので、あっという間に最初のキャラクターの順番が回ってきました。

ピートのシリー・サイドショー

こちらの列で最初に会えるのはグーフィー。見た目だけで何となく分かると思いますが、グーフィーはサーカス上空を飛びまわる、「スタント・パイロット」という設定になっています。でも、おっちょこちょいなグーフィーがパイロットとか、明らかに人選ミスですよね(笑)。

まぁ、そんな話は置いておいて、いよいよグーフィーとのグリーティングがスタートします。

ピートのシリー・サイドショー

会ってまず思ったのは、身長がめっちゃでかいということ。どこで会ってもグーフィーの身長が大き過ぎるから、若干怖いんですよね(笑)。しかし、このグーフィーはめっちゃフレンドリーだったから一瞬で威圧感は感じなくなり、終始仲良くグリーティングを行えました。

最後にスリーショットを撮った後なんか、僕と彼女を同時に抱き寄せておもいっきりハグしてくれたからね(笑)。こんなにフレンドリーなやつだったなんて知らなかったぜ。このグーフィーと会ったことで、僕の中のグーフィー像は大きく変わったのでした。

ちなみに、次のドナルドまで少し時間があったんですが、グーフィーの方へ振り返ってみると、何故かわからないけど地面に寝転がっていました(笑)。本当に面白いやつですね、彼は。

ピートのシリー・サイドショー

そして、次がこの施設で最後を飾るキャラクター。そう、ドナルドダッグです。上記画像の後ろで見切れているオブジェでわかるかもしれませんが、ドナルドは蛇を自由自在に操る、「ヘビ使い」という設定になっています。って言うか、ドナルドにヘビを扱わせて本当に大丈夫か?笑

もはや、悪さの臭いしかしてきませんが、ドナルドとのグリーティングがスタートします。

ピートのシリー・サイドショー

ドナルドが大きく手を広げて迎えてくれたので、満面の笑みでドナルドに飛び付きにいく彼女。初っ端にここまで彼女のハートを射止めるなんて、「流石、天下のドナルドダッグ」としか言いようがありません(汗)。そして、この後はそのままの勢いでドナルドにハグ。

しかし、熱烈なハグが終わると、ドナルドの様子がなんかおかしい。とりあえず様子を見ていると、どうやら彼女のミッキー仕様の服装が気に入らなかったらしく、「何で僕じゃなくてミッキーなんだよ!」と言わんばかりに怒っていました(笑)。

確かにあんな嬉しそうに飛びついておきながら自分では無いキャラクター、しかも親友だけどライバル視しているミッキー仕様の服を着ていたら、ドナルドが怒るのも当たり前だ。そのため、ヤバイと思い彼女が慌てて、「ソーリーソーリーアイラブユー」と必死に伝えると、、、。

ピートのシリー・サイドショー

すぐさま機嫌が回復して、先ほど通り仲良くしてくれました(笑)。本当に可愛い奴だ。こう言うユーモアたっぷりの反応を見せてくれる辺りは、流石人気者って感じがします。

そして、その後はサインを貰ったり、写真撮影などをしてグリーティングが終了しました。今度はドナルド仕様の洋服を着て、彼の反応を見てみたいものです。

ということで、以上でピートのシリー・サイドショーの話は終了となります。後から振り返ってみると、たった18分間で主要キャラ四人とグリーティングが出来ちゃったと言うね。各キャラクターにつき約二分も触れ合えたし本当にお得な施設でした。

魔法をかけてくれた「フェアリー・ゴッドマザー」

フェアリー・ゴッドマザー

ピートのシリー・サイドショーを出た後は、ビッグ・トップ・スーベニアでファンキャップに刺繍を入れ、シンデレラ城の城壁がある辺りにやってきました。ちなみに、この城壁は新ファンタジーランドとファンタジーランドの境目となっています。無駄知識として覚えておきましょう。

そして、この城壁を通り過ぎようとすると、あるキャラクターがグリーティングを行っているのを発見。一応日本でも会えるキャラクターなのでスルーしようと思ったんですが、普段見ている姿とは大きく様子が違ったので、少し待ち時間が発生しそうでしたが並んでみることにしました。

そして、10分くらい待ってグリーティングがスタートします。

フェアリー・ゴッドマザー

ここで会えたのは、映画「シンデレラ」で登場するフェアリー・ゴッドマザー。皆さんは先ほど言った、様子が違う部分に気づきましたか?実は日本だと面のような被り物を付けているんですが、WDWだと上記画像でわかるようにフェイスキャラクターとして登場するんです。こんな珍しいフェアリー・ゴッドマザーを見たら、もう興奮しないわけがありません。

というわけで、開始早々ハイテンションで抱きつきにかかる彼女。それを聖母のように優しく受け止めるフェアリー・ゴッドマザー。うん、何とも美しい光景だ(笑)。

フェアリー・ゴッドマザー

そして、その後はサインを貰ったり、全くかみ合っていなかったけどお話をしたり、何だか分からない魔法をかけてくれたり、写真を撮ったりしてグリーティングは終了。本当に映画から飛び出してきたような感じの方で、終始彼女は嬉しそうにグリーティングをしていました。

ちなみに、この近くでは映画「シンデレラ」のヴィランズである、トレメイン夫人・アナスタシア・ドリゼラの三人もグリーティングをしていました。こっちも会いたかったんですが、凄い行列ができていたので泣く泣く断念。海外だとヴィランズって結構人気があるんだなぁ(汗)。

とってもお茶目だった「ティンカー・ベル」

ティンカー・ベル

今度はトニーズ・タウンスクエア・レストランの後、時刻で言うと13時30分頃まで時間を飛ばします。次にやってきたのは、レストランと同じタウンスクエア・シアター内にあるこちらの施設。そう、映画「ピーターパン」に登場するティンカー・ベルとグリーティングができる施設です。

今回はタイミングが良かったらしく、待ち時間はかなり短めの10分となっていました。ちなみに、隣でやっているしゃべるミッキーグリーティングも25分待ちだったので、この日しか確認していないけど、結構狙い目な時間帯なのかもしれません。

そして、このままスタンバイの列へと進み、結局10分強待ってティンカー・ベルとのグリーティングがスタートしました。ドキドキ。ワクワク。

ティンカー・ベル

まずはサインからと思ったけど、その前に彼女が持っているミニーの手だったり、派手派手な服装だったりに興味津々なティンク(笑)。イメージ的にツンツンとしていると思ったけど、初っ端からめちゃくちゃフレンドリーでした。反応もめちゃくちゃ可愛らしい。

そして、その後はサインを貰ってお喋りタイム。何を話しているのかよくわからなかったけど、今度は彼女のカラーコンタクトだったり化粧に興味を抱いていました(笑)。

ティンカー・ベル

そして、最後に写真撮影タイム。最初は普通に撮ってたんだけど、途中で変顔っぽい感じもしてくれて、とっても楽しい撮影会になりました。ありがとうティンク!!!

ということで、これにてティンカー・ベルとのグリーティングは終了です。そう言えば、最初から最後まで新鮮な感じがしたけど、ティンクって日本ではグリーティングで会えないキャラクターだったんですね。パレードでは何回も見ていたから気づきませんでした。激レアキャラクターに会えたと思うと、今更ながら何か嬉しくなっちゃいます(笑)。

WDWに来て初めて会う「オーロラ姫」

オーロラ姫

今度は前回記事の最後、お昼のパレードを見た後まで時間を飛ばします。次にやってきたのは、パレードの場所取りをしたすぐ近く、ゲストリレーションズの隣の敷地でやっていた、映画「眠れる森の美女」に登場するオーロラ姫とのグリーティング施設です。

オーロラ姫はエプコットのフランス館でもグリーティングをしていたんですが、その時はめちゃくちゃ長い行列ができていて断念していました。ただ、今回はパレードの直後だったこともあり、まさかの一組しか待っていなかったという(汗)。これはもう奇跡に近い!!!

ということで、約1分程の待ち時間でオーロラ姫とのグリーティングがスタートしました。

オーロラ姫

今回は珍しくトークから入った彼女。少し離れた位置から写真を撮っていたので、トークが成立しているかはわかりませんでしたが(笑)、なにやら楽しそうに会話を繰り広げていました。まぁ、雰囲気的にオーロラ姫が、「あなたキュートね!!」的なことを言っていたんだと思います。

それにしても、このオーロラ姫可愛かったなぁ。甘い感じの顔に対して、笑った時にえくぼができるとか、これはもう完全に反則レベル(笑)。目の前でじっくりと見て、「ディズニープリンセス」って感じがひしひし伝わってきました。

オーロラ姫

そして、その後はサインを貰って写真タイム。少し前に買ったバルーンがなんか浮いていますが、まぁまぁ良い写真なのでは無いでしょうか。あ、今気づいたけど、背景に眠れる森の美女のお城とかが描かれた絵があったんですね。よく見ておけば良かったなぁ。

とまぁこんな感じで、オーロラ姫とのグリーティングは終了しました。なんか内容が薄くてすいません。あ、そう言えば、彼女は珍しくハグをしていなかったなぁ。何でだろう(笑)。

これにてこの日のキャラクターグリーティングの話は終了。と言いたいところですが、まだ肝心のキャラクターが一人残っていますよね?そう、我らがスーパースター・ミッキーマウスです。こちらについては次回の記事でゆっくりとさせて頂こうと思います(笑)。

【以前紹介したマジックキングダムのグリーティングレポートはこちら】

次回記事の予告

というわけで、今回はマジックキングダムのグリーティングについてをお送りしました。そして次の記事は、今回の続きとなる「優しくて涙出る!しゃべるミッキーマウスにお別れの挨拶」になります。では皆さん次回記事も楽しみにしていて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage