ディズニーデート

ディズニーでプレゼントを渡すならコレ!コインロッカーサプライズ

コインロッカー

今回はディズニーパーク内でできるコインロッカーサプライズを紹介します。なお、この演出は、下記に記載しているサプライズを元にしているため、サプライズの内容自体は全く同じものになります。ただ、ディズニー内だと仕込み部分が多少変わってくるので、ディズニー初心者でも簡単にできるよう具体例を混ぜた演出方法を紹介したいと思います。もし、ディズニーパーク内でのサプライズに興味があればこちらの記事をご覧下さい。

コインロッカーの位置を確認する

メッセージカード

ディズニーランドとディズニーシーには、コインロッカーが二箇所ずつ設置されていて、共にメインエントランスの左右分かれた位置にあります。なお、詳しい場所については、ディズニーリゾートのHPに記載されているので、以下のリンク先から確認してみて下さい(リンク先ではコインロッカーの料金も確認できます)。

コインロッカーの位置

ディズニーランド:パソコンスマホ
ディズニーシー:パソコンスマホ

サプライズの手順について

ステップ

冒頭でも説明しましたが、今回のサプライズは、元記事となるコインロッカーサプライズと全く同じ内容になっています。なので、詳しい内容については、元記事の方で確認するようお願いします。なお、簡単にですが、『サプライズの流れ』を下記に載せておきました。既にご覧になっている方は復習程度で構わないので、目を通しておいて下さい。

サプライズの大まかな流れ
  • コインロッカーを使う口実を作る
  • 荷物を預ける
  • 隙を見てコインロッカーに戻る
  • プレゼントをコインロッカーに入れる
  • 相手の元に戻る
  • 帰り際、相手にコインロッカーを開けさせる

ディズニー内での具体的な行動例

ディズニー

今回のサプライズでは抑えるべきポイント(下記のリストを参照)が二つあります。ここでは、『その二つのポイントをディズニー内でどう潜り抜けてれけばよいか』を具体的に紹介していきたいと思います。こちらを上手くやるかによって、サプライズの出来が変わってくるので、以下で紹介する方法をしっかり守って実践するようにしましょう。

抑えるべきポイント
  • コインロッカーを使う口実
  • 隙を見てコインロッカーに戻る方法

コインロッカーを使う口実

邪魔な荷物を持ってくる

ディズニーは海に面しているので、気温や天気の変化を受けやすい場所です。なので、この条件を利用して防寒着や雨具を持ってくれば、天候が変化するまでそれらを預ける口実が作れます。現に、余計な荷物を持っていると邪魔になったり、その重さで疲れがより蓄積されたりします。なので、これらの状況を上手く相手に伝えることができれば、自然な流れで荷物を預けることができるでしょう。

お土産を早めに購入する

パーク内のお土産屋は、夕方を過ぎてくると非常に混雑します。なので、時間を有効活用するためにお土産を早めに購入して、帰る時間までお買った土産をロッカーに預けておけば、自然な流れでコインロッカーを使う口実ができます。

なお、お土産屋はコインロッカーに近い場所の方が誘導しやすいので、ディズニーランドであればワールドバザール、ディズニーシーであればメディテレーニアンハーバーのミラコスタ側にあるお土産屋を利用すると良いでしょう。

隙を見てコインロッカーに戻る方法

パレード待ちの時に抜け出す

「夜のパレード(ショー)を見たい」と事前に言っておき、パレード開始の一時間前くらいから場所取りをしておきます。そして席を確保したら、トイレや飲み物を買ってくると言い、相手を席に残して先ほど預けたロッカーの方へと移動しましょう。

なお、席を離れてから素早く戻ってくる必要があるので、確保する席はコインロッカーから近い場所でなくてはいけません。そうなると、ディズニーランドならプラザ前、ディズニーシーならミラコスタ側のメディテレーニアンハーバーが最もおすすめです。

お土産の買い物中に抜け出す

コインロッカーへ戻る前にお土産屋に立ち寄り、「僕(私)はあっちの方を見てるから、(相手の名前)も好きなところ見てていいよ」と言い、別行動になりましょう。夜の時間であればかなり混雑しており、こっそりと抜け出せば気づかれる心配はないので、無事抜け出せたら先ほど預けたロッカーの方へと移動しましょう。

もし、コインロッカーを使う口実でお土産を既に購入していたら、「(誰か)の分を買い忘れちゃった」と言うことで、ほぼ怪しまれずにお土産屋に再び寄ることができます。

最後に

説明が理解しにくかったかもしれませんが、ディズニー内でもコインロッカーを使ったサプライズが可能です。ディズニー内でできるサプライズ演出はかなり数少ないので、もしディズニー内でプレゼントを渡そうとしている人は是非こちらを実践してみてください。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /