その他

成功間違いなし!映画デートの前に知っておきたい15のポイント

定番としてよく利用されている映画デートですが、こちらには多くの方に選ばれるだけのメリットがたくさん詰まっています。今回はそんなメリットや注意点など中心に、映画デートの前に知っておきたいポイントをいくつか紹介していきます。この記事を読めば映画デートを成功させられること間違い無しなので、是非こちらを読んで失敗のない映画デートを実践してみて下さい。

まず知っておきたい!映画デートのおすすめポイント

失敗が少ない

失敗が少ない

映画デートのメインは、当たり前ですが映画を鑑賞することになるので、二人で観る映画の選択を間違えなければ、デートが失敗に終わることはほぼありません。そのため、映画デートは絶対に失敗したくない初デートなどに、最適な場所と言うことができます。

ただ逆に言うと、それ以外にすることが特にないため、恋人に良いところを見せつけたり、大きく距離を縮めることができにくいデートでもあります。そのため、これからご紹介する注意点などをしっかりと頭に入れて、映画デート当日に備えるようにしましょう。

予定を立てやすい

予定を立てやすい

映画はあらかじめ上映時間が決まっているので、事前に決めていたデートプランが狂うことがありません。そのため、映画が終わる時間に合わせて近くのレストランを予約しておくなど、事前に考えていたプランニング通りにデートを進行させることができます。

また、映画館は駅に近い場所にある場所が多く、建物内に入ればあとは室内で行動するのみとなるので、「雨だからやっぱりやめよう」や「今日寒くなるらしいから場所を変えよう」など、天気や気温に左右されないのも大きなメリットの一つと言えます。

自然と近くに寄れる

自然と近くに寄れる

席をしっかりと確保できれば、隣で映画を鑑賞することが可能なので、相手との距離を自然と詰めることができます。付き合いたての頃は、緊張して近くに寄るのも恥ずかしい人も少なくないので、そういった人にとっては手軽にドキドキを味わえる最高のシチュエーションと言えるでしょう。

また、上映が始まれば全体が暗くなり相手の目を見ずに済むので、状況に慣れてきて勇気を振り絞れば、手をギュッと繋げてしまうのも嬉しいポイントです。

なお、映画館によっては二人分のスペースが一つの座席になっている、カップル席というものを設置している場所もあります。こちらであれば、より一層近づけ特別感もあるので、ここ一番でのデートの時は奮発してそういった席を確保しておくのも良いでしょう。

誘いやすい

誘いやすい

遊園地や水族館のような場所だと、一日使う大掛かりなデートになってしまうため、深い関係性の二人でないと気まずさから良く思われず、最悪デートに断られてしまう可能性すらあります。

しかし、映画館であれば席が隣ではありますが、二人っきりになるような特殊なシチュエーションは無いし、そこまで特別感を感じるようなデートでもないので、誘われる側から見ると映画デートは、断る理由の無い行きやすいデートプランであると言えます。

映画デートが誘いやすい理由
  • 映画嫌いが少ない
  • 気軽に行ける
  • 断る理由が少ない
  • 予算もそこまでかからない

何度でも楽しめる

何度でも楽しめる

大抵のデートスポットは何度か行くと飽きてきてしまう可能性が高いですが、映画デートは観る映画によって内容が全く変わってくるので、同じタイトルでなければ何度でも楽しむことができます。

もちろん、毎週毎週だと飽きてくることもありますが、1ヶ月や数ヶ月に1回のペースであれば観る映画はもちろんのこと、観る映画館も変えてみたりすれば、全く違うフレッシュな気分で楽しむことができるので、何度も楽しむ際はそういった工夫を取り入れながら利用すると良いでしょう。

会話を必要としない

会話

他のデートだと会話が必須となりますが、映画の上映が始まってから終わるまでは、必然的に相手と会話をする必要がなくなるので、口下手な人や相手にまだ緊張してしまうような関係性であっても、無理に会話を広げようとせずにデートを楽しむことができます。

また、映画が終わってからであれば、映画の内容をいう共通の話題があるので、それを持ち出しさえすればどんな二人でも会話に困る心配がありません。そのため、上記のような会話に難がある人でも、映画デートであれば会話問題を簡単に解決することができるので、相手にまだ馴れていない状況なら一先ず映画デートを選ぶことをおすすめします。

映画デートで気をつけることまとめ

席の予約をしておく

席の予約をしておく

当日、映画館へ足を運んだものの、混雑により席が離れ離れになったり、観ようとしていた映画が既に満席だったりしたら、せっかくの映画デートが台無しになってしまいます。そのため、そんな最悪な事態にならないよう、映画デートの際は事前に席を確保しておくことをおすすめします。

また、内緒でチケットを確保しておきサラッと差し出せば最高のサプライズとなり、更にスクリーンが観やすい良席であれば更なるポイントアップも間違い無しです。そのため、ネットから事前予約ができるのであれば、予約開始日にしっかりと良い席を抑え、もし事前予約ができないような映画館であれば、待ち合わせより早めに来て席を取っておくと良いでしょう。

観る映画にも注意する

観る映画にも注意する

「超が付くほどの話題作」や「お互いに観たい映画作品」であれば問題ありませんが、何となく映画デートになってしまった場合は、観る映画には十分注意する必要があります。

と言うのも、男女で分あれば観たいジャンルの映画も異なり、更に洋画であれば吹き替え版や字幕版など、映画を選ぶ時点で色々と趣味嗜好が分かれてしまい、お互いの意見が合致するのが難しくなります。そうなると最悪喧嘩につながってしまうこともあるので、揉めそうになったらお互いがどこかしらを譲歩して観る映画を選ぶようしましょう。

映画館内での飲食を考える

映画館内での飲食を考える

映画館での定番の楽しみと言えば、売店のメニュー(ポップコーンなど)を飲食しながら映画を観ることです。誰が考えたのかわかりませんがこの組み合わせは相性抜群で、映画館で映画を楽しむ上で欠かすことができない定番メニューと言えます。

しかし、「ポップコーンは好きでは無い」「そもそも映画中に物を食べる意味がわからない」などの理由から、映画館でこれらのメニューを購入しない人も少なくありません。もちろん、その人個人の意見になるので否定はしませんが、売店メニュー好きな人にとってはそれありきの映画館での映画になるので、相手がそのような人であれば嫌な顔をせず合わせてあげる必要があります。そんな簡単なことで相手の機嫌を損ねず、楽しいデートにすることができるので十分注意しましょう。

また、売店メニューと関連した話をすると、「高くて買うのは勿体無い」という理由から、コンビニなどで購入をして飲食物を持ち込む人も中にはいらっしゃいます。よほどの金欠であれば仕方ないかもしれませんが、初デートなどにこのような行為をすると相手に引かれてしまう可能性があるので、ケチケチせずにしっかりと売店で購入することをおすすめします。

映画の予告もしっかりチェック

映画の予告もしっかりチェック

本編前に流れる映画の予告CM。こちらは意外と長時間に渡って放映されるので、ただぼんやりと眺めていたり本編に合わせて少し遅れて行く人も中にはいるはず。しかし、映画デートにおける上記の行為は、目の前にあるチャンスをみすみす逃してしまう勿体無い行動なので、上映時間前には必ず席に座っている状態にして、予告編もしっかりチェックするようにしましょう。

と言うのも、面白そうな予告映画があったら、「これ面白そうじゃない?今度これも見に行こうよ」と、デート中に次のデートの約束を取り付けることができるから。長年交際しているカップルならまだしも、もし付き合う前の二人であれば、次の会うきっかけを作る絶好のチャンスと言える機会なので、この点はしっかりと抑えておくようにして下さい。

気遣いを忘れない

気遣いを忘れない

どんなデートでも言えることですが、簡単なことでも相手を気遣ってあげるだけで、自分の評価ポイントが右肩上がりに上昇していきます。映画デートで言うと、相手が薄着で着ていたらブランケットを借りてきてあげたり(基本的に映画館ではブランケットの貸し出しを行っています)、「トイレは大丈夫?」や「飲み物飲む?」と上映前に声をかけてあげたりするのがこれに当てはまります。

このような当たり前なようなことでも、一言貰えるだけで相手は嬉しく感じるものなので、特に男性はこちらの点にも気を遣ってあげるようにしましょう。

映画上映中のマナーに注意する

映画上映中のマナーに注意する

映画デートの中で特に気を付けて欲しいのが、上映中のマナーを守ることです。上映前にも注意点が放映されますが、これを守るのが当たり前となる行動になるので、そこまで長くない上映時間の中でそれがしっかり守れていないと、相手に幻滅されてしまっても仕方ありません。

なお、映画館で上映される禁止行為以外にも、守るべき行動がたくさんあるので事前に注意しましょう。これらについては以下のリストにて詳しくまとめたので、そちらを参考にしてみて下さい。

気をつけるべきマナー例
  • 上映中に寝る
  • 音を立てない(飲食時など)
  • 足を前の座席にかける
  • 携帯・スマホの電源は切っておく
  • むやみに話しかけない
  • 上映中は極力トイレに行かない
  • イチャイチャしない
  • エンドロール中に席を立つ時は周りの迷惑をかけない

上映中の号泣に要注意

上映中の号泣に要注意

映画の内容によっては、感極まって涙を流してしまうこともありますが、この行為は場合によって相手に引かれてしまうNG行動になる可能性があります。

基本的には相手の意外性のある一面を見れたということで、ポジティブに捉えられることが多いですが、「大人なイメージに惹かれたのに、アニメの映画でワンワン泣いていた」などは、思っていたイメージと相違があったということで、人によっては引かれてしまうことがあるのです。

こちらは相手の受け止め方によって変わるので、対処法も無くどうしようもない部分なのですが、相手のことをあまり知らない時期のデートでよく起きる事案なので、そういった時のデートでは自分のイメージを考えて、映画中の涙には十分注意するようにしましょう。

内容が面白くなかったら盛り上げる

内容が面白くなかったら盛り上げる

映画デートのメインである映画の内容が面白くないと、せっかくの楽しい気分が残念な気分になり、テンションも自然と下がってしまいます。しかし、そんな暗い状況下にありがら、それに追い打ちをかけるように作品を否定し続けたらどうなるでしょうか。きっとその場が完全にしらけてしまい、デート自体が失敗に終わってしまうこと間違いなしです。

そのため、作品が面白くなかった場合は、気分を明るくするような言動をとり、その場の雰囲気を修復していく必要があります。こちらの方法はいくつかありますが、「予告編では面白そうだったのにね!気分転換に美味しいものでも食べに行こうか」など、落ちていた気持ちがパッと晴れ渡るような大人なポジティブ発言をすると良いでしょう。

その他の発言例
  • 美味しいもの食べに行こうよ
  • 一緒にいれたからそれだけで十分
  • 雰囲気の良い映画館だったね
  • あのシーンは良かったね

映画後のプランを考えておく

映画後のプランを考えておく

ただ単に映画を観るだけだと、長く見積もっても3時間程のデートプランになってしまうので、そのまま終えるとかなり物足りないデートになってしまいます。そのため、映画デートの際は映画を観るだけでなく、その後のプランを考えておくのが最良の選択と言えます。

ただ、映画デートは先述の通り、映画を観ることがメインとなるので、その後のプランは付近でショッピングしたり、カフェやレストランに立ち寄って会話を楽しむような簡単な内容で構いません。一応映画館内ではゆっくり話すことができないので、著者的には後者の食事へ行くプランがおすすめです。こちらであれば、観終わった映画の内容で盛り上がることができ、そこから相手の価値観や感性を知る機会にもなるので、かなり有効的なプランと言えるでしょう。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage