サプライズ体験談

彼女の誕生日に金欠を装ったダミープレゼントサプライズをしてみた

金欠サプライズ

三度目を向かえる彼女の誕生日ですが、今回はほんの少し金欠気味。しかし、いつもより洋服を我慢したり食費を抑えたりしていたため、彼女へのプレゼント代やデート費用などは全く問題ありません。ただ、彼女の目からはお金が全く無いように見えたらしく、金銭面を頻りに心配される結果に(笑)。確かに節約はしてるけど、「誕生日のために節約しているんだよ」とは言えず、気まずい感じが続いていました。

金欠をアピールをしてサプライズ

節約

しかし、僕はこの状況下であることを閃きます。

それは、「あえて金欠をアピールしてサプライズをする」というもの。こうすることでプレゼントへのハードルが下がり、期待以上のプレゼントを渡すことで、相手をより喜ばせることが出来ます。これは心理学に出てくるゲインロス効果を利用しているため、心理学的効果の面から見ても十分に期待ができる方法です。

ということで、今回は金欠をアピールして驚かせるプランに決定!!!ではまず、プレゼントのお話からしていくことにします。

シャネル

今回節約してまでプレゼントしたかったものは、CHANELのリュックサックです。これは彼女がここ一年ずっと欲しいと言っていたモノで、これを言い始めてた頃から今年の誕生日プレゼントはこれにしようと決めていました。金額もそこそこするので、金欠でろくなプレゼントを貰えないと思っている彼女には、ぴったりなアイテムと言えるでしょう。

プレゼントがリュックサックに決まったので、次はサプライズをどうするか決めていきます。今回は金欠をアピールしていくサプライズなので、いろいろ考えた結果こんな感じのサプライズにすることにしました。

サプライズの内容
  • 朝に宅配便の荷物(CHANELのリュックサック)が自宅に届く
  • デート先で遊んで帰り際、雰囲気ある場所でダミープレゼントを渡す
  • 家に帰り落ち着いたとこで、「朝の荷物って何届いたの?」と切り出し荷物を開けさせる
宅配物

ここでのポイントは【1】と【2】です。

【1】で届いた宅配物は、ここで開封させずそのままデートへ出かけます。こうすることで宅配物への関心を極限まで薄れさせ、朝に届いた荷物がプレゼントだったという驚きも与えることができます。

【2】はダミープレゼントを安そうなモノにすることです。これにより金欠をアピールしていた効果も重なり、プレゼントはこれだけと思わせることができます。と同時に、誕生日プレゼントにそぐわないアイテムなので、相手のテンションを下げることもできます。

ちなみにゲインロス効果は以下の部分です。

ゲイン部分 ずっと欲しかったプレゼントをもらう
「プレゼントはもう無い」と思ってからのプレゼント
ロス部分 金欠でお金が無いと思わせる
微妙な物がプレゼント

当日のデートプランで問題発生

ディズニーランド

それではサプライズが決まったので、次は当日のプラン決めていきます。

今年は彼女の地元の友達が、「誕生日当日にお祝いをしてあげたい」ということだったので、僕は誕生日の翌日にお祝いしてあげることに。それを踏まえた上でいろいろと考えた結果、以下の理由から東京ディズニーランドへ行くことにしました。

ディズニーランドにした理由
  • 彼女が単純に喜ぶ場所だから
  • 彼女を喜ばせられるプランがあるから
  • 年間パスポートを貰っているから

以上のような理由です。なお、【2】については後ほど説明させていただきます。そして【3】の意味は、年間パスポートがあれば入場料がかからないので、ここでも彼女に金欠をアピールすることができるということです。

しかし、誕生日プランをディズニーランドにしたことで、一つ問題点が出てきました。それは、「朝に宅配便の荷物が自宅に届く」という部分です。

郵便

通常郵便の配達は九時からなので、午前中指定で送ると九時~十二時の間に配送されることになり、朝からディズニーランドに出発すると荷物が届かないのです。もちろん、出発をわざと遅くする方法もありますが、誕生日にディズニーランドに行くとなれば、彼女も早く行って楽しみたいと言い出すに決まっているので、そういうわけにいきません。

どうしたものかと悩んだ結果、宅配便の届く方法を変えることにしました。その方法は、「自分が宅配員になりきる」というもの。と言っても、自分が宅配員になって荷物を届けるわけでは無く、宅配員が来た風の演技をするのです。詳しい方法は以下の通り。

宅配員サプライズの内容
  • 当日の朝、インターホンの音を録画したもの流す
  • 「俺が出るよ」と言い、インターホンの対応をする
  • 玄関で宅急便が来た演技をして、荷物が届いたようにみせかける

このように、宅配便が本当に届いたかのように演出をするわけです。この説明ではわかりにくいという方は、以下で紹介する当日の流れを読みながら理解して頂けると幸いです。ちなみに、これをやることによって以下のメリットがあります。

メリット 荷物が届く時間を自由に決められる
宅配便の予算も浮く
予定通りの時間で行動することが出来る
バカみたいな仕込で後に笑いのネタになる

サプライズの下準備

下準備

では細々したところは当日の流れで紹介するとして、次は下準備に移ります。

まず一つ目が、プレゼントの購入です。今回はCHANELのリュックサックの他にダミープレゼントも購入します。アイテムのチョイスが難しかったのですが、トイカメラ・スマホカバー・国内旅行金券の三点を購入。今思うとかなり微妙なラインナップです(笑)。

二つ目は、プレゼントの包装です。包装と言っても、プレゼントを宅配物っぽく見せる作業のことを指します。今回は彼女が普段利用しているネットショップの袋にプレゼントを入れて包装し、最後に彼女宛の郵便伝票を貼り付けて完成。

最後三つ目が、インターホンの録音です。録音で使ったのは携帯電話。携帯電話にボイスレコーダー機能が付いていたのでそれを使い録音しました。

これで当日までの準備は以上です。次はいよいよサプライズ当日の話になります。

サプライズ当日!彼女は見事に騙された

朝

この日は前日の彼女の帰りが遅かったので起床が遅くなり、いつもより急ぎめで出発準備をすることになりました。と言っても、僕からしてみるとこの状態は好都合。何故なら、メイクがある彼女の方が急いで準備する必要があるため、宅急便が来たとしても彼女の気がこっちに向きづらいからです。

ラッキーな展開になりつつも油断は禁物!!なので、念には念を入れて、インターホンの音をカモフラージュするために、事前に音楽を流しておきます。そして、彼女が手を離せなくなるアイメイクに移った時、僕は作戦を実行に移しました。

作戦第一段階は、インターホンの受話器の近くに移動し、録音していたインターホンの音を流すことです。

インターホン

「ピンポーン」

部屋中にインターホンの音が響き渡ります。そして、受話器を取り宅配便が来たかのようなやり取りを始めました。彼女の方を見てみると、アイメイクに集中しているのか何の反応も見せずメイクを続けています。録音したインターホンの音もBGMで流した音楽の助けもあり、全く気にした様子を見せませんでした。

偽インターホン作戦
見事成功

そして、「宅配便が来たよ」と言い残し玄関へと向かいます。ここで荷物を受け取る演技をするわけですが、部屋からは玄関の声がほとんど聞こえないので、今回は「ありがとうございます」の一言とドアを開け閉めする動作だけを行いました。

この後は、玄関近くに隠しておいた宅配物風プレゼントを取り出して、そのまま玄関に置いて彼女のいる部屋へと戻ります。なお、玄関にプレゼントを置いてきたのは、「部屋まで持って行くと開封られる確立がある」から。この辺の注意は徹底しています(笑)。

部屋に戻ると「何届いたの?」と、さすがの彼女も気になっていましたが、ある程度予知していた僕は、「わかんない、出かけるし帰ってから開ければ?」と言い、その場をやり過ごす作戦に。すると、彼女も急いでいたこともあり、それ以上追求せずそのままメイクを続けました。見事、こちらの作戦勝ちです(笑)。

しかし、この後も家を出るまでは油断は禁物。そのため、彼女を宅配物になるべく近づけずに、出発まで過ごすことに勤めました(笑)。

ディズニーランド

そして、いよいよ出発の時間。玄関で靴を履く時も宅配物への話題は一切触れません。彼女は少し気になっている様子でしたが、僕は彼女の手を引っ張るように家を出ました。半ば強引でしたが、とりあえずこれで第一関門突破です。

そして二人は、予定通りディズニーランドへ向かいました。

ディズニーランドで数々のサプライズ

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

ということで、無事にディズニーランドに到着。園内での話はきりがないので、ポイント以外は端折って話していきます(笑)。

まず、第一ポイントとなったのが、お昼ご飯で立ち寄った「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」というレストランです。何故ここがポイントなのかと言うと、このレストランにはサプライズな誕生日ケーキがあるからです。

ディズニー好きの彼女なので、知ってる可能性も高かったですが、結果的には誕生日ケーキ作戦は見事に大成功!!!どうやら、彼女はこのケーキの存在を知らなかったみたい。なので、渡す時は見事なドヤ顔をかますことができました(笑)。なお、誕生日ケーキの詳細は以下のページでまとめているので、興味がある方はそちらをご覧下さい。

ミッキーの家

次なるポイントは、トゥーンタウンにある「ミッキーの家とミート・ミッキー」です。ここはミッキーマウスに絶対会えるグリーティング施設で、誕生日にミッキーマウスにお祝いされたら喜ぶだろうと思い、プランの中に取り入れました。

これは別にサプライズとかでは無いけど、彼女自身がとても喜んでくれたので、連れて行って本当に良かったです。ちなみに、彼女曰く誕生日シールをミッキーにアピールすると、いつも以上に構ってくれるらしい(笑)。

ウエスタンランド写真館

次のポイントは、ミッキーの家の後に行った「ウエスタンランド写真館」です。ここもサプライズがあるわけではありませんが、「今度ここで写真を撮りたい」と彼女が前々から言っていた場所だったので、特別に連れて行ってみることに。

すると、彼女の中では念願の場所だったらしく、持っていた以上に喜んでくれました。ちなみに、ここは上記写真のようなウエスタンコスチュームで記念写真が撮れます。

ディズニーランド

ラストはシンデレラ城前で見る花火「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ」。ここはシンデレラ城をバックに花火が見れる、カップルにおすすめな花火の鑑賞場所です。今回は、「帰り際の雰囲気ある場所でダミープレゼントを渡す」というプランがあったので、最も最適だと思ったこちらを選ばせてもらいました。

しかし、あまりにも雰囲気が良すぎて結局プレゼントを渡せず(笑)。感動しながら花火を見ていた彼女に、この場で微妙なプレゼントを渡すのは気が引けたため諦めました。改めて考えると、ダミーとメインを渡すまでの間が空け過ぎると、変な空気になってしまう可能性があるので危険ですね。この判断をして本当に良かった。

ということで、その場でプレゼントを渡すことを諦めた僕は、作戦を変更して自宅に帰ってからダミープレゼントを渡すことに。そして二人は、花火を見た最高の気分で家路に着くことにしました。

帰宅するも彼女が爆睡するハプニング

電車

一時間ほどかけて帰宅。少し落ち着いたところで、ダミープレゼントを渡すことに。しかし、彼女は思いのほか疲れ果てたらしく、そのままソファーで爆睡(笑)。「最悪の展開だ」と思いつつも、彼女が起きるのを待つことにしました。

しかし、二時間が経っても起きる気配が全く無い。むしろ、このまま朝まで起きなさそうな雰囲気(笑)。そうなると、ダミープレゼントを渡せず次の日の朝に、「宅配便で届いた荷物がプレゼントだった」という落ちになってしまう。

「いや、いや、いや、いや、それだけは絶対に避けたい」そう思った僕は、意を決し彼女を起こしてダミープレゼントを渡すことにしました。

「起きてー、渡したいものがあるの」

朝まで寝る勢いだった彼女は、この声に反応してゆっくりと起き上がります。そして、眠たそうな彼女に、「お金が無いからこんなモノしかあげられないでごめん」と言い、ダミープレゼントを渡しました。

しかし、あろうことか、こんな微妙なプレゼントにもかかわらず、彼女は喜んでいる。いや、と言うよりも眠くて思考が停止して、プレゼントという言葉に反応して喜んでいるっぽい(笑)。予定では微妙な空気になるはずだったのに何てことだ!!!

こうなったら、次のメインプレゼントでビビらせてやるしかない(笑)。そう思いメインプレゼントを渡すタイミングを見計らっていると、またもやハプニングが発生!!!なんと、彼女が再び寝ようとしていたのです。

遂にサプライズ実行!彼女の反応は?

爆睡

これだと渡した時の反応がさっきみたいになってしまう。僕はそれを止めるべく、必死になって彼女の体を揺すり続け睡眠を強制阻止(笑)。しかし、彼女はまたすぐに寝ようとしてしまうので、「これ以上彼女を引き止めるのは無理だ」と判断した僕は、このタイミングでメインプレゼントを渡すことにしました。

  • 自分「起きて~、そういえば朝の荷物って何届いたの?開けてみてよ」
  • 彼女「それは後ででいいよ~」(半寝状態)
  • 自分「ねぇ~!気になるから開けてみてよ~」

このような半強制的な方法で半分寝ている彼女を目覚めさせ、彼女は重い腰をゆっくり持ち上げ、ついに半寝の状態を維持しながら宅配物を玄関へ取り行き、部屋に戻ってすぐにその封をゆっくりと開け始めました。

イメージしていた感じとは全然違うけど、ようやく待ちに待ったこの時がやってきまました。そして、ゆっくりながらも彼女がリュックサックに手をかけます。

シャネル

リュックサックに気づいた彼女は、「え?これ(僕の名前)からのプレゼント?」と少しだけ喜んだ様子で言ってきました。僕はもう少し喜ぶ思っていたので、「そうだよ!これが本当のプレゼント」と動揺しながら答えると、彼女は大喜びするどころか、「ありがとう」の一言だけを残してそのままソファーで爆睡。

残された俺、唖然

少し経って冷静になった僕は、「こんな反応だけは嫌だ」と思って彼女を必死に起こしました。しかし、結果的には起きてはくれましたが、本当に眠たかったらしくほとんど喜んでもらえないという結果に(笑)。

それから、目が覚めていくごとに実感が沸いてきて、最終的に大喜びしてくれましたが、今回はゲインロス効果を使っただけに、プレゼントを見た瞬間の大興奮の反応を見ることが出来ず、残念な結果に終ってしまいました(泣)。

あ、もちろん、彼女が悪いのではありません。眠い状況で渡した僕の凡ミスです(笑)。ちなみに、彼女に後から聞くと、宅配物を開けた時は半分夢だと思っていたらしい。コレを聞いてなお更無念な気持ちです(笑)。

最後に

ということで、結果的にはサプライズ大失敗に終わりました(笑)。反省点を言うのであれば、ダミープレゼントでも多少なりと喜んでいたので、翌日の朝にメインプレゼントを開けてもらえば、それなりに上手くいき新鮮なリアクションが見れたかもしれません。

作戦が面白かっただけに残念です。今回の反省点を生かし、「相手が眠い状況でサプライズ」は皆さんもできる限り避るようにしましょう(笑)。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /