サプライズ体験談

交際四年半記念日に彼女にリムジンサプライズをされた

リムジン

二人が付き合って54回目、年数にすると四年半の記念日がやってきました。思い返してみるとあっという間ですね(笑)。さてさて、この辺までくると記念日を祝わないカップルも多いことと思います。もちろん、僕達カップルも頻繁に記念日を祝っていたものが次第に祝わなくなり、四年半の記念日も何もやらないだろうと思っていました。

しかし、今回の記念日は久しぶりに祝おうという話になり、二人で話し合った結果、記念日前日に東京ディズニーシーに行って、当日の夜に彼女が選んだディナーを食べに行くことになりました。あっ、このようにプランだけを書くとスムーズに決まったように見えますが、実は様々な経緯がありこのようなプランになっていたのです。

記念日プランが決まった経緯

当初の予定は、「記念日の当日にディズニーシーへ行く」というものでした。しかし、記念日が近づいてきたある日、その日が混雑する金曜日ということに気づき、人混みが嫌いな僕が無理を言って日にちを変更してと頼み込みました。

日にちを変えようと提案すると彼女は頑なに拒否。しかし、僕自身一度嫌だと思ったらあまり曲げることがない頑固な性格なので(笑)、長い交渉の結果、渋々彼女が変更に応じてくれ、前日の木曜日に変更してもらいました。

ただ、これにより記念日当日の予定が無くなっので、話し合って決めることに。しかし、良い案が出ずこの日の話し合いは終了。二人は何をしようか頭を悩ませながら眠りにつくこととなりました。しかし、翌日の朝からこんなメッセージが彼女から届きます。

当日のディナーはわたしに任せてもらえますか?

こんなことは今まで無かったのでとりあえずビックリ。そして嬉しい(笑)。一応僕は僕でホームパーティーの準備をしていたんですが、彼女なりに何かを考えてくれたみたいなので、それは別の機会にして記念日の夜のプランを彼女に任せることにしました。

ディナー

そして、続けざまに彼女から、「ジャケットは着ないでいいけど、きちっとした服装で帽子も被っちゃダメ」という命令が。まさかこれは高級ディナー?

と、このような流れで記念日のプランが決まりました。通常であれば紹介するほどでもないエピソードなのですが、彼女が頑なに拒んでいた理由や当日夜のプランを任せてと言った理由が後々起こるサプライズに関係してきます。

記念日のディズニーシーデート

ディズニーシー

では、記念日の話に移ります。

この日は画像を撮り忘れてしまいましたが、仲良しアピールをするため久しぶりにペアルックでパークへ行くことに(笑)。そして、お洒落なイタリアンレストラン「リストランテ・ディ・カナレット」へ行ったり、クリスマス仕様になったパークの夜景(イルミネーション)を色々周ったり、記念日らしいロマンチックな一日を過しました。

ディズニーシーを出た後は、「ペアルックをしたからプリクラを撮ろう」と言われていたので渋谷へ寄ることた。しかし、歩き過ぎて足が回らない状態だったため、「今日はやめておこう!」という話になり、寄り道せずまっすぐ家へと帰りました。

渋谷ヒカリエでの記念日ディナー

サプライズ

そして、日付が変わり記念日当日。

この日は前日の疲れもあったので朝からぐーったり(笑)。そんな最中、彼女が「今日の夜何食べたい?何食べたい?」としきりに聞いてきました。僕的には「きちっとした服装で」と言われていたので、お店は既にを決めてるものと思っていたのですが、聞いてみるとどうやら候補を数カ所決めただけでお店自体は決めていなかったらしい(笑)。

この調子で大丈夫なのか!?と心配になりましたが、候補のお店の紹介文を聞かされその中から、昨日も食べましたが大好きなイタリアン料理の店を選びました。

すると、彼女はお店が決まると電話を手に取り予約をし始めました。本当に決めていなかったのかと突っ込みたくなりながらも、大好きなイタリアンということもあり胸がワクワク、そしてランチを食べていなかったせいか一段とお腹が空き始めました。

こうなると、食事のことしか頭に無くなってしまい、「どこのお店なのか」「どんなメニューなのか」と彼女への質問攻めを始めます。しかし、彼女は一生懸命探したお店なので楽しみにしてもらいたいのか、場所が渋谷ということだけしか教えくれません。

が、適当に推理をしているうちに、そのレストランが渋谷ヒカリエにあるということが判明(笑)。偶然にも当たってしまい、それを知ったことで楽しみが減ってしまったので、これ以上問いただすのは止めて、「渋谷ヒカリエのイタリアン料理」という情報だけを胸にしまい込み家を出ました。

渋谷ヒカリエ

出発間際、玄関でコソコソと調べ物をしている彼女を激写

この時、彼女は何を調べていたのか。真相は今だわからず(笑)。さぁ、そして電車で渋谷へと向かい無事到着!電車から降り、彼女が向かった先はなんと!!

渋谷ヒカリエ

「渋谷ヒカリエ」

はい。知ってました(笑)。

「あの時、彼女から聞かなければ良かった」と後悔しながらも、エレベーターでレストランのある階へと向かい、彼女に引っ張られながらとあるお店の前に到着しました。やってきたお店の名前は「SESTO SENSO H」。レーガン、ブッシュ、クリントン米大統領就任晩餐会で総料理長を務めた方がやっているレストランです。

中に入って案内されたのは窓際の席。レストランがあるフロアは六階でしたが、綺麗な夜景が眺められる特等席です。もちろん、店内の雰囲気も上質で最高!!彼女の彼女の言ったとおり、ちゃんとした服を着てきて良かった思いました。ただ、彼女は無駄にドレスコードを意識したのか、フォーマル過ぎる格好をしていたので、僕との差はもちろん、周りの女性との差もありすぎてかなり浮いていました(笑)。

さぁ、そしてコースを注文して食事がスタート。肝心の料理はどうだったのかというと。

イタリアン

生ハムとチーズのなんとか(笑)

イタリアン

6種類のチーズを乗せたピッツア

ほんの一部ですが料理はこんな感じです。彼女が決めたお店は基本失敗(口に合わない)が多いのですが、このレストランは本当に美味しかった!いつも行くイタリアン料理とは違ったテイストのお店でもあるので、迷わずお気に入りに登録!!!

二人はお店の雰囲気、食事共に大満足のままレストランを後にしました。

さてこの後ですが、「お洒落をしたし、昨日撮りそこねたからプリクラを撮りたい」「イルミネーションを見に行きたい」と食事中に彼女が話をしていたので、プリクラを撮ってから表参道でやっているというイルミネーションを見に行くことに。

なので、渋谷ヒカリエを出た二人は、明治通り沿いの原宿方面へ歩き始め、運命の宮益坂下交差点へとやってきました。

突然やってきたリムジンサプライズ

宮益坂

この宮益坂下交差点付近に、プリクラが撮れるゲームセンターがあるため、まずそこへ向かいプリクラを撮ります。しかし、ここでありえないトラブルが。

この交差点付近には、二ヶ所プリクラが撮れるゲームセンターがあったので、どちらに行くかでお互いの意見が食い違ってしまいました。もちろん喧嘩では無く、彼女が遠周りをしなければいけない方に行こうとしたので、それを彼女に説明をした感じです。

がしかし、遠回りは明らかでしたが、「こっちはいつも撮りに行ってる」「こっちの方が広い」と彼女が必死に説明して、引き下がる様子が全く無ありません。今思い返せば、あの必死さは完全に怪しかったですが、僕はまぁいいかと思って、信号を渡って彼女行きたがっているゲームセンターへと向かうことにしました。

そして、信号を渡りきろうとしたその瞬間、彼女が僕の腕をぐいっと引っ張ったのです。「なんだ?」と思って引っ張られた方向を見てみると、タクシーに隠れてて一瞬わかりませんでしたが、一台のリムジンが止まっていたました。

「んんん!??」

「まさか!」と思い彼女の方を見てみると、「リムジン予約しちゃった!サプライズ!」と嬉しそうに言いながら、颯爽とリムジンに乗り込んでいきました(笑)。突然のサプライズに呆然としながらも、僕も彼女に続いてリムジンの中へ。すると中は。

リムジン

ハートの風船がびっしり、そして豪華でとにかく広い!!

「とりあえず、リムジンに乗せてくれた彼女にありがとうを言わなくては」と思い、彼女の方を見てみると‥‥。

リムジン

既にコートを脱いでおり準備万端(笑)。そして、彼女の服装を見て思った。異様に空間とマッチしていると。「レストランでの場違い感はこれだったのか」と思いながら彼女本人に聞いてみると、やはりこのリムジン用に洋服を選んでいたみたいです。

リムジン

そして、まもなくしてリムジンが出発すると、「それでは、これからリムジンの中からイルミネーションを見たいと思います」と彼女が開会宣言。というわけで突如、イルミネーションを巡るリムジンクルーズパーティーが始まりました。

リムジン

リムジンの中ではというと、景色を楽しんで、シャンパンを飲んで、たくさん笑って、目一杯はしゃいで、とにかく楽しい時間を過ごしました。そういえば途中、東京タワーと丸の内で下車をして、カメラセンス抜群の運転手さんが記念撮影をしてくれました。

ちなみに、リムジンが通ったコースはこんな感じ。

【渋谷】→【明治神宮前】→【表参道】→【六本木】→【東京タワー】→【丸の内】→【六本木】→【渋谷】

ただ、彼女によると、「記念日当日にディズニーシーの前から乗車して、レインボーブリッジを通り、優雅に渋谷へと戻ってくるプラン」だったらしい。でも、僕がディズニーシーの日にちをずらしたので、このコースに変更したみたいです。

「ディズニーシーの日にちを変更して」とお願いした時、頑なに拒んでいたのはこれが原因でした。うーん。悪いことしちゃったなぁ(汗)。

まぁ、そんなこんなで、約ニ時間のリムジンクルーズが終わりました。

リムジンクルーズの感想ですが、車内に流れる大音量のミュージックとシャンパンが二人のテンションを上げ、車内の素敵な雰囲気がロマンチックな雰囲気を作り出してくれ、窓から見える綺麗なイルミネーションがより素敵なムードにしてくれるなど、リムジン内で起こった全てが二人の記念日を最高の形で演出してくれました。

いや~、本当にリムジン最高!!

最後に

ということで、以上が四年半記念日にやってもらったサプライズの全てです。リムジンサプライズを初めて体験しましたが、絶対に喜んでもらえる内容だと思うので、誕生日や記念日に利用してみるといいと思います。

あっ、彼女がレストランを予約していなかった理由を話し忘れていました。どうやら、予約を取らないことで、この日のプランを期待させないのが目的だったらしいです。僕を油断させる為に小さな小細工まで入れてくるとは。もう完全に策士ですね(笑)。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /