サプライズ体験談

クリスマスの朝にサンタコスプレをしてプレゼントを渡してみた

サンタクロースサプライズ

今年も近づいてきたクリスマス。ただ、僕達カップルはクリスマスにプレゼントを交換するという習慣が無いので、一ヶ月前まではプレゼントのことなんて全く考えていませんでした。しかし、11月の後半にリムジンサプライズを仕掛けられ、とても素敵な時間を過ごさせてもらったことでその思いは急変。僕はこのサプライズをされた直後後、そのお返しとお礼の気持ちを込めて、クリスマスにプレゼントを贈るこを決意しました。

プレゼントは一万円以内

一万円

ということで、早速僕はプレゼント探しを開始。ちなみに今回の予算は一万円。リムジンは結構な金額だと思いますが、あまり高い物をプレゼントすると、すぐ後に控えている彼女の誕生日の豪勢さがなくなるので、この予算設定にしました。

さて、プレゼントですが、実はこの時点で一つ思い浮かぶアイテムがありました。それは部屋に飾るインテリアの時計です。こちらは彼女とショッピングした時に買おうとしていたもので、プレゼントしたら確実に喜んでくれる自信がありました。

なので、僕は早速にお店の方に時計の在庫を確認。すると、運よくまだ在庫が残されていたので、この時計をプレゼントにすることを決めました。ただ、時計の値段を見ると約四千円。予算からすると約六千円ほど足りません。なので僕は、迷うことなく彼女が喜ぶ次のプレゼントを探し始めました。

vivienne westwood

とは言ったものの、予算内で欲しいプレゼントが見つからず、気づけば一週間が経過。クリスマスまで一ヶ月程あるものの、日付が近づいて欲しいプレゼントを探ると、彼女に感ずかれてしまう可能性があるので、早くプレゼントを決めようと必死でした。

しかし、それから数日経ったある日、僕は運よく彼女が手袋を欲しがっているという情報を入手。僕はガッツポーズと共に、彼女が欲しいと言っていた、「vivienne westwood」の手袋を早速探し始めました。ただ、現実はそう甘くはありません。

実際に探してみると、このブランドの手袋の種類がとにかく多かったのです。一度お店へ行ってみたものの、やはり種類が多くどれかわからないというオチ。せっかくここまで来たのに、思わぬ壁につまずきました(泣)。

ただ、彼女にプレゼントしたら喜んでもらえるのは確実。悩んだ結果、今回はとにかく情報が少なく、このまま行っても埒が明かないと思ったので、思い切ってどんな手袋なのかを直接探ってみることにしました。

欲しい手袋を聞き出す作戦

作戦1.寒いというワードから探る

冬

まず第一の作戦です。彼女に電話をして「最近寒くない?」という話しから、彼女の欲しい手袋の話へと持っていってみることに。そして、早速夜に彼女へ電話。

  • ————-たわいもない話————-
  • 男「そういえば最近寒くない?」
  • 女「そうだね」
  • 男「風邪ひかないようにね」
  • 女「うん!わかってるよ」
  • 男「ちゃんと防寒してる?」
  • 女「あ、そういえば手袋欲しいの」
  • 男「!!!!(まじか)」
  • 男「ラジオで言ってやつ?」
  • 女「そうそう、買っちゃおうかな?」
  • 男「(買われたらまずい)」
  • 男「えーいらないでしょ。」
  • 女「そっか。そういえばこないだ(別の話になる)」

あ~終わった。まさかの急展開から、まさかの急展開で見事に作戦失敗。「買っちゃおうかな?」の後に「どんなやつなの?」で良かったのにテンパリすぎましたね(笑)。これを反省して次なる作戦へ。(クリスマス当日まで残り14日)

作戦2.デートの最中にさりげなく聞きだす

イルミネーション

最初の作戦が失敗に終わった瞬間、次の作戦に向けて動き出しました。ちょうどこの二日後に彼女とイルミネーションを見に行く約束をしていたので、聞き出すタイミングがたっぷりあると思い、自然の会話の中から聞き出すことに。そしてデート当日。

  • ————-たわいもない話————-
  • 女「寒い・・・」
  • 男「ホントだね」
  • 女「私薄着で来ちゃったよ」
  • 男「このアウター薄いの?」
  • 女「薄くは無いけど重ね着してこなかった」
  • 男「それは寒いね。着てるパーカー貸そうか?」
  • 女「いや大丈夫。(名前)が寒くなっちゃう」
  • 男「俺は手以外は寒くないから平気」
  • 女「私も手が寒い」
  • 男「手袋欲しいね(仕掛ける)」
  • 女「ほんとそれ」
  • 男「そういや手袋欲しいって言ってたよね?どんなやつなの?」
  • 女「vivienneの手袋で凄い温かいの!でも(友達)と被るから買おうか悩んでる」
  • 男「そういえばそんなこと言ってたね」
  • 女「うん。あっ、手寒いから温かい飲み物買っていい?」
  • 男「!!!」
  • 男「い、いいよ(泣)」

デザインを聞き出した時に、「友達と被るから悩んでる」という思わぬ発言をされ、良い切り替えしが出ずそのまま話しが飛んでしまった。なんという不覚。

しかも入手できたのは、「vivienneの手袋で凄い温かい」という、知っている情報とどうでもいい情報のみ。時間が経ってから手袋の話をまた出しても良かったのですが、一日に何度も同じ話をしては怪しまれてしまうので、今回はそれはしませんでした。あ、「友達と被る」というのも、手袋が欲しいと知った時点で聞いていた情報です。

あ~、これからどうしよう。ここ二日で手袋の話題を二回も出したので、とりあえずは日にちを明けてアタックするしかありません。困った。(クリスマス当日まで残り12日)

作戦3.手袋を買ったという話から探る

手袋

前回の傷がまだ癒えぬまま、次なる作戦を考え出しました。それは、「手袋を購入した」という会話から、話を広げ聞き出すというもの。もう失敗は許されないので、最初から手袋の話題を出して感ずかれるのを覚悟で攻めること。というわけで、夜に彼女へ電話。

  • ————-たわいもない話————-
  • 男「そういや今日手袋買ったんだ~」
  • 女「そうなの?どんなやつ?」
  • 男「あ、めっちゃ安いやつだよ(笑)だからそんなに温かくはない」
  • 男「(よし、ここから話を広げるぞ)」
  • 女「そうなんだ。私は今日・・・(別の話になる)」
  • 男「!!!!!!!!!!」

話を広げようと思った途端、最初と同じパターンで玉砕。こうなるともう、探る手段がありません(笑)。この時既にクリスマスまで残り一週間。僕はこれからいったい何をすれば良いのだろう。(クリスマス当日まで残り6日)

欲しい手袋が見つかった

手袋

こうなってくると次第に、「友達と手袋が被っているので別のプレゼントでいいや。そうすれば、手袋への未練が断ち切れる」そう思うようになっていました。もう頭の中は完全に無茶苦茶状態です(笑)。

しかし、そんなことを思い出した矢先でした。僕はある重大なことに気がついたのです。

手袋って友達と被ってるんだよね?
じゃあその人に聞けばいいじゃん

僕はあろうことか、その友達の連絡先を知っていました。そう、上記でやっていたずぼらな作戦は全く持って必要の無いものだったのです。なんという致命的ミス(笑)。

そうとわかった僕は、早速その友達に連絡。すると、数回のやり取りで、なんともあっけなく手袋の写真を入手。こんな簡単に手に入るなんて嬉しいのやら悲しいのやら(笑)。そして、この写真を元に商品名を見つけ出し、各店舗に在庫確認の電話をしました。

すると、三店舗目で彼女が欲しいといっていたデザイン・色のものを発見!!迷うことなく取り置きをお願いしました。しかも、店員に聞いてみると値段は六千円弱。何という強運の持ち主なのだ俺は。

というわけで、無事手袋にたどり着き、無事購入(まだしてないけど)することに成功しました。(クリスマス当日まで残り5日)

クリスマスといえばサンタクロース

サンタクローズ

プレゼントはクリスマスの五日前に決まりましたが、時間が迫っていたのでプレゼントの渡し方はそれ以前にそれとなく決めていました。その内容は、「クリスマスの朝にサンタクロース姿でプレゼントを届けに行く」というものです。

一応クリスマス当日は、デートでディズニーランドへ行く約束をしており、せっかくならその時に手袋をつけてもらいたかったので、そうなるとイブの夜かクリスマスの朝に渡す必要があります。 しかし、イヴはお互い仕事があり、何処かに出かけられる状況では無かったので、自然とクリスマスの朝に渡す流れになりました。

かつ、ディズニーランドへ行く朝は準備が忙しく、早起きもする必要があるので、そうなると難しい演出では無くシンプルな内容が好ましい。よって簡単にできるサンタクロース作戦がベストだと考えました。

ということで、この演出内容をベースに小まめな部分を詰めていき、以下のような流れでサプライズを実行することにしました。

サプライズの流れ
  • 彼女が帰宅する前に彼女の家に行きプレゼントを隠しておく
  • プレゼントを隠したら一度家を出て待機する
  • 彼女が帰ってきた時間を見計らい再び家に向かう
  • バイブの目覚ましをセッティングして就寝する
  • クリスマスの朝、セットした目覚ましで起きる
  • 用意していたサンタコスプレを着る
  • プレゼントを彼女の枕元に置き写真撮影
  • サンタコスプレを脱ぎ捨ててベッドに戻る
  • 時間が経ち彼女が起きたらプレゼントに気づく
  • 写真を見せてネタバラシ

サプライズの下準備について

下準備

当日の流れも決まったので次は下準備に移ります。今回は以下の三点を行いました。

  • プレゼントの購入
  • プレゼントの包装
  • コスプレ衣装の購入
プレゼント

一つ目のプレゼント購入は当然の工程。時計はネットで常に在庫を確認していたので、販売しているお店の近くへ行った時に購入。手袋は取り置きをお願いした次の日、つまりクリスマスの四日前に購入しに行きました。

サンタクローズ

二つ目のプレゼントの包装は、サンタクロースがプレゼントを持ってきた設定にしたかったので、お店の包装ではなく自分でラッピング袋を買ってきて包装します。今回は部屋用の時計がかなり大きかったので、特大のラッピング袋をドンキで購入しました。

サンタクローズ

三つ目のコスプレ衣装の購入は、先ほども説明した通りサンタクロースのコスプレです。こちらはラッピング袋を購入しに行った時に、衣装上下、ひげ・帽子・ベルトが付いてるものをドンキ見つけたので合わせて購入。ラッキー。

これで全ての準備が完了です。では当日の話に移ります。

サプライズ前日のクリスマスイヴ

プレゼント

クリスマスイヴは夜から合流しようと言っていましたが、彼女は仕事終わりにちょっとした予定があったので、時間の約束はしていませんでした。なので、仕事が終わった頃に連絡してみるたのですが、ここで思わぬトラブルが発生します。

なんと、仕事は終っていたものの、「友達とお茶をしてるから何時に帰るかわからない」と言い出したのです。はぁい~?イブの夜に友達とお茶ってなんやねん!!!この時は既に、クリスマスケーキを購入して自宅で待機して、いつでも出発できる準備は出来ていたのに!!!もうわけわからん(笑)。

こんなのは自分的に許されないので、「?時には絶対に帰ってきて」と彼女にもうプッシュして電話を切りました。まぁ今思うとかなり大人気なかったな。彼女よすまん(笑)。

ケーキ

その後は時間を見計らい、プレゼントやケーキを持って彼女の家へ。しかし、到着したのは約束よりかなり早い時間でした。焦り過ぎですね(笑)。

さて、この後は合鍵を使って彼女の家に入ってプレゼントを隠します。ただ、僕はここで凄く嫌な予感がしました。それは、帰宅する予定の時間よりだいぶ早いですが、もしかしたら彼女が帰ってきているかもしれないということです。

なので、ドアの後ろにプレゼントを隠し、ケーキだけ持ってドア開けました。すると、案の定家の中に彼女がいたのです。まじであぶねー!!!

サンタクローズ

とりあえず家の中に入りケーキを冷蔵庫の中へ。ただ、プレゼントは玄関の外に置きっぱなしなので、「コーラ無いよね?ちょっと買ってくるわ!」と言い外に出て、戻ってくるタイミングで素早くプレゼントを玄関の隅に隠しました。これで一安心。

この後は、特にやることが無かったのでご飯を食べたりして時間を潰しました。そして寝る時間になり、バイブの目覚ましをセットした携帯をポッケにしまい就寝。ちなみに、プレゼントを持ってきていないとをさり気なくアピールするため、わざわざ小さめのバッグで行ったりするなど、細かな演出も加えておきました。ヒッヒッヒッ

サプライズ当日、彼女の反応はいかに

クリスマス

クリスマスの朝がやってきました。朝の五時にセットした目覚ましでしたが、サプライズをするという緊張感から、その時刻のだいぶ前に自分の力で起床(笑)。僕はそのままこっそりベッドを抜け出し、玄関に隠しておいたサンタクロースのコスプレに変身。

ここで後からネタばれをした時にみせる写真をパシャり。それが上の画像です(笑)。

プレゼント

写真を撮った後は、彼女に築かれないよう音を立てずにベッドへ戻り、彼女の枕元へプレゼントを投下。ここでもネタばれ用の写真をパシャり。ただここで思わぬ展開が。

なんと、写真のフラッシュに反応して彼女が目覚めてしまいました。もうこうなったらやけクソ(笑)。「どうも!サンタクロースです」と言うなどネタ系のサプライズに変更して、彼女がプレゼントを開けるまでの一部始終を撮りまくりました。

プレゼント

プレゼントを見つけ抱きつく

サンタクローズ

プレゼントの手袋を開ける瞬間

気になる彼女の反応ですが、両方のプレゼントを開けたとたんもの凄い勢いで喜んでくれました。「なんでこれが欲しいって知ってるの?」と嬉しそうに言っていたので、彼女的には手袋の方が嬉しかったっぽいです。一生懸命探したかいがありました。

あ、それと何でプレゼントがあるのかも気になっていました。家に来た時は手ぶらだったので、その反応になるのは当然ですね。きっと彼女は家に来た時に、「プレゼントは無いのか」と思って落ち込んでいたのかもしれません。小さいバッグ作戦も大成功!!

プレゼントを開け終わった後ですが、僕は彼女がプレゼントに夢中になっている間に玄関へ戻りコスプレを脱ぎ去りました。そして、「トイレに行ってたから何も知らない」という体にして、「あれ?サンタクロース来たの?」と言い振舞いました(笑)。

「いや、サンタはあんたでしょ!」と普通に突っ込まれましたが、設定上サンタクロースが来たことにしたかったので、「俺じゃないよ!」と冗談っぽく否定し続けました。

手袋

本当のところプレゼントを置いたことには気づかず、「俺サンタクロース見たよ!」と言って、コスプレの写真とプレゼントを置く姿の写真を後から見せるつもりでしたが、多少なりと起きてしまうことも想定していたのでこれはこれで面白い落ちになりました。でも冷静に考えると、暗い中でフラッシュをたいたら人間は起きますよね(笑)。

サプライズ成功!そしてディズニーランドへ

サンタクローズ

というわけで、本来の予定とは若干違う落ちになってしまいましたが、サンタクロース姿で朝プレゼントを届けに行くというネタ系のサプライズは、見事大成功に終わりました。あ、もちろん彼女は、嬉しそうにディズニーランドへ手袋を持って行ってました。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /