サプライズ体験談

ディズニー好きな彼女が喜ぶ誕生日サプライズを仕掛けてみた

誕生日プレゼントもディズニーを絡ませる

プレゼント

まず、最初に取り掛かったのはプレゼント選びです。

例年だとある程度プレゼントしたいものが決まっていましたが、今年はコレと言ってプレゼントしたいものが無かったので、ゼロの状態からプレゼント選びがスタート。なので、「彼女がどんなモノを欲しいと思っているのか」をまず知るため、セオリー通りに彼女と買い物へ行き、どことなく欲しい物を伺う作戦を取ることにしました。

しかし、この作戦を思い付いた後に行ったディズニーデートで、嬉しいことに偶然にも彼女に渡したい誕生日プレゼントが決まります。それはディズニーの映画セットです。一見すると微妙なプレゼントかもしれませんが、五年彼女を見てきた自分の直感、そして以下の複数にも及ぶ要因からプレゼントに適していると感じました。

このプレゼントを選んだ理由
  • 単純にディズニー映画が好きだから
  • 頻繁にディズニー映画をレンタルしてるから
  • 「ディズニー映画を揃えたい」と言っていたから
  • 「部屋をディズニーグッズで溢れさせたい」と言っていたから
  • 暇があれば家で何かしらの映画を見ているから
  • 「ディズニーを絡ませる」というテーマにも合致するから

予定していたサプライズができない

シェフミッキー

プレゼントの次は当日のプラン決めです。

今回は数日間に及んでテーマを考えたので、その時にはある程度のプランが頭の中で出来上がっていました。そのプランがこちらです。

誕生日プランの流れ
  • 彼女が家を出る
  • 彼女が家を出た後に部屋を飾り付けする
  • 飾り付けの中に二つのプレゼントを紛れ込ませる
  • 何事も無かったように彼女と合流する
  • 誕生日記念のプリクラを撮る
  • ディズニーに行くと見せかけてタクシーに乗る
  • 予約していた「表参道うかい亭」に行く
  • ディズニーランドで遊ぶ
  • 自宅に帰ってきて部屋の飾り付けに驚く
  • 用意していた手紙を渡して読んでもらう
  • 手紙の途中に書いてあったプレゼントのヒントを見る
  • ヒントから目の付けやすい場所にあるダミープレゼントを見つける
  • 落ち着いたところでメインプレゼントを見つけさせる

本当はディズニーを絡めるという意味で、彼女が以前から行きたいと言っていた、「シェフミッキー」に連れて行く予定でしたが、運悪く予約が取れなかったので、その代行プランとして、二人の思い出のレストランでもある「表参道うかい亭」へ行くことに。

こちらはテーマに沿っていない以外は、ミシュランで星も獲得する高級店なので最高の場所なのですが、サプライズという点では予約の取りにくいシェフミッキーが勝っていたので、このブログで以前紹介した、「行き先は内緒!事前予約でドキドキを味わわせるタクシーサプライズ」を絡めて、サプライズさを加えることにしました。

なお、彼女が泊まりたいと言っていた、「東京ディズニーランドホテル」への宿泊も考えましたが、こちらは莫大な費用がかかるので予算的に諦めることに。まぁ、このプランを入れたら優に十万円を超えるので仕方ないですね(笑)。

シェフミッキーとは

ディズニーアンバサダーホテル内にある完全予約制のレストラン。ここではミッキーを含めたディズニーキャラクターと、触れ合いながら食事を楽しむことができる。その人気からとにかく予約が取りづらいことで有名。

プレゼントの渡し方(紹介編)

飾り付け

では、次にプレゼントの渡し方についてです。

「ディズニーを絡ませた誕生日サプライズ」というテーマなので、ディズニーランドでプレゼントを渡しても良かったのですが、既にあるアイデアが頭に浮かんでいました。それは、「部屋の飾り付けに二つのプレゼントを紛れ込ませておく」というプランです。まぁ簡単に言うと、ダミープレゼントサプライズですね。

このサプライズで最も大切なことが二つあります。それは、「手紙の中身」と「二つのプレゼントの紛れ込ませ方」です。

手紙の中身について

手紙

ではまず、「手紙の中身」についてから説明していきます。手紙は基本的に誕生日を祝う内容を書いていくのですが、手紙の最後の部分に下記のような内容を記しておきます。

手紙の後半部分

「見えるところに用意しておいたプレゼントには気づいた?ディズニー部屋にしたいって言ってたから、 コレクションの一部としてこのプレゼントを使ってね」

上記の文章は、当然メインプレゼントのことを指しているのですが、ダミープレゼントもこれに当てはまる場所、しかもより見つけやすく分かりやすい場所に隠しておきます。

これにより、先にダミープレゼントを見つけた相手は、手紙にあった場所と合致するし、高級レストランでの食事もあったし、「もうプレゼントが無い」と勘違いをするので、メインの誕生日プレゼントを受け取った時により驚きます。

プレゼントの紛れ込ませ方

プレゼント

そして、「二つのプレゼントの紛れ込ませ方」についてです。

まず、ダミープレゼントですが、こちらは彼女が大好きな映画「塔の上のラプンツェル」のジグソーパズルにして、それを部屋の壁(彼女の部屋には既に別のジグソーパズルが飾られているのでその場所)に掛けておきます。

メインプレゼントのディズニー映画セットは、一つ一つを文字に包装して堂々とテーブルの上に置いておきます(上記画像参考)。これにより、誕生日バナーと同じような役割と見た目になり、外見だけではプレゼントと思わせない事ができます。

さて、このような場所に二つのプレゼントを隠した場合、手紙を読んだ彼女はどちらを先に見つけるでしょう。きっと彼女は、部屋中をジーッと見渡して、目立つ位置にあるジグソーパズルに先に目が行くはず。そして、手紙の内容とも合致しているので、彼女はの手紙に書いてあるプレゼントはパズルだと確信するというわけです。

このプランの意図

「目の前にあった飾り付けの一部がプレゼントだった」という意外性

家のどこかに隠しておいたプレゼントを渡すよりも、堂々と目の前に置いておいたモノがプレゼントだった方が、驚く要素が強くサプライズになるから。

「プレゼントはもう無い」と油断されることができる

ダミープレゼントを先に渡しておくと、相手にもうプレゼントが無いと思わせることができるので、メインプレゼントを渡した時に喜んでもらいやすくなるから。

ディズニー部屋を体現できる

彼女は常々、「部屋をディズニー仕様にしたい」と話していたので、飾り付けでその雰囲気を演出すれば、彼女の夢を少しでも叶えることができるから。

なお、メインプレゼントに気づかせる方法は、特には決めずその場の流れで行うことにしました。その理由としては、既にプレゼントに対して無警戒な状態になっているので、変に注目させてしまうと警戒されてしまうからです。

なので、その場の雰囲気を見て自然な形でプレゼントを開けさせることにしました。

ディズニーランドでのプラン

ディズニー

今回はプランの半分以上をディズニーランドで過ごしますが、ここでサプライズを行うわけではないので、プランの中の重要度は高くありません。ただ、そうは言っても、いくつかの取り入れたいプランがあるので、そちらを紹介していきたいと思います。

ディズニーランドでのプラン
  • プライオリティシーティングを申し込む
  • ミッキーの家とミート・ミッキーに行く
  • ミッキーのフィルハーマジックに行く
プライオリティシーティング

一つ目が、「プライオリティシーティングを申し込んでおく」ことです。こちらはレストランの待ち時間を短縮できるシステムで、事前に申し込みを行うことができます(詳しくは下記のリンクをチェック)。やはり、誕生日にレストランで待たせてはスマートではないので、内緒でこのシステムを申し込んでおけば喜んでもらえます。

また、今回利用するイーストサイド・カフェでは、誕生日の人に対して行われるサプライズがあり、それも目的の一つです。こちらについては当日の話の時に紹介します。

ミッキー

二つ目が、「ミッキーの家とミート・ミッキー」に行くことです。こちらはミッキーに会うことができる場所で、選んだ理由もこちらになります。やはり、ディズニー好きの彼女なので、誕生日にミッキーに会えれば喜ぶし、運が良ければ誕生日をお祝いしてるようなジェスチャーもしてもらえるので、誕生日には外せないスポットと言えます。

ミッキーのフィルハーマジック

三つ目が、「ミッキーのフィルハーマジック」に行くことです。こちらはディズニー映画の世界をドナルドと一緒に巡るアトラクションなのですが、とある理由があったので選ばせて頂きました。それは彼女がディズニー映画を見たい気分になるから。

彼女はこちらを乗り終わった後に、「(アトラクション内に登場する)ディズニー映画を見たい」と高確率で言うので、今回もこれと同じ気持ちにさせれば、プレゼントであるディズニー映画を渡された時に、より嬉しく感じさせることができると思いました。

ということで、このプランを取り入れることに。もちろん、プレゼントに選んだ映画も、こちらで登場する作品を抑えておいたのは、言うまでもありません。

僕が考えるディズニーランド内のプランは以上。後は、当日彼女の行きたい場所を自由に回っていくことにしました。

サプライズの下準備

下準備

当日のプランが決まったので次は下準備に移ります。今回は以下の五点を行いました。

下準備で行ったこと
  • プレゼントを購入する
  • プレゼントの包装
  • 風船を膨らませる
  • 各プランの予約
  • 招待状の制作
  • 手紙を書く
プレゼント

まず一つ目が、プレゼントの購入です。今回はディズニー映画セットということで、計12枚のブルーレイを用意。枚数に強いこだわりはありませんが、こちらを包装して誕生日メッセージを作るので、そちらを考えながらこの枚数にしました。

ダミープレゼントのジグソーパズルは、飾っておく必要があるので2000ピースを必死こいて組み立てました。多分、この作業が一番しんどかったと思います(笑)。

プレゼント

二つ目が、プレゼントの包装です。ここではブルーレイ一枚一枚を、「プレゼントの紛れ込ませる方法」で紹介したように包装していきます。作り方は赤の画用紙でブルーレイを包み、黄色の画用紙で文字を作っていく感じです。ちなみに、こちらはトイ・ストーリーのロゴを意識しています(笑)。

そして最後の一枚は、彼女の大好きな映画「塔の上のラプンツェル」にしたかったので、彼女の顔をかたどった紙を貼り付けた特別仕様の包装にしました。

風船

三つ目が、風船を膨らませるです。こちらはまだ説明していませんでしたが、「無数の風船を部屋に散りばめる」という飾り付けを行うため、この作業を行います。なお、このような飾り付けは初めてだったので、何個用意すれば良いのか分かりませんでしたが、多めに見積もっておいて損は無いと思い、二百個の風船を用意しました。

ちなみに、この飾り付けにした理由は以下の通りです。

風船をばら撒くプランにした理由
  • 素早く準備ができるから
  • 無数の風船はインパクトがあるから
  • ディズニーのファンタジー感を出せるから
予約

四つ目は、各プランの予約です。今回はレストラン、タクシー、プライオリティシーティングの予約を行いました。

レストランは、食事のコースも同時に予約。これにより、当日スマートに食事を進めることができます。また、今までレストランで誕生日をお祝いしたことが無かったので、食後に誕生日ケーキが出てくるという、定番のサプライズも同時にお願いしました。

タクシーは、上記でも紹介したように、「行き先は内緒!事前予約でドキドキを味わわせるタクシーサプライズ」と全く同じ方法で行うので、詳細はリンク先で確認して下さい。なお、今回は待ち合わせ場所である渋谷を送迎場所にします。

プライオリティシーティングは、人気があるので予約開始日に申し込まないと枠が埋まってしまっている可能性もありましたが、運が良くプランが確定した時点で枠がまだ空いていたので、急いで申し込みを行いました。

招待状

五つ目は、招待状の制作です。上記では紹介していませんでしたが、面白いと思ったのでフォトショップを使い急遽制作。上記画像を見てもらえばわかるように、トイ・ストーリーをイメージ。これにより、「ディズニーを絡ませる」というテーマにも合致します。

手紙

六つ目は、手紙を書くです。今回は時間も余っていたので、招待状と同じデザインの便箋を制作して、そちらに文章を記すことに。そして、この手紙で忘れてはいけないのが、「キーワード」を入れることです。手紙の内容は彼女への気持ちや寒暑の言葉が中心ですが、こちらについては手紙の最後に忘れずに入れました。

長くなりましたがこれで下準備は終了。後は、当日を迎えるだけです。

最後に

ということで、以上が今回のサプライズを実行するまでの全容です。多少妥協点のあったサプライズでしたが、満足の行く内容になって良かったかなと思います。個人的には、地味にタクシーサプライズがおすすめなので、タクシーを利用する予定のある方は是非参考にしてみて下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage