その他

結婚を決めた男性必見!女性が喜ぶプロポーズのタイミング11選

プロポーズのタイミング

プロポーズをする日は明確に定められているわけではないので、初めてプロポーズをする人にとっては、タイミングが分からなくて当然の話です。ましてプロポーズは、人生を大きく変える大切なイベント。失敗は許されないというプレッシャーから余計に考え込んでしまう人もいるでしょう。なので今回は、そんな悩みにお答えして、女性が喜ぶプロポーズのタイミングを紹介していきます。今まさにプロポーズのタイミングに悩んでいる方は、是非に参考にしてみて下さい。

プロポーズのタイミング11選

二人が付き合った記念日

付き合った記念日

定番のプロポーズのタイミングと言えば、二人が付き合い始めた記念日です。こちらは二人の人生が交差し始めた特別な日なので、カップルの数ある記念日の中でも最も重要視されています。そのため、そんな特別感のある日にプロポーズを受けたいと意見する女性が非常に多く、記念日を大切にする女性にとって最も憧れるプロポーズのタイミングとなっているのです。

ただし、交際記念日は女性側が記念日と覚えている可能性が非常に多いので、交際歴が長かったりすると、「今日プロポーズされるのではないか」と女性に身構えられてしまうことがあります。そうなると、完全に相手の不意を付くのは難しくなるので、思い出に残るようなサプライズプロポーズしたい場合は、彼女のハードルを越えるような演出が必要です。

おすすめの演出

レストランでプロポーズ

高級レストランは、最高の雰囲気の中プロポーズができるので、名実共におすすめ度の高いプロポーズ場所です。また、こちらは記念日デートの定番コースなので、自然な流れで呼び出せるというのもポイントが高いです。

誕生日

誕生日

もう一つの定番と言えば、彼女の誕生日にするプロポーズです。もともと誕生日は唯一無二の日ですが、そんな日をもっと特別な日にするこのプロポーズは、女性からの支持も厚く、理想のプロポーズのタイミングに多く挙げられます。また、男性目線から見ても誕生日を祝う流れの中で行えるので、準備がしやすくおすすめな日と言えます。

そして、稀ではありますが男性の誕生日にプロポーズをしてしまうケースもあります。この場合だと誕生日プレゼントを貰ってすぐに、「プレゼントありがとう、実は僕も君にプレゼントがあるんだ」と言って、スマートに婚約指輪を差し出すのがシンプルでおすすめです。きっととびっきりのサプライズプロポーズになることでしょう。

おすすめの演出

シンプルにプロポーズ

彼女の誕生日なので、プロポーズの演出は無数にあるのですが、ここではあえてシンプルなプロポーズをおすすめします。それは、誕生日プレゼントを渡した後に、「これとは別にもう一つプレゼントがある」と言って婚約指輪を差し出すと言うもの。よく聞くベタなシーンですが、シンプルがゆえ女性が素直に喜べるプロポーズです。

二人が出会った日

出会った日

二人が出会った日は、女性でもなかなか覚えていない忘れがちな記念日なので、記念日を覚えてくれていることに喜びを感じる女性にとって、この日のプロポーズは嬉しくならないわけがありません。また、プロポーズをするタイミングの面見ても、二人を引き合わせた特別な日という、文句の付けようがない絶好のタイミングなので、個人的にはかなりおすすめしたいプロポーズです。

ちなみに、このタイミングでプロポーズをするなら、相手に悟られないようサプライズ気味に行うのがおすすめ。きっと、この日であれば相手も身構えていないと思うので、突然のプロポーズに驚き、そして喜んでくれることでしょう。

おすすめの演出

出会った場所でプロポーズ

二人が出会った日を選ぶ場合は、その出会った場所へ赴きプロポーズをすることで、よりロマンティックなプロポーズになります。ただ、普段訪れない場所だと、突然連れて行くことで相手に身構えられる可能性があるので注意が必要です。

クリスマス

クリスマス

カップルにとって誕生日や記念日並みに重要なイベントなのがクリスマスです。この日は街中全体がイルミネーションに灯され素敵な雰囲気を演出してくれる、一年で最もロマンティックな日なので、このタイミングでのプロポーズは女性からも支持も厚いです。また、男性目線から見ても、雰囲気の良いレストランやイルミネーションの下など、場所や演出方法が無数のようにあるので、プロポーズのし易いおすすめな日と言えます。

おすすめの演出

高級ホテルを予約してプロポーズ

この場所なら、二人っきりになりつつロマンチックな雰囲気の中プロポーズが出来るので、クリスマスに相応しい最高のシチュエーションと言えます。ただ、高級ホテルになるとクリスマス料金で宿泊代が跳ね上がるので注意が必要です。

バレンタインデー

ホワイトデー

日本では女性から男性にチョコレートを送る文化が根付いていますが、世界に目を向けてみると実は男女に縛りはなく、愛や感謝を伝える日として広く認識されています。そのため、日本での常識を度外視して、バレンタインデーにプロポーズをしても何ら問題はなく、むしろ相手の思ってもいないタイミングでプロポーズができるので、相手を喜ばせるプロポーズにはもってこいな日と言えるでしょう。

ただ、この日に関しては、彼女側が彼氏を喜ばせようと何かを考えていることもあるので、その日の主導権は彼女に握らせてあげることを忘れてはいけません。これを守らないと自分勝手な人と思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

おすすめの演出

デートの終盤にプロポーズ

注意点に書いたように、彼女の計画を邪魔したらいけないので、彼女のプランが終ったのを見計らって、「海外では男性もプレゼントを渡して良い日らしいから用意してみた」と言って、婚約指輪を差し出しましょう。

ホワイトデー

ホワイトデー

3月14日は一般的にホワイトデーとして知られていますが、3.14から始まる円周率の日でもあります。円周率はご存知の通り、永遠に割り切れない数字ですが、一部の男性はこれになぞらえて、永遠に愛が続くようにという意味を込めてホワイトデーにプロポーズをしています。よく考えたものですが、女性はこういったロマンチックな事に弱いので、プロポーズのタイミング的には面白いアイデアと言えます。

もちろん、バレンタインデーのお返しにプロポーズという最もらしい理由もあるので、上記を踏まえなくともプロポーズには最適の日です。

おすすめの演出

チョコを作ったと見せかけプロポーズ

「バレンタインのお返しにチョコレートを作ってきたよ」と言って、婚約指輪が入った箱を相手に渡せば、不意を付かれて喜んでもらえること間違いなし。こちらは下記のページで詳しく紹介しているので、興味のある方はそちらをご覧下さい。

七夕

七夕

七夕の夜は一般的に、彦星と織姫が天の川を渡り一年に一度だけ会える特別な時間と言われています。そんな誰しもが憧れる素敵な時間にプロポーズをすれば、ロマンチック好きな女性は喜ばないわけはありません。また、プロポーズの演出としても、願い事をする短冊を使ったアイデア、天の川(星)を関連付けたアイデアなどいくつかパターンもあるので、素敵なプロポーズができる良いタイミングでもあります。

おすすめの演出

短冊を使ってプロポーズ

こちらは用意した短冊に願い事を書き、お互いに見せ合うタイミングで、短冊にくくりつけた婚約指輪と「結婚しよう」の願い事に気づかせるというもの。こちらも下記のページで詳しく紹介しているので、興味のある方はそちらをご覧下さい。

遠距離カップルが久しぶりに会う日

遠距離カップル

遠距離恋愛をしているカップルであれば、久しぶりに会うタイミングがプロポーズの狙い時です。何故なら、彼女側が少なからずプロポーズを期待しているので、プロポーズへの期待値が大きい分、成功率も高くより効果的だからです。ただ、誕生日やクリスマスなどの特別な日ではないので、女性の憧れるタイミングとはかけ離れる可能性があります。そのため、それを忘れさせるような素敵な演出でプロポーズを行いましょう。

ただ、会いに行ってプロポーズをする場合、距離的に離れていることから準備面でかなり手間がかかるので、こちらには十分注意が必要です。

おすすめの演出

別れる少し前にプロポーズ

別れの時が近づいてくると、寂しくなりやすく離れたくない気持ちが膨張しているため、このタイミングでプロポーズをすれば、色々な感情が混ざり合い、嬉しさが爆発する可能性があります。そういう感情にさせると相手の心に残りやすくなるので、相手の一生忘れない思い出深いプロポーズになることでしょう。

いい夫婦の日(11月22日)

遠距離カップル

いい夫婦の日は、入籍する日として人気がありますが、いい夫婦になろうねという言葉を込めれば、心がホッコリしてしまうような素敵なプロポーズになるので、プロポーズのタイミングとしても十分おすすめできます。また、翌年のこのタイミングで籍を入れれば、プロポーズの日と結婚記念日が一つの記念日としてまとめられ、忘れやすいプロポーズの日をずっと忘れない特別な日にすることができます。

おすすめの演出

プロポーズの言葉にこだわる

演出はどんな内容でもいいですが、せっかくいい夫婦の日にプロポーズをするので、「将来はいい夫婦になろう」のようなプロポーズ言の葉を相手に伝えましょう。そうすれば、よりスマートなプロポーズになるはずです。

新年のカウントダウン直後

カウントダウン

あまり一般的なタイミングではありませんが、年が明けた喜びとプロポーズされた喜びが重なるので、女性側からしてみるとそれはそれはハッピーな年の幕開けになることでしょう。また、新年を祝うカウントダウン直後は、テンションが上がっている状態なので、その雰囲気と勢いのままプロポーズをすれば、良い返事が返ってくれる可能性が高いです。そういった面でもこのタイミングはおすすめと言えます。

おすすめの演出

イベント会場でプロポーズ

場所によっては、新年を迎えたと同時に花火を打ち上げるようなところもあります。そういった場所であれば、最高の雰囲気の中プロポーズが出来るので、人ごみになる可能性は高いですがおすすめなプロポーズ演出と言えるでしょう。

(番外編)プロポーズの日

プロポーズの日

番外編として紹介するのが、日本ブライダル協会が制定したプロポーズの日(六月第一日曜日)です。こちらは、六月に結婚をすれば幸せになるジューン・ブライドにちなみ、なかなかプロポーズに踏み出せないカップルのきっかけとなる日になるようにという願いが込められ制定されました。そのため、プロポーズのタイミングに悩んでいるようなら、この日(込められた願い)を一つのきっかけにしてプロポーズをしてみるのも良いかもしれません。

なお、こちらは一般的なプロポーズのタイミングでは無いので、今回は番外編として紹介させていただきました。

最後に

いかがでしたでしょうか。女性には憧れるプロポーズが必ずあるので、これを参考に彼女に合ったプロポーズのタイミングを見つけてみて下さい。そうすれば、きっと彼女が喜ぶプロポーズが出来ることでしょう。なお、別の記事では女性が憧れるプロポーズの場所なども紹介しているので、プロポーズを計画している方はこちらも是非参考にしてみて下さい。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /