サプライズアイデア

アイデア勝負!オリジナル新聞を作り相手を驚かせる朝刊サプライズ

オリジナル新聞

友達が新聞に載ると気化されていたのでチェックしてみると、『(彼氏)が結婚を決めた』という内容が書かれていた。何だと思い彼氏の方を振り向くと、彼氏から愛のプロポーズを受けた。

今回は当日プランの繋ぎとして行う新聞サプライズを紹介します。この演出は、オリジナルで制作する新聞を使い、誕生日プレゼントを渡す時やプロポーズの事前告知して驚かせる内容になっています。サプライズ実行まで多少の手間はかかりますが、思いも寄らない演出になっているので、成功する可能性は非常に高いと言えます。新聞の記事によって様々な展開を作ることができるので、手の込んだサプライズをしたい方におすすめです。

『サプライズ』の下準備

アイテム
事前にやっておくこと
  • 当日のプランを考える
  • オリジナル新聞を制作する
  • 新聞を見させる口実を考える

当日のプランについて

プラン

このサプライズは、『新聞を使って次に起こすプランを予告する』ことがメインなので、サプライズ後に行う当日プランをまず考える必要があります。と言っても、そのプランは相手の喜ぶものでなければいけないので、やれることはかなり絞り込むことができます。下記に主なプランを載せておくので、そちらを参考に考えてみて下さい。

サプライズ後の主なプラン
  • プレゼントを渡す
  • プロポーズをする
  • 相手の行きたい場所に連れて行く
  • 相手が喜ぶことを報告する

オリジナル新聞について

新聞

今回のサプライズで使用するオリジナル新聞は、その名前の通り『自分の好きな内容で制作をすることができる新聞』のことを指します。こちらはオリジナル新聞専門の会社があるので、そちらを利用して制作することができます。下記でもいくつかの制作会社を紹介しますが、ネットで調べると同様の会社がいくつか存在するので、価格やサービス内容を比較して選ぶようしましょう。

オリジナル新聞が作れるサイト

新聞の内容について

新聞の内容は先ほども述べたように、『新聞を見せた後に行うプランを告知するモノ』でなければいけません。ただし、それさえ守れば内容次第で様々な演出が可能なので、そのプランに合ったモノを考えて制作してみて下さい。一応イメージがより沸くように、下記で簡単な例を紹介したいと思います。是非そちらも参考に考えてみて下さい。

オリジナル新聞の内容例

プロポーズの場合

『(自分の名前)、ついに結婚を決意!』と見出しに付け、本文部分に相手への想いや今までの印象に残る思い出話などを記載しておきます。そして、相手が全文読み終わったところで、愛の告白と共にプロポーズをします。

誕生日プレゼントを渡す場合

『クローゼットの下に謎のお宝が眠る』と見出しに付け、本文部分に相手への誕生日メッセージを記載しておきます。そして、指示されていたクローゼットの下部分を見ると、かねてから欲しいと言っていたプレゼントが現れます。

新聞を見させる口実について

新聞

本人自ら新聞を取っていれば、朝早くに紛れ込ませておくことで、自然と読む流れに持って行けますが、若い世代だと新聞を取っていなかったり、実家住みで家族が取っていたとしても読まずに終わってしまうのが現実です。しかし、そういった場合でも何とかして読ませなければいけないので、相手が興味を持つような口実を考えなければいけません。

おすすめの口実

この口実はどんなものでも構いませんが、共通の友人に協力してもらい、『その共通の友人が新聞に載るという嘘の情報』を事前に伝えておく方法がおすすめです。これなら、新聞を見させることへの不自然さが無くなり、自ら興味をもたせることもできます。

ただ、このパターンの場合、友人が新聞に載る話を二人の間で共有しておかないと、スムーズな形で新聞を読ませることが出来ません。 なので、サプライズ当日までにその話をして、二人の共通の話題としておきましょう。また、共通の友人に伝えてもらう時に、日付と新聞社を先に伝えてしまうと、その日一番にチェックされてしまいサプライズの仕掛けが出来ない可能性があるので、新聞に載ることだけを伝えてもらうようにして下さい。

このパターンの流れ
  • 共通の友人に、自分が新聞に出ることを相手に伝えてもらう
  • 二人でその話を共有する
  • 当日、「新聞に出ていた」と言いオリジナル新聞を見せる

新聞サプライズの手順

手順

サプライズ当日、新聞を買ってきて制作したオリジナル新聞を挟んでおきます。家で新聞を取ってる場合は、相手がその新聞を見る前に挟んでおくか、取っていない新聞を買ってきて挟むのがおすすめです。そしてこれが無事終了したら、友人が今日の新聞に出てることを伝えて、相手にオリジナル新聞が挟まった新聞を読ませましょう。

何の疑いも無く新聞を読み始めると、中から自分へ宛てたサプライズな記事が現れます。唖然としてしまうと想いますが、最後まで相手に記事を読ませてください。そして全て読み終えたら、事前に計画していたプランで更に相手を驚かせ、喜ばせてあげましょう。

サプライズの後は思い出の品に!

サプライズが終わった後は、このオリジナル新聞が『二人の思い出の品』になります。手作りアルバムなどから分かるように、一生懸命企画して作ったものは相手に気持ちが伝わりやすいので、一生の宝物として相手の心の中にも残ることでしょう。こういった、その場限りの演出じゃない点もこのサプライズの素晴らしいところだと思います。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /