サプライズアイデア

自分用のクリスマスプレゼントでかく乱!サンタクロースサプライズ

サンタクロース

クリスマスの朝、「サンタクロースが来た!」と言われ目覚めてみると、二人にプレゼントが届いていた。しかし、よく見てみると恋人からのサプライズプレゼントだった。

今回はクリスマス限定のサンタクロースサプライズを紹介します。この演出は、ネタばれがあっという間に訪れてしまいますが、サプライズ慣れしていない人なら高確率で騙されてしまうユーモアに溢れたサプライズです。また、内容自体もかなり簡単なので初心者にも手軽にできてしまうのもおすすめなポイントと言えます。クリスマスにぴったりな面白演出なので興味のある方は是非挑戦してみて下さい。

『サプライズ』の下準備

アイテム

当日の予定を確保する

今回はクリスマスの朝の目覚めた時に仕掛けるサプライズなので、当日のその時間に相手と一緒に過ごせるよう予定を確保する必要があります。ただ、恋人や夫婦間であればクリスマスは一緒に過ごすと思うので、「イブは泊まりでクリスマスパーティーをやろう」などと自然な流れで予定を確保するようにしましょう。

メッセージカードの制作

誰からのプレゼントなのかが見て分かるようにメッセージカードを用意します。ただ、簡単にネタバレしては面白くないのでカードには、「メリークリスマス!プレゼントを届けにきたよ!」のような文章を書いておき、宛名と差出人として自分の名前とサンタクロースの名前をもじった名前を記載しておきましょう(例、太郎⇒サンタロース)。なお、こちらは相手用と自分用が必要になるので二つ用意して下さい。

事前にやっておくこと
  • 当日の予定を確保する
  • プレゼントを購入する
  • メッセージカードの制作

プレゼントについて

プレゼント

今回のサプライズは、クリスマスプレゼントを渡す時に行う演出なので、当然ですがプレゼントを用意しなければいけません。なので、相手の欲しがっているアイテムをしっかりとリサーチして、最高のプレゼントを用意してあげましょう。また、今回は自分へのプレゼントも購入する必要があります。こちらは基本的にどんな物でも構わないので、年末の自分へのご褒美として何か欲しいものを用意して下さい。

そして、プレゼントを二つ用意したら、同じ包装でプレゼントをラッピングします。こちらがサプライズの肝となるので、この工程を忘れずに行いましょう。

サンタクロースサプライズの手順

手順

サプライズ前日、予定していた通りに相手と過ごしそのままどこかでお泊りをします。なお、自分の家以外でお泊りをする場合は、相手に気づかれないようプレゼントを持参する必要があります。ここで気づかれたら全てが水の泡なので十分注意しましょう。そして、クリスマスの朝、相手より早く起床し枕元にプレゼントを置いて下さい。

プレゼントを配置したら、「サンタさんが来た」と言って自分用のプレゼントを見せながら相手を起こします。相手がプレゼントを確認すると、確かに相手の名前が入ったメッセージカードがくっついています。そして透かさず、「(相手の名前)にはプレゼント来てないの?」と言いプレゼントを探させましょう。

すると枕元から相手用のプレゼントが見つかります。自分にも相手にもプレゼントが届いているので、「本当のサンタクロースが来た!」と一瞬錯覚しますが、一緒にくっついているメッセージカードを見ると、見覚えのある字体と相手の名前をもじったサンタクロースの名が書いてあります。相手がこれに気づいたらネタばらしをしましょう。

サンタクロースと勘違いさせるサプライズ

寝起きの思考回路が停止している時を利用して、「サンタクロースが来た」と思わせる仕組みになっています。サプライズ慣れしていなかったこのブログの著者も、見事に騙されたアイデアなので、早起きが得意な人は是非やってみてください。ちなみにその時の記事は、下記の記事で詳しく記載しているのでそちらもあわせてご覧下さい。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /