サプライズアイデア

絵師にシチュエーションを描いてもらう似顔絵サプライズプロポーズ

似顔絵

記念日に訪れた二人の思い出の場所に一人の似顔絵師がいて、思い出作りの為に似顔絵を描いてもらうことにした。そして完成した絵を見ると『結婚してください』と言ってひざまずいている彼氏の姿が描かれていた。「なんだ」と思い彼氏の方を見てみると、絵と同じポーズにていてそのままプロポーズをされた。

今回はプロポーズの瞬間を予告する似顔絵サプライズプロポーズです。この演出は、海外などでよく行われているサプライズで、特に難しい工程がないので誰でも簡単に行うことが出来ます。しかし、簡単でありながらもその喜び度と驚き度はかなり期待できるので、サプライズという言葉にぴったりな演出です。日本ではあまり馴染みがありませんが、是非とも皆さんに試してもらいたいので、興味がある方は是非挑戦してみて下さい。

『サプライズ』の下準備

アイテム

似顔絵を描いてくれる絵師を探す

今回のサプライズは、似顔絵が必要になるので描いてくれる絵師を探す必要があります。ただ、サプライズの演出上、描いてもらう似顔絵にある仕掛けを施さなければいけないので、ある程度自由の利く絵師でなければいけません。とりあえず、気になる絵師がいたら下記で説明するサプライズを伝え、実践可能かどうかを聞いてみて下さい。

事前にやっておくこと
  • 似顔絵を描いてくれる絵師を探す
  • プロポーズのあれこれを決める

プロポーズについて

プロポーズ

プロポーズは二人の人生を大きく変える重要なシーンでもあるので、深く心に刻まれるような最高のシチュエーションを作り出すのが理想と言えます。なので、プロポーズのタイミングや場所、言葉などはしっかりと考えておくようにしましょう。なお、これらについては下記の記事にまとめてあるので是非参考にしてみて下さい。

似顔絵プロポーズについて

似顔絵

matt hutchinson

サプライズの手順を紹介する前に、この演出がどういったものかをお教えしておきたいと思います。この演出は、『似顔絵師にプロポーズをしているシーン』を描いてもらい、それを見せた後に全く同じシチュエーションでプロポーズをするというものです。予告的な要素があるので、サプライズプロポーズとしてはぴったりな演出方法です。よく内容がわからないという場合は、別ページで紹介したムービーをご覧下さい。

似顔絵プロポーズの方法

パターン1.その場で似顔絵を書いてもらう

似顔絵

Tekke

こちらは上記に載せたリンク先と同じタイプです。デート先にスタンバイしている絵師にプロポーズのシーンを描いた似顔絵を書いてもらい、その後プロポーズをするという内容です。このパターンの場合は、似顔絵を描いてくれる似顔絵師を事前に探し、『当日にこういった絵を描いてください』という趣旨を伝えておく必要があります。サプライズの流れ的にはおすすめですが、プロポーズをしたい場所に絵師を呼ぶ必要があるので、必ずしも好きな場所でできるわけではないのが少し残念な点です。

ただしあまり場所にはこだわらず、ただ純粋に似顔絵サプライズでプロポーズをしたいのであれば、商業施設の中や街中の路上でやっている似顔絵師、専門の似顔絵店などに頼めば簡単にできるのでおすすめです。

サプライズの手順
  • 似顔絵を書いてくれる絵師を探す
  • 絵師と打ち合わせをする
  • 当日、似顔絵を書いてもらう
  • 完成した絵を見てプロポーズ

パターン2.事前に似顔絵を書いてもらう

似顔絵

1つめとは少しやり方が異なりますが、このパターンもサプライズとしてはおすすめできます。内容としては、まずプロポーズをする場所を決めます。次にサプライズの前日までにその場所でプロポーズをしているシーンの似顔絵を内緒で描いてもらいます。そして当日、描いてもらったシーンの場所に来たらその似顔絵をプレゼントして、相手が似顔絵を見たところで描いてあるポーズにあわせてプロポーズをする、というものです。

こちらの方法だと、『似顔絵師が描いた物を直接見せてプロポーズ』という形にはなりませんが、予告プロポーズの演出としてはとても良いサプライズになります。また、先ほどのと比べ場所を選ばずにどこでも出来るのが最もおすすめできるポイントです。海外の似顔絵師がどこで普段やっているのかわかりませんが、日本では街中であまり見かけないので、国内でプロポーズをするならこちらの方法がおすすめかもしれません。

サプライズの手順
  • プロポーズの場所を決める
  • 絵師に希望のシーンの似顔絵を描いてもらう
  • 当日、似顔絵をプレゼントする
  • 相手が似顔絵を見たらプロポーズ

プロポーズ後は思い出の品になる

プロポーズが終わったら、部屋に飾っておいてもいいですし結婚式の受付に飾ったりと用途は様々。何よりこの絵を見るだけで当時を思い出すことが出来るので、二人の大切な思い出の品になることは間違いありません。そういった品は作ろうと思っても中々できるものではないので、プロポーズの機会にこのサプライズで作ってみると良いと思います。

関連記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /