その他

カップル必見!旅行デートの前に知っておきたいポイント22選

旅行デート

近場でのデートばかりを繰り返していると、二人の付き合いが長くなればなるほど、デートコースがマンネリ化してきてしまうもの。そういう時は気分転換を兼ねて恋人と旅行デートに出かけてみましょう。いつもとは違う雰囲気を感じれば、お互いの距離が縮まる良い機会になります。

というわけで今回は、そんな旅行デートを成功に導くための、恋人と旅行デートへ行く前に知っておきたいポイントをまとめて紹介していきます。普段のデートでは数時間しか一緒にいることはありませんが、旅行デートならば一日中ずっと一緒にいることができるので、恋人のことを今まで以上に深く知ることができるきっかけになるかもしれません。親しき仲にも礼儀ありといいますので、是非とも紹介するポイントを参考にして、楽しい旅行デートにして下さい。

まず知っておきたい!旅行デートのおすすめポイント

思い出になる

思い出になる

平凡なデートが悪いとは言いませんが、毎回同じようなデートばかりでは、思い出に残るイベントはそう多くは起こりません。加えて、恋人と同棲しているとなると、同じ空間で一緒にいることが当たり前になってしまい、お互いに対する興味が少しずつ薄れてきてしまうものです。

そんな日々のデートに飽きてきたと感じ始めた時こそ、非日常感を味わうことのできる旅行デートがおすすめ。普段では経験することのできない体験を共有すると、素敵な思い出を作ることができるので、特に二人にとって特別な記念日や恋人の誕生日をお祝いしたい時などに有効です。

しかも、一度目の旅行デートが良い思い出になれば、次の旅行デートにも繋げやすくなり、二人の共通の趣味になることもあるので、とにかく初めが肝心となります。

相手を深く知れる

相手を深く知れる

泊まりがけの旅行デートでは、恋人と一日以上の時間を一緒に過ごすことになり、2泊3日、3泊4日と同じ時間を共有することで、相手のことをより深く知ることができるようになります。

大好きな人とずっと一緒にいられるという幸福感は、何物にも代えがたいもの。と同時に、これまでには知ることのできなかった一面、例えば一般的なマナーや行動などのスマートさを見直す機会にもなるので、普段とは違った目線から相手を知り得ることができるようになります。

これが惚れ直すきっかけとなり、二人の仲がより深まることに繋がるかもしれませんので、恋人や旅行先で出会う人々にはできるだけ敬意を払うように努めましょう。ですが、旅行デートでは良い面ばかりを見てもらえるとは限りません。悪い面ばかりが目についてしまうと、お別れをするきっかけになってしまう可能性もあるので、思いやりの心は忘れずにお互いを尊重し合うことが必要です。

自分達に合ったスタイルで楽しめる

自分達に合ったスタイルで楽しめる

いつもであれば、ある程度限られたデートコースの中からどこに行くかを決めるスタイルだったとしても、旅行デートともなれば話は別です。旅行デートなら二人の意見が一致さえすれば、国内旅行はもちろんのこと、海外旅行へだって行くことができるのです。

もし、共通の趣味があるのであれば、沖縄にスキューバダイビングへ行くことだって可能ですし、冬の東北へスキーを滑りに行くことだってできます。もちろん、しっぽりと温泉旅行へ行ってゆっくりするのも選択肢のひとつです。こうして自分達に合ったスタイルを選べるというのも、旅行デートの醍醐味なので、恋人と良く話し合ったうえで旅行先や目的などを決めるようにしましょう。

旅行の種類
  • 温泉旅行
  • 海外旅行
  • 日帰り旅行
  • スポーツ観戦旅行
  • スキーをやりに行く
  • 避暑地に行く
  • テーマパークに行く
  • 景勝地を見に行く
  • 世界遺産を巡る

旅行デートで気をつけることまとめ

二人でプランを立てる

旅行デートで気をつけることまとめ

旅行デートへ行くことが決定して次に決めるべきは、やはり行き先や旅の目的です。しかし、いくら旅行の計画が好きだからといって、一人であれもこれもと決めていってはいけません。

あれもこれもと一人で決めて、「本当は違う場所が良かった」と後から言われてしまっては元も子もありませんし、逆に旅行デートのプランに対して消極的になったせいで、「本当は旅行に行きたくないの?」と相手に思われてしまうこともあります。そうなっては本末転倒なので、サプライズなどで恋人を驚かせるための特別なプラン以外は、必ず二人で旅行プランを計画するようにして下さい。

なお、プランニングが本当に苦手な場合は、そのことをしっかりと恋人に打ち明けましょう。そうすれば、漠然とした意見(あれが好き、これは嫌いなど)でも相手はしっかり理解してくれるので、お互いに相談のしやすい雰囲気で、プランニングはスムーズに進むはずです。

プランニングで気をつけること
  • どこに行くのか
  • いつ行くのか
  • 何泊するのか
  • 予算はいくらなのか

お互いのプランを取り入れる

お互いのプランを取り入れる

せっかくの旅行デートなのですから、二人で楽しめるプランを立てたいもの。ですが、無事に行き先が決まっても、目的で意見が分かれてしまうということはよくあります。そうした場合には、どちらかの意見を押し通すようなことはせず、お互いのプランを平等に取り入れるようにしましょう。

もし、「全部あなたに任せる」というようなことを言われたとしても、さり気なく相手の意見を聞き出すのが、旅行デート成功の秘訣です。旅行デートは一人だけが楽しくても何の意味もありません。お互いが心から楽しめてこそなので、1日目は自分の希望するプラン、2日目は相手の意見を取り入れるというようなプラン作りをすると、旅行デートの成功に繋がります。

プランに文句をつけない

プランに文句をつけない

どちらかが前に行ったことのある場所であれば話は別ですが、プラン立ては基本的にガイドブックやインターネットの口コミサイトを参考にして行われるはずです。そうしたガイドブックや口コミで評判の場所だったのにも関わらず、思いのほかつまらなかったということはよく起こり得ます。

もし、そんなシーンに出くわしてしまったら、それが相手の提案したプランでも、例え自分が考えたプランであったとしても、絶対に文句を言うべきではありません。喉元まで出かかってしまう気持ちは分かりますが、そこはぐっと言葉を飲み込みましょう。

ネガティブな発言は、せっかくのムードを台無しにしてしまうので、「次に行く場所はきっと楽しいに違いない」と何事もポジティブに考えていた方が、旅行デートは上手くいくものです。

親との信頼関係を大切にする

親との信頼関係を大切にする

恋人の両親との信頼関係は、旅行デートの重要なポイントのひとつです。恋人とはいえ、嫁入り前の女性を泊まり掛けの旅行へ連れていくのですから、両親は間違いなく心配をしているはず。特に、まだ年齢的にも若いカップルの場合は、旅行デートを反対されてしまう可能性があります。そのため、必要であれば事前に両親への挨拶をすませておくのがマナーでしょう。

また、旅行の行き先や期間、いつでも連絡を取り合うことのできる携帯電話の番号を伝えておくと、両親は安心して送り出すことができます。旅行先でお土産を買い、帰りは女性を自宅まで送り届けると同時に、両親への挨拶もしっかりとしておけば、次の旅行デートの時には快く送り出してくれるかもしれません。

アクセス方法をしっかり調べておく

アクセス方法をしっかり調べておく

旅行デートの行き先を決め、ある程度のプランも整ったら、次に調べておく必要があるのは、各所へ向かうためのアクセス方法です。飛行機、新幹線、電車、バスなど移動方法は数多くありますが、現地に到着した後のアクセス方法も、しっかりと把握しておく必要があります。

使い慣れた地元のアクセス環境とは違い、向かう先が地方なのであれば、電車やバスが1時間に1本程度しかやってこないということは、当たり前に起こり得ることです。レンタカーを借りるにしても、地図で経路の確認をしておくに越したことはありません。

旅行先でのアクセスが上手く運ばなければ、せっかく二人で考えたプランも台無しになってしまうので、そのようなことが起こらないよう、あらかじめ時刻表などを確認しておくようにしましょう。

観光スポットはしっかり巡る

観光スポットはしっかり巡る

休日はゆっくりして過ごしたいという気持ちは分かりますが、それでは旅行デートへ来た意味が全くありません。ホテルや旅館などにチェックインをして荷物を預けても、部屋でだらだらとしているのではなく、積極的に外へ出かけるようにしましょう。

その土地でしか見ることの出来ない、味わうことが出来ないものなどがたくさんあるはずです。取り分け有名な観光スポットなどがある場合には、進んで足を運ぶことをおすすめします。定番の観光地であったとしても、初めて足を運ぶ場所なのですから、思いがけない発見があるかもしれません。土産物屋にはその土地限定のグッズなども売っているはずなので、思い出作りに購入してみるのもひとつの手段です。

ケチケチしない

ケチケチしない

旅行には出費がつきものだということを、あらかじめ念頭に置いておくようにしましょう。交通費、宿泊費の他にも食事代やお土産代など、旅行にはとにかくお金がかかってしまいます。それを嫌がって何から何までケチケチしてしまうと、ホテルや旅館に満足できなかったり、せっかくの美味しい郷土料理を食べ損ねてしまうことはおろか、恋人に幻滅されてしまいかねません。

もちろん、節約はいいことなのですが、せっかくの旅行なのですから、こういうときばかりは我慢をせず、出費を惜しまないように心がけましょう。現金を持ち歩く場合は、必要経費よりも少し多めの金額を用意しておくと、安心して旅行を楽しむことができます。その場合は盗難の心配もあるので、いくつかの財布に分けて持ち歩くことをおすすめします。

仕事道具や遊び道具は極力持ってこない

仕事道具や遊び道具は極力持ってこない

旅行先で仕事をするのはマナー違反とまでは言いませんが、極力避けるべきことです。自分が旅行先にまで持ち込んだ仕事を片付けている間、恋人はひとりきりで退屈な時間を過ごしています。

もし、相手が旅行先に仕事を持ち込んだら、必ずしもいい気分はしないでしょう。二人きりの時間を楽しむためにやってきたはずの旅行が、一瞬のうちに台無しになってしまいかねません。相手が自分のことは気にしないでと言ってくれたとしても、その事実は思い出の中に深く刻み込まれてしまいます。同時に遊び道具の類も持ち込まないことをおすすめします。

二人きりで旅行へ来たからには、是非とも会話を楽しみたいものです。遊び道具があると、そちらにばかり熱中してしまい、いつの間にか夜も更けていたということが起こり得ます。ですので、旅行の妨げになるようなものは、この二つだけにかかわらず、極力落ち込まないようにしましょう。

たくさんの写真を撮る

たくさんの写真を撮る

旅行に行ったら、とにかく写真はたくさん撮りましょう。景色を撮影するのも良いですが、ツーショット写真やお互いの写真を頻繁に撮り合うことを強くおすすめします。なにより、旅行の思い出が目に見える形として残されるので、旅行から帰ってからも、写真を眺めながら思い出を語らうことができるというメリットがあります。

ですが、観光地によってはカメラの三脚やスマートフォンの自撮り棒などが禁止されている場所もあります。そうした時には、恥ずかしがらずに周囲の人に声をかけ、写真を撮ってほしいとお願いをしてみましょう。大抵の場合は、快く応じてもらえるはずです。

写真を撮ってもらった際には、しっかりと感謝の気持ちを伝え、「こちらも写真を撮りましょうか」などの気遣いも忘れないようにしましょう。また、自分たちが頼まれた場合も、嫌な顔をせずに引き受けてあげる心遣いを忘れてはいけません。

スマホや携帯ばかり弄らない

スマホや携帯ばかり弄らない

普段の癖でついつい頻繁にスマホや携帯のディスプレイを確かめてしまうということは、旅行先でも多分に起こるものです。そして、それついでに着信は入っていないか、メールが届いていないかと気になってしまい、果てにはゲームの続きを始めてしまうなどという失敗談は良く耳にします。

緊急の連絡などが入る場合もあるので、スマホや携帯電話は持ち歩かないようにとは言いませんが、できるだけ距離を置くようにしたいものです。スマホや携帯を見てしまう一番の原因は時間の確認をするためなので、これは腕時計をつけることで少しは回避することができます。どうしてもチェックをしたい場合は、トイレ休憩など相手のいないときにこっそりと見るのがスマートな方法です。

せっかちにならない

せっかちにならない

前々からプランを立てておくと、どうしても当日はその通りに動かなければならないという固定観念に囚われてしまいます。ですが、そうは上手く運ばないのが現実です。ランチの時間帯はお店が混雑していたり、予想以上にショッピングに時間を取られてしまうこともあるでしょう。

しかしながら、これは恋人との旅行デートです。社員旅行や修学旅行ではないのですから、旅のしおりのように時間通りに行動する必要はまったくありません。少しばかり時間が押してしまっても、臨機応変に対応するようにしましょう。

行けない場所が出てきてしまった場合には、翌日早起きをして出掛けるというのも一つの手段です。ただし、レストランなどに事前予約をしている場合には、時間厳守が鉄則。もし遅れてしまうようであれば、必ずその旨を電話で知らせるようにして下さい。

せっかちな人が注意すべきこと
  • ショッピングに時間を費やしてあげる
  • 気になるものがあったら寄ってあげる
  • 写真を撮らせてあげる
  • 予定通りに事が進むと思わない

相手のプランを尊重する

相手のプランを尊重する

言い方は妙かもしれませんが、旅行は生き物のようなものです。人間や動物を相手にするのと同じように、ある時突然、思いもよらなかったことが起こる場合があります。

旅行先で何らかの特別なイベントが行われていたり、大好きな画家の展覧会が開かれていたり、今はそこでしか体感することのできない行事などが開催されている可能性が大いにあり得ます。ご当地開催のイベントは地元限定のため、もう二度と出会うことができないかもしれません。

そうしたイベントに恋人が参加したい、見に行きたいと言い出した場合は、できるかぎり尊重するようにしてあげましょう。事前に考えておいたプラン通りに運ぶことができれば、それはそれで安泰ですが、往々にして上手くいかないのが旅行なのです。そうしたプランにはなかったハプニングを楽しむのも、旅行の醍醐味と言えるでしょう。

相手をしっかり気遣う

相手をしっかり気遣う

旅行デートを成功させる一番の秘訣は、お互いにしっかりと気づかい合うことです。自分本位な物の考え方をしているようでは、旅行デートは失敗に終わってしまいます。

特に、男性の場合は相手の女性の体調や体力の具合などを、頻繁にとまでは言いませんが、さり気なく気づかってあげるようにしましょう。女性は男性のためにおしゃれをして、ヒールの高い靴を履いてくることがあります。そうすると、長時間歩き続けることで足を痛めたり、靴擦れを作ってしまうことがあるので、こまめな休憩を取ってあげるなどすると良いでしょう。

可能であれば、旅行前に話し合いをして、スニーカーなど歩きやすい靴を履くように進めてあげて下さい。もしくは、事前に二人で旅行用のお揃いのスニーカーを購入するという方法もおすすめです。とにかく相手の気分が悪そうだと感じた場合は無理をせず、早めにホテルや旅館に戻り、休息を取ると良いでしょう。

気を配るべきポイント
  • 暑くないか/寒くないか
  • 疲れていないか
  • 体調が悪くないか
  • 足が痛くないか(靴擦れなど)
  • 荷物が重くないか

常に楽しい気持ちでいる

常に楽しい気持ちでいる

どのような旅行でも、事前の想像とはまったく違っていたということは必ず起こります。それは本当に些細なことだったり、旅行デートのプランを大きく覆すことだったりと様々です。

季節によっては台風に見舞われたり、大雪に降られてしまうというハプニングが起こる可能性もあります。行こうとしていたお店が臨時休業日だったり、電車やバスに乗り遅れてしまったりしているうちに、自然と疲れや鬱憤が溜まってきてしまうことは、至って普通のことです。

ですが、その時に感じた不満が顔に出てしまうと、その気持ちが相手にも伝染してしまい、せっかくの旅行デートのムードも台無しになってしまいます。実際には難しいことなのかもしれませんが、旅行デートの最中はどのような事態に見舞われようとも、常に楽しい気持ちでいるように心がけたいです。もし悪いことが起こったとしても、それは誰の責任でもありません。ネガティブな発言はせず、何事もポジティブに捉えるようにしましょう。

楽しい気持ちでいる為の対応策
  • 疲れたら休憩を取るようにする
  • 熱かったらクーラーの効くお店に入る
  • 「楽しかった」と嘘でも言う

たらればは言わない

たらればは言わない

旅行に限らず、物事には常に後悔がつきもの。あの時こうしていたら、こうしていればという後悔は、少なからず出てくるのは普通のことです。

旅行のプランを立てたときにあちらのホテルを選んでいれば、あの時電車に乗り遅れていなければ、あのレストランを選んでいたら、などという些細な後悔が積み重なっていくと、機嫌は悪いくなっていく一方です。そうならないためにも、たらればはできるかぎり口に出さないようにしましょう。

その原因が自分にあろうと、相手にあろうと、過ぎ去った時間は振り返るべきではありません。もし雰囲気が悪くなってしまったとしても、どうしたらこれからの時間を二人で楽しむことができるのかを考え、気持ちを改めて前へ進むことが肝心です。

部屋を散らかさない

部屋を散らかさない

ほんの数日間だけのこととはいえ、旅行は短期間の同棲のようなものです。付き合いたてのカップルであれば、初めての旅行デートで、恋人の生活感や価値観を計ろうとする場合もあるでしょう。

後でルームサービスが入り、部屋を片付けてくれるだろうと考えて部屋を散らかしたままでいると、男性だろうと女性だろうと、相手を幻滅させる材料にしかなりません。普段から掃除もできず、部屋を散らかす人なのだという判断を下されてしまえば、百年の恋も冷めてしまう可能性があります。

服は脱ぎ散らかさず、必ずクローゼットにかけておくようにしましょう。ごみはゴミ箱に捨て、荷物は一所にまとめておくようにするだけでも、相手に与える印象が違ってくるはずです。

お酒は飲みすぎない

お酒は飲みすぎない

ホテルや旅館での美味しい料理にはお酒が付き物です。そうした恋人との時間も、旅行を楽しむための醍醐味だと言えるでしょう。しかしながら、飲みすぎは禁物です。

ホテルや旅館までの移動時間や、観光地を巡り歩いたときの疲れが出るのは、やはりホテルや旅館に帰ってきてから。その時は特に感じていなくても、疲労感は後からどっと押し寄せてくるものです。そのようなときに大量のお酒を摂取してしまえば、酔いが回りやすく、悪酔いをしてしまう可能性が多分にあります。

それだけに留まらず、翌日には二日酔いという最悪の事態を招いてしまいかねません。それが後の喧嘩の原因となり、そのまま別れを切り出されるという流れはもはやお約束です。お酒はほどほどに、節制することを心がけましょう。

おごりを当たり前だと思わない

おごりを当たり前だと思わない

最近では少なくなりつつありますが、特に女性は、男性がすべての費用を持つのが当たり前だという考え方を、今すぐに捨ててください。繁盛期であれば、交通費と宿泊費だけでも、それなりの費用がかかります。それに食事代やお土産代などを足せば、かなりの高額になることは間違いありません。

二人の間にある程度の年齢差があり、経済力が大きく違うのであれば話は別ですが、そうでない場合には、自分の旅費は自分の財布から支払うようにしましょう。もしくは、相手が宿泊費を出してくれたのであれば、自分は交通費を負担するなど、役割分担をするとスマートです。

資金面を一方に任せきりの旅行は、なかなか心から楽しむことができません。本来であれば、例え年齢の差があったとしても、平等に支払いをするのが長く対等でいるための秘訣なのです。

旅行が終わったらお礼をする

旅行が終わったらお礼をする

旅行が終わり、遅くとも帰宅した日の夜までには、相手にお礼の連絡を入れるようにしましょう。旅行から帰ったまま何の連絡もせずにいると、相手は「この前の旅行はつまらなかったのかな」と心配になってしまいます。

なので、直接電話で連絡するのがベストですが、それが照れくさい場合には、メールやLINEでも構いません。ありがとうの一言や、また一緒に旅行へ行こうね、だけでも感謝の気持ちは伝わります。もちろん、特に楽しかった出来事や、惚れ直した点などを書いて送っても喜ばれるでしょう。

現像した写真を渡す時に、感謝の手紙を添えてもいいです。このお礼を疎かにしてしまうと、次の旅行デートには繋がらない可能性も出てきますので、必ず忘れないようにして下さい。

送ると喜ばれるメッセージ例
  • (名前)と一緒だったから凄い楽しかったよ。ありがとう
  • (名前)が考えてくれたプラン最高だった、ありがとう

最後に

旅行デートはカップルで過ごす時間が長い分、気をつけるべきポイントが山のようにあります。しかし、これをしっかりと注意して無事デートが成功すれば、二人の仲がより深まるので、こちらの注意すべきポイントを熟読して旅行デートに挑んで下さい。

関連する記事
関連するキーワード
この後によく読まれている記事

\ この記事を友達にシェアしよう! /

サプライズSurprise
プレゼントPresent
デートDate
メッセージMessage